« かわーいい うっさちゃん♪(ミッフィーのアニメの歌メロで) | トップページ | 第3回アンケート結果発表! »

どうあがいても、絶望

いつも地元のことをサイレントヒルとか書いてて、
何それサッムーとか思ってる人もいるかもしれませんが、
違うんです!僕が勝手に考えた訳じゃないんですよ。


サイレントヒルって映画、知ってますか?
少し前に公開されたんですけど、実はこれ、元はゲームなんです。


「サイレントヒル」っていう同タイトルのホラーゲームがあって、
それに惚れ込んだアメリカの監督が是非映画を作らせてくれ・・・
ということで制作されたのです(日本よりアメリカでの方が人気がある)
映画もなかなかの出来です。


タイトルの由来なんですが、元々リゾート地を舞台にした話で、
リゾートと言えば伊豆・熱海、静岡・・・静かな岡・・・
サイレントヒル、と名付けられたそうです。
作品の企画会議が静岡で行われたから、というのも理由らしい。
つまりある意味オフィシャルな呼び名なんです!(ホントかよ)


ゲームの雰囲気はバイオハザードに似ていますが、内容は全く別物です。
この作品のディレクター、外山圭一郎さんと
シナリオライターの佐藤直子さんは、その後ソニーに移籍。
そして、そこで制作されたのが日本ホラーゲーム史上最高傑作にして
もっとも怖いと言われている「サイレン」です。
(ちなみにこれも映画化されましたが、かなり酷い出来です・・・ゲームとは別物)


このゲームが今までのホラー物と一番違うのは、
舞台が日本の山村だと言うこと。
バイオハザードなんかも怖いんですけど、舞台が外国の所為か、
映画を見ているような感覚で、どこか他人事というか、
やっぱり「お話」だよなあ、と冷めた感覚で見てしまう部分があるんですよね。


しかしサイレンは違う。いつも見慣れた風景、学校、病院・・・
日常風景の中で描かれる非日常。本当に怖いです。

また、バイオと違い、主人公(プレーヤー)は本当に無力。
ただ逃げ回るくらいしかできません。ショットガンやロケットランチャーなんて
ありません。日本だし。武器は鉄パイプとか、その程度・・・
しかも敵(屍人)は、絶対に死なない。まさにキャッチフレーズ通り
「どうあがいても、絶望」


怖いだけじゃなくて、ストーリーも良いんです。日本の民話伝承
巧みに取り込んだ、複雑な物語。


何せ、全てをクリアしても真相は朧気にしかわからない・・・
断片的に語られる事実から、プレーヤー自身が推理する、
といった感じなんです。


「赤い海からサイレンが響き、一つの村が消えた」


何故、山に囲まれた村に「海」が現れるのか。
そして鳴り響くサイレンとは?


物語が進むうちに、サイレンだと思っていた物は、実は
サイレンによく似た「何かの声」ではないか、ということがわかってきます。
そして語られる真実・・・
全ての起源は684(天武十二)年に、村を襲った大飢饉と流星に・・・・


どうです?ちょっとやってみたくなったでしょ?


あと、音楽も良いんですよ。SEと一体化して、架空の「羽生蛇村」に
まるで実在するかのような圧倒的存在感を与えています。


まあ口で説明するより動画見た方が早いかも。
怖いけど最初はコメント無しで頑張ろう!wobbly


棚田

霧に包まれた田園・・・田んぼの水が赤くなっているのは「サイレン」の影響。


病院

見てわかるように、視界はかなり悪く、現実と同じように懐中電灯などがないと
真っ暗です(でも点けると敵に見つかる)


学校

後からついてくる生徒は敵に見つかるだけでアウト。
ここは難しかったなあ・・・


ゲームの中に色々と仕掛けがしてあって、
例えば主人公の生徒手帳を見ると、ウェブのアドレス
書いてあるんです。アクセスすると、なんと本当に掲示板が!

この中で「マウンテンバイクで見に行ってくる」という
高校生の書き込みがありますが、それが主人公・・・
そして、ゲームは彼=SDK(須田恭也)が
村の入り口にたどり着いたところから始まるのです。


どれも怖いですが、個人的に一番やばかったのがここ。

ふと目が覚めると、知らない家の押し入れの中。
隙間から覗くと・・・そこは屍人の家族が暮らす家の中だった!


3人の屍人が歩き回る中、一度も見つからずに
家から脱出しなければならないんですが、
3人の歩くパターンを全て記憶し、
一瞬の隙を突いて二階の屋根からダイブする必要があるんです。
ここだけで30回はやり直したなあ・・・


ホラーの季節にはちょっと早いけど、GWに遠出の予定がない方は、
是非「羽生蛇村」を訪れてみて下さい。
廉価版が出ているので1.2共に1500-2000円くらい?です。
(ストーリーは1が良いですけど、ゲームとしては2の方がやりやすいです)

SIREN PlayStation 2 the Best

SIREN2 PlayStation 2 the Best


今のうちにやっておかないと、夏にはまた、サイレン鳴り響く から・・・


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しています。面白かった!と思った日はクリックしてくれないと、貴方の街にサイレンが鳴り響く・・・)

« かわーいい うっさちゃん♪(ミッフィーのアニメの歌メロで) | トップページ | 第3回アンケート結果発表! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

デラシネさん、こんにちは。
二度目?の書き込みですが、ブログはほぼ毎日拝見しています。

「サイレントヒル」、ゲームやりましたよ~
(といっても、プレイしたのは私ではなく横で見てました。
 もちろん、口だけはしっかり出して(^^; )
「サイレン」は気にはなってたけど結局買わずじまいです。
映画はチラリと見て「こりゃ酷くないか?」と思った記憶が。
ゲーム、最高傑作なら買うべきでしたね。
bestになってるみたいだから、まだ間に合うか?
でも、実は私、一人じゃ出来ないんです。
コントローラーが苦手で。
旦那をうまく口車にのせてみようかしら!?

投稿: ren | 2008/05/01 12:35

サイレントヒルって、デラ語じゃなかったんだぁ(笑)
響きがかっこいいと思ったけどぉgood

ホラー系、苦手なんだよね。。。。crying
動画も怖くって観れないや、、、ビビリですsweat01
怖いの観ちゃうと、お風呂もトイレも怖くなっちゃう。
何で皆平気なんだろう??

投稿: ちーちゃん | 2008/05/01 22:29

前回のタイトルと違いすぎるぅ。。。
ニコ動ってホントにいろんなのがあがってるなあ。
ゲームをやる時間と忍耐力がないけど、
動画で見るだけでも面白いww。
最近は技術が上がってて、画面も動きもよく出来てるよね。
リアルなだけに怖さが増します。
漫画とアニメとゲームとホラーは、日本が世界一だと思える。

あ、らみーちょこ様、コメント有難うございました。
忘れられてなくて嬉しかったっす。

投稿: わにお | 2008/05/02 20:19

サイレントヒルってゲームはやった事があるけど、作品の企画会議が静岡で行われていたなんて、知らなかった~。さすがデラシネさん、知ってますね。

サイレンというゲームは気になってはいたけれど、やった事がないですね。
それにしても怖そう~。とても一人では出来そうもないなー。
バイオは平気で出来るのに、サイレンだけはリアルすぎて、、、
こういうゲームやってると、何十回もやり直す事ってあるんですよね。
クリアするまで、やめられなくなっちゃう。悔しくて・・・・

サイレン、今のうちにやっておかないと。

投稿: さくらこ | 2008/05/03 01:49

こんばんは、コメントありがとうございます。

>ren 様
お寿ぶりです!コメントありがとう。
サイレンの映画は、サイレンファンの僕らでも
「無かったことにして・・・」と思うくらいの酷さです。

サイレントヒルをやったことがあるのなら、
サイレンもハマルと思いますよ。
動きや操作感など「ああ、同じ人たちが作ったな」
っていうのがすぐに判ると思います。

> ちーちゃん 様
デラ語ってなんスかw
僕もホラー、特にスプラッタとかは嫌いですが、
サイレンはちょっと違うんですよ。
物語が良くできているので・・・
ヒロインがちょっと千明様似なのは内緒だよ。

>わにお様
あえて狙って両極端な記事を並べてみましたw
ニコニコは、本当にありとあらゆる動画が
あって、何かを説明したり、お勧めしたりするとき
便利です。

PS2版のCGも凄いけど、今度出る
PS3版はマジやばいよ・・・

>さくらこ様
サイレントヒルは結構プレイした方多いんですね!
自分は逆にサイレンをやってから、
サイレントヒルを知りました。

サイレンは真のエンディングにたどり着く為には、
ノーミスで全てのチェックポイントを
クリアしないといけないところがあって、
何十回やり直したことか・・・

でも、真の結末を知ったときには、
その苦労が吹っ飛ぶほどの衝撃と感動でしたよ。
やる価値は、あると思います。

投稿: デラシネ | 2008/05/03 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/41049738

この記事へのトラックバック一覧です: どうあがいても、絶望:

« かわーいい うっさちゃん♪(ミッフィーのアニメの歌メロで) | トップページ | 第3回アンケート結果発表! »