« デラシネ緊急記者会見 | トップページ | 特別企画 MJ+翻訳完全版 パート2 »

特別企画 MJ+翻訳完全版 パート1

以前オフィシャルページからリンクが張られていた、


「MUSIC JAPAN+」という海外向け音楽雑誌に掲載されていた、
今井さんとKiyoshiさんのインタビュー。


序盤だけ翻訳したまま、間が空いてしまいましたが、
デラ少読者のsoleil様が続きを翻訳してくれました!


お盆休み特別企画ということで、まとめて掲載させて頂きます。
(前回こちらで翻訳した分も合わせて再掲しました)


------------------------------

「今井・Kiyoshiと共にhideを思い出す」


MJ+「まず最初に、貴方達二人がどうやって出会ったかを話してくれますか?」


今井「最初に出会ったのはあるバーだったよ。 
15年位前俺が良く通っていたバー。
 『今井です。』『キヨシです。』というかしこまった感じではなかったね。 
確か話し始めたのは、hide with Spread Beaverが出来た時期くらいかな。」


Kiyoshi「俺が好きな店で時々お互い見かけていたけど、面識があるってだけで、
本当に飲みながら話すって機会はなかったね。 おそらく・・・ 
あのバーで偶然会って色々なことを話したのは
hideが亡くなってから3年後くらいかな」 


Kiyoshi「俺は、音楽に対する気持ちが、どんな風に冷めていったかについて
彼に話した。けど高崎でのBuck-Tickのライブを観にいったら、
びっくりする公演だった。 
あのライブの後から、俺達はどんどん連絡を取るようになったんだ」


Kiyoshi「あの頃は、連絡手段はFAXばっかりだったね(笑) 
二人とも携帯電話を持ってなかったんだ(笑) 
そのFAXには冗談みたいな面白い絵がたくさん描いてあった」 


Kiyoshi「お互いの家やスタッフの家をたまり場にしていたんだけど、
今井の家の照明は本当に暗くて誰も住んでない家みたいだった(笑) 
今でもバカな写真を送りあっているよ(笑)」


MJ+「Lucyはその延長?」


今井「その延長(笑)」


Kiyoshi「俺らはあの頃しょっちゅう一緒に飲んだって言っていいよ。 
毎週末とか(笑) 何もしないでただ一緒に溜まってるって感じだったけど(笑)」


今井「(笑) 俺はKiyoshiに『いつか一緒に何か仕事をやろう』って
言ってたんだよ。そしてそれを言葉だけで終わらせるべきじゃない
って思い始めてた」


Kiyoshi「そうそう。で、ある夜、hideが『今井さんを呼ぼう』っ言ったんだ。
確か今井は作曲作業の最中だったと思うんだけど。 彼はこう話始めたんだ。
『今井さんは作曲をしている時が素晴らしい』って。 
今井はドクロが書かれたハワイアンスタイルのシャツを着て現れた(笑)」


Kiyoshi「hideが生きてた頃は、俺達は彼を通して話していた感じだったね。 
あれから俺達はお互いの家で会って溜まり始めたんだ。 
パソコンで仕事をしている時に、二人のギタリストと
デジタルスタイルのようなもので仕事をするのは全く不可能だと判断したんだ」 


Kiyoshi「もっとシンプルな何かをするべきだって思い始めた。 
飲みながら俺達はいつも最後には音楽の話になって、
『二人で話をしているだけだと何も決まらないだろう』という結論に達して(笑)
かっちゃん(岡崎達成)がドラムに加わって実現したんだ」


今井「LUCYを始めたときから”ロケン”をやろうと思ってたわけじゃなくて、
ただ何となく、なにかBUCK-TICKのよりも、もっと激しくて
弾けたものをやってみたいと思ってて、それで”ロケン”て
格好いいんじゃないかな、みたいな」


今井「なんていうか、こう軽快で自由自在っていう。
だったら、ドラムと二本のギターでヤルような感じかな、って。
それまでそういうのやったことなかったし。
それで、じゃあバンドとしてやろうってことに」


Kitoshi「自分もストレートなロックって、やったことなかったしね」


MJ+「その当時はどれくらいの頻度で会ってたの?」


今井「ほぼ一緒に住んでるみたいな感じだったよな(笑)」


Kiyoshi「そうそう、年末年始なんかもほぼ毎日一緒だった(笑)
もちろん他の連中も。大体、どっちかの家かバーにいたような気がする(笑)」


MJ+「今もそんな感じ?二人でよく飲みに行ったりとか」


Kiyoshi「今はそうでもないかな、2週にいっぺんくらいで
普通にご飯食べに行ったりとか」


MJ+「じゃあ次に、hideとの出会いについて。
二人のうち最初に会ったのはKiyoshi?」


Kiyoshi「そう。hideと初めて会ったのは...神楽坂エクスプローション
だったはず。そうそう、自分はJewelにいて、hideは横須賀サーベルタイガーで、
同じコンピレーションアルバムでフィーチャリングしたんだよね」


MJ+「その時の第一印象は?」


Kiyoshi「そうだなぁ、ギラギラしてたっていうか、恐かった(笑)」


MJ+「今井は?」


今井「俺が初めて会ったのは、BUCK-TICKのLIVEの時だったかな。
東京ドームでのLIVEにhideとYoshikiが来て、それで打ち上げまで誘って。
その後、六本木のバーでちょくちょく顔合わせるようになって」


今井「hideとYoshikiはよくつるんでたよ。でも俺が見る時は、たいてい
ヤバそうな雰囲気でケンカしてたかな(笑)
hideがケンカしそうになると、Yoshikiが止めに入るんだけど、
今度はYoshikiがケンカ始めちゃうっていう(笑)
なんでだったのかはよく分からないけど、たぶん他の客のことで、
Yoshikiが急にキレて」


今井「あの頃は、”文句あんなら、誰でも相手してやるよ”って感じ
だったから(笑)」


Kiyoshi「俺も二回ケンカしたことがあって、hideに殴られたことあるよ(笑)
一回目は新宿の居酒屋で、初めは"どんな音楽が好きか?"みたいな話を
してたんだけど、そのうちに”そんなのクソだ!!”ってケンカになって」


Kiyoshi「二回目は”PARANOIA CAFE"っていう店にいて、ちょうどhideが
ソロ活動してた頃で、
『もうしばらくソロ活動を続けるつもりなんだけど、Kiyoshiも参加しないか?』
って言われて、俺もいいよ、って。二人ともシラフの間は大丈夫だったんだ」


Kiyoshi「それが酔いが回ってくるにつれて、
『こうだろ!』『違う!』『だからこうだろ!!』って。
そして『俺はお前とはやらねぇ!』『俺一緒にやるなんて言ってねぇよ!』
ってな感じで(笑)」

Kiyoshi「最初に言ってたことなんて、二人ともすっかり頭になくなってて。
それから3年ぐらいは顔合わせることもなくなったな。
その後hideの2ndアルバムが出た頃に、hideから連絡がきたかな(笑)」


Kiyoshi「そのあとに、Hyougo(Ferunandesのギタリスト)から電話がきて、
『hideからKiyoshiに今度のツアーでギターやってくれる
か聞いてみてくれ、って言われたんだけど』って。
俺は、『やんねーよ』って(笑)


Kiyoshi「そうしたらhideから電話がきて、
『今度はケンカなしでいこうぜ』って(笑) まぁ、当時のスタッフは
(ケンカしないわけがないと)半ば諦めていたみたいだけどね」


Kiyoshi「でも俺は、、その時hideが何をしたいのかが充分わかっていた。
"PSYENCE"にそれが反映されてるようにね。


Kiyoshi「音楽について、二人でとことん話し込んだよ。
当時はお互いの家がすぐそばだったし。歩いて行けるくらいに(笑)
だから、毎晩どっちかの家にいたかな。確か、今井と会ったのはその頃じゃないかな。
そう、毎晩呑んでたな(笑)」

------------------------------


部分的にこちらで意訳したり、表現を変えたところもありますが、
ご了承下さい。soleil様本当にありがとうございました。
掲載が遅くなってしまい申し訳ありません。


結構長いので3回ほどに分けて掲載する予定です。


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しています。面白かった!と思った日はクリックして、今日はsoleil様に感謝しましょう)

« デラシネ緊急記者会見 | トップページ | 特別企画 MJ+翻訳完全版 パート2 »

BUCK-TICK」カテゴリの記事

コメント

嬉しい。
翻訳ありがとうございます。
自分でも読んでなんとなく内容を把握してた
感じだったので、内容も濃い記事だったので
改めて読めて嬉しいです。

「ほぼ一緒に住んでいた状態・・・」って(笑)
ちょっと羨ましい。

でもホントに仲がいい、男の友情って感じですね。

投稿: らみーちょこ | 2008/08/11 02:38

それぞれの音楽に対する気持ちのぶつかり合いの中から熱い関係が出来上がったんですね。
すごくピュアな感じがしました。
こういう純粋な気持ちがエネルギーになってるんでしょうね。

投稿: su4neko | 2008/08/11 22:21

すごい仲がいいんだなぁー!!って
読みながらニヤニヤしちゃいましたsmile
今井さんは、誰ともケンカしてないのかね??
soleil様ありがとうございましたぁ☆

投稿: ちーちゃん | 2008/08/12 20:31

soleil様、有難うございました。
1回目は結構一生懸命訳しながら読んだけど
その後は、めんどくなって流し読み。。。
詳細に読めるなんて嬉しいですw。
それにしても、あづいいいいいいいいいいw。

投稿: わにお | 2008/08/12 22:09

こんばんは、コメントありがとうございます。北島選手おめでとうございます。
メンチカツ食べたいです。


>らみーちょこ様
ホント、国内のインタビューでも
あまり聞けない貴重な話が、
無料で読めるなんてラッキーです。

LUCYは自分の中では
なんか急に結成された、って感じ
だったんですが、こうしてみると
出来るべくして出来たユニットだったんですねー。


>su4neko様
ホント、熱いお話ですよね。
やっぱり腹割って話さないと
良い物は生まれないですよね。


>ちーちゃん様
今井さんも結構わがままっぽいので、
周りと衝突しないのかなあと
心配になるのですが、あの不思議な
オーラに包まれると、なんか
マッタリしてしまって、みんな
気がつくと今井ファンになってる・・・
そんな魅力がありますよね。


>わにお様
貢ぎ物が少なかったのか、
うさこ&シスターズがなかなか続きを
やってくれなかったので半ば諦めて
いたのですが、強力な助っ人の登場で
何とか完結できそうです。

投稿: デラシネ | 2008/08/12 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/42122485

この記事へのトラックバック一覧です: 特別企画 MJ+翻訳完全版 パート1:

« デラシネ緊急記者会見 | トップページ | 特別企画 MJ+翻訳完全版 パート2 »