« 聞き込め うたかたのBOYS&GIRLS | トップページ | なら100年会館公演レポート! »

Let's go on the “RAZZLE DAZZLE”!              さいたま市文化センターレポ!

ついにお祭り騒ぎのスタートです!

アルバム発売から間を開けずしてツアースタートです。
今作はライブで盛り上がりそうな曲が多いから楽しみですよね。
早速trick_bluck様よりレポートが届いております。


††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††


皆様、お寿ぶりです。
初日、さいたま行ってきましたので、レポさせていただきます。

セットリストは、間違っているかもしれませんが、
最後につけておきますので、デラシネさん処理をお願いします。

一言で言うなら、『楽しい』BUCK-TICK SHOWだったでしょうか?

では、レポート開始。
駅から会場までの道程で、『光るバス』を目撃、テンションあがりました。
(終演後も走っていたので、会場の周りを走行し続けていたみたいです。)


会場内は、私の周囲(1Fまん中)に空きはなく、多分満員だったのでは?
10代や20代前半の人達も多く、以前の様な黒尽くめでもなく、
幅広い人に広まってるんじゃないかな~と、ちょっと独り満足して、開演を待つ私。


ステージには、白い半透明な?緞帳が下がっており、
セットははっきりとは分からない状態。
『RAZZLE DAZZLE FRAGILE』で開演。
緞帳にジャケットの絵がモノクロで、少しずつ描かれ、メンバーが恒例の立ち位置に。
完成し色が付いたところで、緞帳が横へスライドし、『RAZZLE DAZZLE』へ。
セットは、シンプルなんだけどゴージャスな感じです。


服装も、派手過ぎない感じで、ちょうどいい感じだったと思います。
初日の割りには、LIVEの展開のテンポも良く、
メンバーの調子も機嫌も良さそうでした。


最初MCは、「色んな曲やるんで」「ノリ(テンポだったかな?)の良いの行きます」
云々で、『Goblin』へ。アルバムのツアーなんですが、
THE DAY IN QUESTIONと言われても良いくらいの選曲じゃないかと思いましたが、
みなさんは如何ですか?


『十三階は月光』の曲は、他にも今回のLIVEに嵌りそうです。
BUCK-TICKの根本は、色んなこと新しいことをやっても、
メロディラインの良さ、美しさは絶対に失われないからかなとも思いました。
中盤の今井さん作詞の曲が3曲続くところは、
今井さんの凄さを再認識することになりました。
まさに、魔術師 今井寿です。


『羽虫のように』の言葉のチョイスは、櫻井さんとは若干違うけど、
伝えたいことは、なんとなく同じだろうし、
『BOLERO』の、「夢は蕾 いつかひらく きれいな花」なんてぐっと来ませんか?
「風がふいている」と聴いたときに、BUCK-TICKには、BUCK-TICKからは、
良い風が本当に吹いているなと思います。ずーっとなんでしょうが、私的には、
『極東I LOVE YOU』の『疾風のブレードランナー』で、
「ともに蒼い春を駆け抜けよう」と、
そんな力強い歌詞を聴いてからかなと思うのですが、、また聴けたら良いななんて、
ちょっと違うことを考えちゃいました。


そして、ノリの良い曲、BUCK-TICKならではの世界観を纏った曲が、
次々に展開されていきますが、
「二十数年前の曲を、今井がアレンジし直して云々」というMCの後で始まった、
『VICTIMS OF LOVE』は、凄いですよ。


これを聴くためにLIVEへ行く価値ありです。本当に新曲です!
大人のエロスというか、櫻井さんの世界が溢れ出すと言いましょうか、、
BLOGの様に、本来の姿がこれかもしれないぐらいの出来です。
そして、『独壇場Beauty』で本編終了。


『夢幻』は、LIVE映えする曲で、とても良い感じでしたよ。
星野さんのセンスも良いですね。(当たり前ですが)
リズム隊の二人は、しっかりとバンドを支えていました。
アンコールも2回で、たっぷりと堪能しました。


『くちづけ』と『月下麗人』は、最高!
ドラキュラ伯爵というか吸血鬼と言うか、これぞ櫻井敦司、魔王降臨です。
(個人的には、『羽虫のように』と『月下麗人』がALBUMのNo,1、2なのです。)
そして、LASTは、『Solaris』良い感じです。ぐっときました。
「小さな 小さな君はやがて空になり 大きな 大きな愛で僕を包むよ」
では、親が私達に託す気持ちを想像してしまうと同時に、
群馬の藤岡で生まれた5つの命(小さくないですが)が、
私達を包んでくれていると思いました。
5人に、スタッフの皆様に、本当にありがとうございますと感謝して、
私はLIVE会場を後にしました。最高に幸せな気持ちでした。


BUCK-TICKはLIVEバンドで、ONLY ONEな存在だということを再認識。
愛と生と死を躍動感たっぷりに伝えてくる今回のLIVEも、
最高のものになりそうです。


回数を重ねるごとに、曲順や選曲を変えながら、
武道館では、最高の『RAZZLE DAZZLE』を楽しめることでしょう!
少しでも、大勢の人が、『RAZZLE DAZZLE』に、
BUCK-TICKに触れてくれると良いですね。
できたら、一度も聴いたことのない人の耳に瞳に届くと良いですよね。
このサイトを知っている私達は、一生をかけてBUCK-TICKについて行きますよね?
皆様も、今回のツアーを満喫してください!!


OP SE RAZZLE DAZZLE FRAGILE
1.RAZZLE DAZZLE
2.PIXY
3.MY FUNNY VALENTINE
4.Goblin
5.羽虫のように
6.BOLERO
7.Django!!! -眩惑のジャンゴ-
8.狂気のデッドヒート
9.錯乱Baby
10.SANE
12.唄
13.VICTIMS OF LOVE
14.TANGO Swanka
15.夢幻
16.独壇場Beauty

EN1
1.妖月
2.くちづけ
3.ICONOCLASM

EN2
1.スピード
2.月下麗人
3.Solaris


††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††


VICTIMS OF LOVE!!
リアレンジした曲が何なのか気になっていたんですが、
コレは予想してなかったです。超楽しみ!
当然他の会場でもやってくれるよね!?


既存のファンはもちろん、新規の方が増えているのは凄いですよね。
25年のキャリアがあり、安定した位置を保ちながら、
決してソレに甘えず、停滞せず、常に進化し続けるBTだからこそだと思います。


trick_bluck様どうもありがとうございました!
ちなみに自分は、武道館に参戦予定です。


・・・チケット取れればですが・・・


(BUCK-TICKの素晴らしさを知ってもらう為ランキングに参加しております。面白かった!と思った日はクリックして、今日はtrick_bluck様に感謝しましょう)

« 聞き込め うたかたのBOYS&GIRLS | トップページ | なら100年会館公演レポート! »

LIVE」カテゴリの記事

コメント

trick_bluck様 最速レポありがとうございます。
まさか初日すぐにレポが見れるなんてlovely
もちろん一生ついていきますhappy02 しがみついて離れませんよ~(笑)

ますますLiveが楽しみになってきました。くふふふふ(*≧m≦*)
奈良参戦の皆さま、よろしくおねがいします。

trick_bluck様 ありがとうございました~o(*^▽^*)otrick

投稿: sayazou | 2010/10/16 21:00

trick_bluck様w、お寿ぶりです&有難うございますwsign01

思い入れheart01が感じられながらも、
客観的な部分もありconfident素晴らしいレポですねgood
リアレンジされたVICTIMSが超楽しみですwheart04
どんだけ色っぽいんだろうな。。。

ずっと残業&休日出勤でアルバム聴き込めてないのが
心配ですが、明日の奈良は踊りまくってきますsign01

あ、武道館当選のメールが届いてましたhappy02
よかった~cat

投稿: わにお | 2010/10/16 23:37

お寿ぶりです。ついに始まりましたね!!
私は来月の予定heart02なので、
それまでライブレポを拝見するのは我慢しようかなと
ちょっとは思ったんですが、ダメですね・・・〈ついポチッっとデラ少・・・〉
あ、曲アンケートもポチッっちゃいました。「羽虫のように」がたまらなくてlovely
trik_bluck様、早速のレポを楽しませていただきました。
ありがとうございます。
リアレンジ曲の変貌が楽しみ。note
20年前に聴いていたことを思うとあの時、20年後も
BT・LIVEに行く事なんて考えもしなかったけどな、
今はモチロン一生ついて行きますよ。
わにお様を含む、明日の奈良に行かれる方もラズッてダズッて下さいね~happy02

投稿: らみーちょこ | 2010/10/17 00:48

私も初日行ってきました~~~happy01
sign03会場までに罠にはまり、たどり着いたのが19:20wobbly
(ちょうどライブスタートかな?)
というcoldsweats01なんともグダグダな初日を迎えてしまいました

次の神奈川でリベンジですwink

投稿: クウちゃん | 2010/10/17 17:05

お久しぶりです!!
trick_bluck様、レポありがとうございました~♪
私も行ってきたのですが、テンション上がりすぎて記憶が曖昧で;
レポ読んで、そうだったそうだった!と納得させられることしきりでした★ありがとうございます。

今後も皆様、レポしていただけると大変嬉しいです♪

ちなみにさいたまの衣装(ネタバレです)

あっちゃん……黒いロングコート、白ブラウス(胸元、袖口にたっぷりのフリル)、黒いベスト(背中に赤い薔薇の刺繡)、黒パンツ、黒い巻きスカート(安定しないらしく、途中一生懸命上げてました^^最後には取っちゃった。今後どうなる??)

今井さん……深緑のロングジャケット(襟元はヒョウ柄)、紫のシャツ、白いラメのパンツ。そしてあの髪型。先端すぎる!!

ヒデ……革のパンツ。黒~茶のロングジャケット(右左の長さが違うアシンメトリーなデザイン。襟元はベロアっぽいけど、裾はフリンジ。一番謎な衣装でした;どなたか詳細よろしくお願いします!)

ユータ……黒ジャケット、黒パンツ、首に黒っぽいのストール

アニイ……ベージュのロングジャケット(襟元とサイドに黒いライン)、ベージュのパンツ、黒いベルトに黒ブーツ。軍服っぽくてカッコイイ。

でした☆これからますます素晴らしく変化していくであろうツアー、ぜひ皆様と楽しみたいです!

投稿: anne | 2010/10/17 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/49754663

この記事へのトラックバック一覧です: Let's go on the “RAZZLE DAZZLE”!              さいたま市文化センターレポ!:

« 聞き込め うたかたのBOYS&GIRLS | トップページ | なら100年会館公演レポート! »