« 「天使のリボルバー」ツアー最速レポート!11月18日 よこすか芸術劇場 | トップページ | ☆..:★・゜キラ☆キラ★(n‘∀‘)η゜・☆:..。.:☆ »

「ありがとう」という言葉は、ポケットにしまったままではいけない

先日オンエアされた、ON PARADE。
もう4回くらい見ちゃいました。


ニコニコにも一瞬アップされていた様ですが、
スカパー!を見られる環境にある方は是非お金を払って見て下さい。
充分に元は取れますよ。


何よりCMが入らないのが良かったですね。
スカパー!は有料放送で、お金を払って番組自体を
「買っている」訳ですから、本来はCM入らなくて当然なんですけど、
結構ヒドイ番組もあるんです。


正直音楽専門のM-ONとかMTVより、良心的な作りでしたよ。
年末にリピートがあるかも・・と言う噂もあるので、
確認できたらチャンネル契約するのも良いと思います。


フェスに参加出来無かった方はもちろん、
実際に見た僕らでも、舞台裏の様子や
参加アーティストのコメントなど、当日は見ることが出来なかった
お宝映像満載で、大満足でした。


Jの「兄さん」MCが無かったのはちょっと残念だったけど、
土屋さんの「でもそんなのカンケーねぇー!」は
バッチリだったのでOKデス!(笑)


特に今井さんの表情が・・・ミチロウさんとのセッションで
ステージに向かうときなんか、本当に子供みたいな、
初めてギターを手にした少年のような顔でしたよ。


また、ステージから戻ってきたアーティストを
袖で待ちかまえ、感謝の言葉をかけたり、ハグしたりする
メンバー、特に櫻井さんの姿が印象的でした。
ホスト役を十二分にこなしていましたよ。


そういったことが得意な方ではないと思いますが、
心から感謝している気持ちが周りの方にも伝わり、
終始暖かい空気に包まれたバックステージでした。


それを裏付けるようなちょっとした記事も見つけました。


写真家の遠藤貴也さんのホームページですが、
「note」に入り、
9/13日の記事を見て下さい。フェス当日のことが書いてあります。


少し引用させていただくと、


>舞台裏ではこれから出演するバンドひとつひとつにvoの櫻井さんが
>さりげなく親しそうに声を掛けていた姿が印象的だった。
>バンドが20年もメンバーチェンジなしで続いこれてる秘訣を
>垣間みたような気がした。


今ツアーでは、櫻井さんが「大切に歌いたい」「感謝したい」
と言った発言をしていますが、やはりフェスは、
彼らにも大きなプラスになったんだと思います。


もう一つ、自分は直接は見ていないのですが、
11月初旬のワイドショウ(ワイドスクランブル?)
に櫻井さんが出たそうです。


番組は、腎臓病を患っている方の闘病についての内容
だったそうですが、BUCK-TICKの舞台美術を担当している
佐々木芳晴さんという方が紹介されたようです。


ホームページを見ると、様々なアーティストの
舞台美術を手がけた方のようです。
BTとの関係も長いですね。


佐々木さんは人工透析をしながら、
今ツアーに同行しているようです。
櫻井さんがそれについて、感謝やねぎらいのコメントを
していたそうで・・・(何分実際に見ていないモノですから、
曖昧な表現ばかりで申し訳ありません)


今回のツアーは、照明やや舞台の演出もかなり評判が
いいですよね。それはこういった素晴らしいスタッフの方達の
手によるモノなんですね。


アーティストだけでなく、こういった全ての人達の力があるからこそ、
僕達もライブを楽しめるわけですよね。
僕も一つ一つの公演を、感謝の気持ちを持って参加したいと思います。
そして佐々木さんの体調が良くなることを祈っております。


・・・なんだか今日は堅い話しばかりでごスイマセン。
たまにはこんな話も・・・ね。


お詫びに今井さんのニコニコ画像貼っておきます。

Im

(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しています。面白かった!と思った日はクリックして頂けると、明日も頑張れます)


« 「天使のリボルバー」ツアー最速レポート!11月18日 よこすか芸術劇場 | トップページ | ☆..:★・゜キラ☆キラ★(n‘∀‘)η゜・☆:..。.:☆ »

BUCK-TICK」カテゴリの記事

コメント

良いですね。私は、今回みたいな話が大好きです。

私に、ある人が教えてくれたこと。
人生において大切なことは、人との繋がり。
人に感謝すること。
自分がしてもらって嬉しかったことは、
周囲の人にもしていこう。ただそれだけ。

自分の周りに存在している全ての物は、
当たり前に存在しているものなんて、何一つなくて、
お互いの相互努力の上に成り立っています。
『好意』と『厚意』の違い。
折に触れて、忘れないようにはしているのですが、
うーん、、なかなか上手くは行きませんねぇ。
本当に、『ありがとう』や『人への感謝の気持ち』を
人に届けるのって難しいですよね。
言葉が良いのか、行動が良いのか、時としては贈り物が良いのか。
間違うと、逆効果になってしまったり、、、
まして言葉は、自分の心を離れて、相手の胸に届くときには、
別なものになってしまうこともあり、、、
だからこそ、しまっておいてはいけないのでしょうかね。
難しいです。天邪鬼な私は大変です。
デラシネさんは、大丈夫そうですね~♪

やっぱり、届けようとしないと届かないから、頑張りましょう。
『ありがとう』大切なことですね。

最後の今井さんの幸せそうな笑顔も、
B-Tが色んな人に愛されるのを象徴しているんでしょうね。
最高の笑顔ですね!
B-Tから『ありがとう』の気持ちが、なくなるはずなんてないのだから、
これからも大丈夫ですね!!

投稿: trick_bluck | 2007/11/21 02:34

ワイドスクランブルは偶然見ていました。
ずっと見ていたわけじゃなく、TVをつけながら昼食の準備をしていると
いきなり「Mr.Darkness & Mrs.Moonlight」が聴こえてきたので
ビックリしてそこから見始めた、という感じでしたが。
私が見ていた限りでは櫻井さんのコメントはありませんでしたが
(見逃しているだけかもしれません;)
ライブリハで櫻井さんと佐々木さんが話し合ってる(?)風景は流れてました。

佐々木さんは数年前から腎臓病を患われているそうですが
「この仕事(舞台演出)を続けたいから」と
『腹膜透析』という、専用のチューブをお腹に埋め込んで
自分で透析薬を投入、排出できる透析方法を選ばれていました。
通院せずに自分で透析治療をする事ができる反面
透析時に注意をしないと「感染症」というリスクがあったり、
腹膜に穴を開けているので長期間続けられる方法ではないとのことでした。
(10年くらいが限界でその後は『血液透析』に切り替えるそうです)
佐々木さんは少しでも長く『腹膜透析』が続けられるようにと
1週間に1度は『血液透析』もしてらっしゃいました。

今回のツアー、私が参加できるライブは福岡と鹿児島だけだったので
この放送を見た時はどちらのライブも行った後でしたが
楽しかったライブに、いろいろな方達への感謝の気持ちでいっぱいでした。

投稿: ミキ52 | 2007/11/21 06:32

「ありがとう」は、とても短い言葉だけれど、とても重い言葉。
本気で感謝して、ありがたいなぁと思う時ほど照れくさくて、
伝えるのが難しい。自分の近くにいる人には特に・・・。
スタッフの方が、大変な病気を抱えてもBUCK-TICKと仕事が
したいと思うのは、5人の 「ありがとう」が、ちゃんと心に届いて
いるからなのでしょうね。

投稿: ゆーか | 2007/11/21 10:44

ステキなライブ、、、舞台裏で色々な方が努力してくださっているお陰で
成功するんですよね☆
佐々木芳晴さんをはじめ、スタッフの方に感謝したいです。
フェスでの、あっちゃん。ホスト役頑張っていましたね。
あたたかい雰囲気が伝わってくる映像でした!!
今井さんのニコニコ画像、最高~♪子供みたいな
はしゃぎっぷりにニンマリです(笑)

投稿: ちーちゃん | 2007/11/21 15:39

今回のツアーの美しい舞台の陰にその様な努力があったとは。
思えば我々が楽しめるのも、沢山の人達の努力があればこそです。

沢山の人が自分を支えてくれてる・・・
櫻井さんの様に素直に「ありがとう」と言えたら素敵な事ですね。

投稿: 輝 | 2007/11/21 19:24

表で輝くには、必ず裏で支えてくれる人の力があってこそですものね。
表の人も裏の人もお互いに感謝し合えて、素晴らしい何かが生まれるんでしょうね。
どんなに小さな事でも、感謝して生きていけたら良いに決まってるけど
やっぱり忘れてしまう事もあります。

改めて『ありがとう』と言う言葉の大切さを考えました・・・。

デラシネさん、会った事も無い方々と色んなやり取りの場を、
こんなに素敵なブログを作ってくれてありがとうございます☆☆

投稿: 木精 | 2007/11/21 21:09

こんばんは、コメントありがとうございます。
クリスピー・クリーム・ドーナツのことで頭の中は一杯です。

>trick_bluck 様
いつもお馬鹿な話ばかりしてるので、
たまに真面目な話すると疲れます(笑)
ありがとうって言うのは、ちょっと
恥ずかしいところがあって
なかなか言えませんが、あまり気負わず、
自然に言えるようにしたいです。

今井さんは、静止画だとちょっと判りづらいですけど、
メチャメチャ嬉しそうで、名前コールされたあと、
ピョンピョン跳ねながらすっ飛んでいきましたよ。
本当に良いフェスでした。

> ミキ52様
ワイドスクランブルというのは、お昼の
ワイドショーなんですね。
腹膜透析・・・説明を聞くだけでも苦しくなるような
大変な治療法ですね。
それでも自分の仕事に責任を持ちたいから、
ツアーに同行しているのだと思います。
素晴らしいですね。

>ゆーか様
自分もなかなか上手に言えないんです。
メールなんかだと気楽に言えますが、
それだとあまり感謝の気持ちが伝わらない気がして・・・

>ちーちゃん様
たくさんの人の力によって、ステージが作られている
んですよね。感謝したいです。心から。

今井さんはホントにいい顔してましたよ。
やはりあのフェスは今井さんの為のイベント
だったのだ!(笑)

> 輝様
今ツアーでは、本当に櫻井さんは
全ての人への感謝を込めて唄っている、
そんな気がしますね。

タイプミス指摘していただいてありがとうございます!
でも輝様への感謝の気持ちは
ミスなんかじゃないッスよ!(笑)

>木精様
こちらこそ、素晴らしい方達に囲まれて、
本当に感謝しています。
自分の力だけではとてもここまで
ブログを続けることは出来ませんでしたよ。

投稿: デラシネ | 2007/11/21 22:21

こんばんは。
普段は当たり前すぎて、つい忘れがちになることって多いです。
いろんなことへの感謝の気持ちもそう。
少しでも体調が悪くなると、当たり前だと思っていた健康が
どんなに有難いことかを思い知ります。
でも、その気持ちを持ち続けることがなかなか難しくて。。。
つい文句や不平ばっかりになっちゃうんですよね。
ダメですね~。

投稿: わにお | 2007/11/21 22:22

「ありがとう」と思うことと「ありがとう」と言えること、些細な事だけど、
忘れちゃいけないですね。
一つのLIVEにも舞台や衣装やサポートするスタッフやホントに色んな人が関わってるからこそ、あれだけ感動して楽しめるものに出来上がっているんですよね。
そして色褪せず継続している。
昔はホントにただカッコ良いと思うだけが先走りしてキャーキャーはしゃいでたファンのひとりでしたが、時が経つにつれそれだけじゃない色々な思いを感じつつBUCK-TICKを好き好きでいるこの頃です。
前述にもありましたが、自分がしてもらって嬉しかったことは、人にもしていこう。そして自分が人からされて嫌だったことを、自分は人にはしないようにしよう。
これはホントにそう思います、意外と出来なかったりするんで、忘れないようにしなきゃね。
にしても、最後の今井さんニコニコがたまらない。

投稿: らみーちょこ | 2007/11/22 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/17135106

この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」という言葉は、ポケットにしまったままではいけない:

« 「天使のリボルバー」ツアー最速レポート!11月18日 よこすか芸術劇場 | トップページ | ☆..:★・゜キラ☆キラ★(n‘∀‘)η゜・☆:..。.:☆ »