« 浜松マジぱねぇ | トップページ | 武道館への道:REVISE »

音楽と人まとめ

trick_bluck様に随分前に頂いていたのですが、


掲載するのが遅くなってしまって・・・(ズッと鼻をすすり)
本当にすまない・・・!(吹き替え版ジャックバウアーの声で)


------------------------------

○櫻井さんインタビュー
‐アルバムの手応え
自由な楽曲と、自由なアルバム。
こういう風な世界にしようというテーマはなく、
一曲一曲のキャラクターをいかにはっきり出していくかという感じ


率先して歌詞を書いて、言葉が溢れてくるような感じだったけど、
途中の何曲かが終わった時点で、
自分で放った言葉が、投げた矢がこっちに向かってくる様な、
感覚になってきて、整理が大変だったけど、
いろんな単語単語があったような気がしたそうです。


‐『HEAVEN』『真っ赤な夜』『GALAXY』
『真っ赤な夜』は、最初の何曲かで、勢いのままやった感じ。
『HEAVEN』『GALAXY』は、中盤。シングルを意識。
特に『GALAXY』。プライドまでは捨てないけれど、
わりと毒気を抜いて、いろんな人が聴ける様に、気を遣ったそうです。


‐ポジティブな希望を歌った曲ですよねという問いかけに対して、
自分が納得できる言葉は選んだうえで、
突き放して格好ばかりつけるんじゃなくて、諦めた部分と、
でもそこで死ぬまで生きるんだっていう部分を唄おうと思ったそうです
諦めた部分というのは、平和や小さな幸せを願いつつも、
人がいる限り暴力みたいなものは終わらない、といういう諦めはあるけれど、
でも、その中でも、まだ何か強いもの、
強くて守るべきものがあるんじゃないかと。


頼りがいはないけれど、それで勇気付けるための歌。。。
(櫻井さんの人間性がにじみ出ていて、良いですよね。
それが嫌味に全く聞こえないのが、、良いなぁ。)


‐『GALAXY』の<悲しい予感などないさ/僕は嘘をついた>
というくだりに対して、嘘も方便じゃないけど、
大丈夫、大丈夫みたいな。


‐そう思えるようになり、歌詞にするようになったのは
櫻井さんにとって大きな変化
愛すべき家族の存在が、黙ってても出てっちゃう
(良いことです。櫻井さん幸せなんですね。)


それだけでは、聴いてもらう人に失礼なので、
いろんな状況の人に当てはまるように、
言葉は組み立てているけど、難しい言葉を使ったつもりも無く、
柱はそういうことが大きくあるそうです


‐ハッピーエンドが苦手で、正面から希望を唄うのが
好きじゃない根本は変ってなくて、不安神経症みたいな部分は
変っていないけど、これじゃいけないな、いつかは、
いつかはこうと思っているそうです。


‐今回のレコーディング前は特に、なぜ自分はこんなにも、
光や希望というものに、距離感をもってしまうかを考えさせられたそうです。
こればっかりは治んなくて、よくわかんなくてグジャグジャ考えたそうです。
‐今回は、こういう詞(『HEAVEN』や『GALAXY』)を、これでいいんだ、
これでいいんだと言い聞かせて、全体的に着地点で否定しないように、、、、


‐20年で昨年盛り上げてもらって、一回リセットという感じも持ったので、
照れもリセットして、ちゃんと言い切っても良いのかなと思ったそうです。


リセットできた分、カラッポになった焦りがあり、
メンバーが充実してて、まだまだエネルギッシュなのを見て、
「大丈夫かお前?」みたいな感じになったようです


‐今回これだけはっきりと希望を唄っていても、
絶対無理してるよ、ありえないとは思わない、
どこかでも希望を見ている自分も、今はいるわけでという問いかけに

『ええ、かなり、いますね』
(なんだか嬉しくなってくる私がいます)


‐アルバム全体は、ふり幅も大きく、ガラの悪い奴もいて、
シングルから入って、もっと深く潜れる曲もある。
奥底でドヨドヨではなくて、カラッとしてる、、
じゃないけど、若い若い感じだそうです。


今回も櫻井さんの人柄がよくでてるインタビューで、良かったです。
(必読です!!)


------------------------------

「GALAXY」の歌詞のくだりは、興味深いですね。
自分は「悲しい予感などないさ・・・僕は嘘をついた」
というところが一番好きなので、
そこに込められた櫻井さんの気持ちが聞けて嬉しいです。

21年目の、新しいBUCK-TICKの、
新しいアルバム。早く聞きたいですね。


trick_bluck様どうもありがとうございました!


タイトル未定(初回生産限定盤)(DVD付)
BUCK-TICK
BMG JAPAN (2009-02-18)
売り上げランキング: 25


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為ランキングに参加してます。面白かった!と思った日はクリックして、今日はtrick_bluck様に感謝しましょう)

« 浜松マジぱねぇ | トップページ | 武道館への道:REVISE »

BUCK-TICK」カテゴリの記事

コメント

trick_bluck様、いつも有難うございますw。
私は本屋で立読み組でした。
でもじっくりとは読みにくいので、まとめてもらえて嬉しいです。
「悲しい予感などないさ。僕は嘘をついた・・・」の歌詞は
私も一番好きなところです。優しい嘘ですね。
嘘とわかっていても、それで気持ちが落ち着く時もあるんです。

アルバム、今25位かぁ。どこで予約するかを悩みチュウ。
Amazonの安さも魅力だしなー。
「HEAVEN」はウィークリー5位でしたねw。

投稿: わにお | 2008/12/27 23:15

私も さっくり立ち読みしたので
内容も 少し忘れかけていました。
trick_bluck様ありがとうございますshine

最近の あっちゃんの歌詞って
幸せそうだよね☆
なんだか ほんわかしちゃいますnote

いよいよ 明日は 武道館。
皆さん 真っ赤な夜を 楽しみましょうねheart04

投稿: ちーちゃん | 2008/12/28 19:10

trick_bluck様、ありがとうございます。
私も立ち読みだったのでほとんど忘れてしまっていましたぁ、こんなに濃い内容だったんですね。「悲しい予感などないさ。僕は嘘をついた」・・・私は武道館が初聴きなので、ますます聴ける事にワクワクしてきました!武道館の前に読めて良かったぁ、デラシネさん掲載していただいてありがとうございます。

武道館に行く人も、行かない人も、気持ちは武道館で今年のB-T納めです、楽しみましょ〜。

投稿: ありしせ | 2008/12/29 00:00

私も改めて音楽と人を引っ張り出してきて、再度読んだのですが、
『GALAXY』が、色んな人から絶賛される理由が分かりますよね。
曲と詞が完璧に調和というか。
しかも、優しい嘘を、自分にはつかない所が、櫻井さんらしいという。。
でも、たまには良いんですよって、思うんですけどね。

では、武道館組の皆さん、楽しみましょうね!!私は一階南東です。
落ち着いてみるのは、やっぱり無理かな~。

投稿: trick_bluck | 2008/12/29 15:48

おはようございます。
コメントありがとうございます。
一気に寒くなりました。

>わにお様
相変わらず近所の本屋には入荷しないので
ホントに助かります。

痛みや哀しみを知っているからこそ言える、
優しい嘘、というモノもあると思います。


>ちーちゃん様
ホント、最近は良い意味で変わりましたね。
でもそれは脳天気な明るさじゃなくて、
色々なことを受け止めた上での
前向きな姿勢・・・
強い人だと思います。


>ありしせ様
ここまで全員立ち読み!w
武道館、良いなあ・・・
やっぱ自分ルールなんて
どうでも良くなってきたぞ・・・


>trick_bluck様
いつもありがとうございます。
GALAXYはファン以外の人にも
聞いて欲しいですね。
また新たな名曲の誕生、です。


武道館はお留守番組なので、
レポート待ってますよ!

投稿: デラシネ | 2008/12/31 05:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/43547557

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽と人まとめ:

« 浜松マジぱねぇ | トップページ | 武道館への道:REVISE »