« BUCK-TICK FEST2007 PARADE最速レポート PART4 | トップページ | PARADEは続く »

BUCK-TICK FEST2007 PARADE最速レポート  FINAL

ケータイのデータいじってたらこんな写真が・・・
開演前のステージですね。
チケットとリストバンドを交換する待ち時間に撮ったモノです。

O2

会場内はもちろん撮影禁止なので外からの画像で勘弁して下さい。
ちょうどステージの裏かな?上の方にスクリーンがあるのが
わかるかなあ。


これ見て判るように、会場の中と外はそんなにしっかりとした
仕切りがあったわけではないので、外にいても音だけなら
充分楽しめたようですね。チケット取れなかった方も
来ればそれなりに楽しめたかも。


それと、昨日のJのMCで、大事なところ書くの忘れてました。


「あの人達がいなかったら、俺もこうしてステージに立ってなかった」


彼が学生の頃、BTを見て、
音楽の道に進もうと決意したのは有名な話ですよね。
なんだか感動しちゃいます。こうやって魂は受け継がれて行くのですね。

僕も「このブログ見てBUCK-TICK好きになりました」
っていう人がいつか出てくるまで頑張るよ。


さて、いよいよBT・・・
の前にちょっとインターミッション。
と言うと失礼かもしれませんが、やや毛色の違う
アーティストが2連発。まずMCU。


昨日は書きませんでしたが、実はRallyの時にも
彼は1曲だけ参加してラップを披露してました。


MCで
「今日は何だかアウェイな感じが・・・ちょっとだけするので、
よろしかったらみなさん、手拍子を下さい」
って言ってました

「アウェイですが、ヒップホップ代表として1曲やらせて下さい」
と言ったあと、パフォーマンスを。
ロマンスのイントロを使ったようなモノもあったかな?


僕の周りは結構ノッているひとも多かったし、
MCUさんもそれ見て「すっげぇ暖けぇ!」とか言ってましたけど、
全体的にはやや落ち着き気味だったかな。
時間も短かったしね。


さて、続いて登場は・・・あの世界のケンイシイです。
始めて生でプレイを見ましたが・・・
いやー、凄い。踊っている人が少なかったっていう
意見も見ましたが、みんなあのテクニックに
見とれてたんじゃないかなあ。

淡々と、でも鮮やかな手の動きは流石だと思いましたよ。


イシイさんの機材はステージ真ん中辺りにあったテーブルに
まとめられていたんですが、周りには見覚えのある
機材が・・・そう、既にBUCK-TICKのセットもできあがっていたのです。


そして時に20時10分。その時は来た。
イシイさんのプレイしていた曲が終わり、
次に流れたのは・・・THEME OF B-T!


しかしいつもと違う・・・、これは、なんとケンイシイ
アレンジによる、一夜限りのスペシャルバージョン!!


会場が揺れました。


遂に彼らが、兄さん達が姿を現したのです。
スペシャル版のTHEME OF BTはホントに良かった。
なんとか音源化して欲しいなあ。


メンバーが定位置に尽きます。
アニイとユータはおそろいっぽい、正装というか、
アリスのPVの時のようなスーツ。
ヒデもそんな感じだったかな。今井さんは、
その前に出てきた2回とはまた違ってた。
赤いジャケットにフリルの付いたシャツにショートブーツ。


そして登場した櫻井さんの姿を見て・・・
会場にいたほぼ全員は、心の中で突っ込んだはず

「そ、その衣装は一体・・・?」


凄い説明しにくいんですが、コートっぽい生地のジャケット
の用なヤツの上に、半袖の白いシャツのようなモノを重ね着して
(両腕のところがヒジまでの手袋しているように見える)
そして・・・ほっかむり?(笑)

女スパイというか・・・パリコレ+野良仕事というか・・・

ともかく、アレばかりは見ていただかないと。
ここに小さいですけど、写真があります。
これはほっかむりを取った第2形態ですね。
僕は結構格好いいと思っちゃった
(荒木飛呂彦がデザインしたような感じで)
けど、場内は騒然、と言った感じでしたよ(笑)

でも、そんなのは続いて流れてきたイントロで吹っ飛びました。


1 Baby,I want you


ま、まさかこの曲が・・・自分としてはランデヴー辺りが
来ると思っていたんですが、まさかこの曲をやってくれるとは・・

今年、20周年の年に、このブログを始めて、
タイトルを「デラシネの少年」に決めた。
それは全てこの瞬間に繋がっていた。運命だった!?

そう勘違いしてしまうほど、自分としては嬉しかったです。
もちろん大ジャンプ!7時間以上炎天下にいた自分の体の
何処にこんな余力が残っていたのかと思うくらいでした。


サビの「デラシネの」の部分は、きっとここに来ているであろう、
みんなに向けて、全力で叫んだよ。きっとあの瞬間は
僕の叫びは届いたよね?


それにしても、ケンイシイがマニピュレイター担当のような感じで
共演したのは凄い贅沢だったなあ。まさにフェスの醍醐味です。


2 RENDEZVOUS


自分はPARADEのツアーの方には参加してなかったので、
生で聞くのは始めて。「BE MY BABY~」の部分は
みんな大合唱でしたね。予想以上にライブ映えする、良い曲でした。

「たった一言、聞いてくれるかい?そう貴方に会えて良かったって」

と言うところは、いつもより気持ちを込めて歌っているように聞こえました。
それは会場を埋め尽くすファン、共演してくれた多くのアーティスト、
そして、なにより20年間一緒に戦ってきたメンバーに向けて
いるように感じました。


3 Alice in wonder underground


これも自分はライブで聴くのが始めて。
前日、NHKのMJに出演して、この曲やったんですが、
なんと今井ソロの部分がカット!

その鬱憤は、この場で晴らさせてもらいましたよ。
きっとそう言う人多かったはず!
いつもより良い声でしたよ、今井さんは!

ここでいったんMC。
参加してくれた全ての人への感謝と、これからもよろしくという言葉。
時間が押していたようで、ちょっと早口でしたが、
櫻井さんは上機嫌で、いい雰囲気でした。


そして、ステージ横のある、例のVIP船(笑)
2回の観覧席を見ると、なんとそれまでに登場したアーティストの多くが、
まだ残ってBTのステージを見てます!


他のフェスでは、主催者が寄せ集めたアーティストで、
自分の出番が終わったらすぐ帰る、と言う方も多いのですが、
今回はみんながBTの為に望んで出てくれた方達ばかり。
本当に暖かい・・・


スティーブエトウさんの言葉を借りれば、

イベンターによって寄せ集められるフェス類と違って、
主催であるBUCKTICKと縁もゆかりもある皆様が集まっているので、
なんともほのぼのとした良い輪。
絵面的には髪とか尖った人多いですけど(笑。御義理でない証拠に、
BUCKTICK本番には全員船上ラウンジに集まって来て
やんややんやでしたわ。

ひぐちしょうこさんのブログや、
TERUさんのブログでもその様子が分かりますね。

黒いシルクハットかぶってノリノリだったのは、ひょっとして
しょうこさんかな?(笑)ちょっとちなってぃに似てますよね。
カレーライスは飲み物です。


4 ROMANCE


ここからは「十三階」モードですね。
夜の空に、切ないなメロディが似合います。


5 DIABOLO


さっき今井さんのソロで聞いたばかりなので、何か不思議な感じ。
歌詞の内容が、このお祭り、「フェス」にあってますね。
まさに「さあさ寄っておいで、覗いてみな」って感じ。
本当にこのフェスはありとあらゆる愛が詰まった、
素晴らしいモノでしたよ。チケットが取れなかった方、
行きたいけど日程が・・・・という方は残念でしたが、
「暑そうだから」とか「迷ったけどこんかいはスルー」
なんて人がいたら、絶対損してますよ!


6 夢魔


来ましたよ、ツンドラ教!(笑)
イントロに合わせて、ライトの光が客席から、やがて空へと
照らしていったのですが、本当に凄かった。
この曲は、アルバムで聞くのと、ライブで聴くのとは全然
違いますよね。生で聞くと、本当に圧倒される迫力です。


ここで、本編は終了。ええーー!もう終わり!?
っていうくらい、一瞬でした。
当然会場からはアンコールの声。


それほど間を開けず、メンバー再登場。
今井さんは上着を脱ぎ、フェスTバージョン
(色は黄色をチョイス)になってました。

「どうやら時間がないらしい、大切なときはいつもそうだ
アイツとアイツみたいに!」

そんなMCを挟んで始まったのは・・・


7 スピード


この曲が、この日のフェスでは一番盛り上がったと思います。
会場も一つのカタマリとなって踊る踊る。
今まで色んな会場でスピードを聞きましたが、これがベスト。
間奏の辺りで、MCUが乱入!あっちゃんに深々と一礼すると、
そのままラップ開始!これが意外にもハマッテて、
観客のテンションも最高潮!!

「今宵の共犯者達へ」と言う歌詞が、まさにピッタリで、
この瞬間は、BTファンも、その他のアーティストのファンも、
女の子も男の子も、みなステージの一部とかしていました。


8 JUPITER


素晴らしい・・・その一言に尽きます。
曲に合わせ、ライトが夜空をてらしたのですが、雲一つ無い、
何処までも続く夜空に吸い込まれそうでした。


本来この曲は、亡くなったお母様に捧げる、
哀しい曲なんですが、年月を経て、そう言ったモノを超越した
神聖な曲になりましたね。哀しみも、そして喜びも。
全ての感情を包みこんで、大切な人の元へ送る・・・そんな感じでした。


Tokie様のブログに、亡くなった友人の話が
載っていましたが、そう言った気持ちも全て受け取り、
浄化し天に返す。、そんな優しい歌声でした。


歌は月日と共に変化し、そして成長していく。
生きているモノだという事を今日始めて実感として理解しました。


曲の終わりと共に、ステージ上ではこの日最大の特効、
そして夜空には美しい花火が。


フェスのページにも写真がありますし、
Tokie様やしょうこさんのブログなどにも
写真が載っていますね。


本当に綺麗でした。最高のフィナーレです。
以上で全てのアクトが終了。


帰りのゲートには、ちょっとしたサプライズも仕掛けられていました。
O

(ありがとう→心からありがとう→愛してるぜBaby!と言う風に
メッセージが変化するようになっていました)

前日の台風もあり、始まるまではかなり不安もあったイベントでしたが、
大成功だったと思います。もちろん、運営などで、あまり上手でない
部分も目に付いたのも事実ですが、
そんな事は本編の内容で全て吹き飛びました。


自分はフェスは始めてでしたが、こんなに素晴らしい時間を
たくさんの人と共有できて、幸せです。

今年はちょうど、ブログを始めて、
それが二十周年という大事な節目に重なった事に、
本当に運命のようなモノを感じます。


このフェスは、一つの到達点でもあります。
デビュー当時は評論家や先輩ミュージシャンに叩かれ、
なかなか認めてもらえない時期もあった。

所謂売れ筋とか、シーンの流行廃りとは一線を画し、
それ故地味な存在になりかけた事もあった。

でも彼らは、シーンに媚びるでもなく、
ひたすらに自分たちの信じるモノを追求していった。

そして20年。気がつけば、多くのフォロワーを生み、
後輩に慕われる存在となり、
土屋さんやミチロウさんのような先輩にも
一目置かれる存在となった。

多くのバンドやアーティストが消えていったけれど、彼らは未だに
輝き続けている。それこそが、彼らのやってきた事が
間違ってなかった事の証明です。

僕も一時期、BUCK-TICKのファンです、
ってなかなか言えない時期があった。

でも、今は違います。自信を持って言いたい。

僕はBUCK-TICKが大好きです。
彼らは日本一素晴らしいバンドです。


このフェスは、一つの到達点ではあるけれど、
彼らにとっては、通過点に過ぎないのかもしれない。
まだまだこれからも走り続けてくれる。そう信じてます。


「僕の前に道はない 
僕の後ろに道はできる」 高村光太郎


ブログ開設以来、、初のライブレポートだったんですが、
いかがだったでしょうか。いつも皆さんの素晴らしいレポートを
投稿していただいているので、正直自信はありません。
最初はメモなど取っていたんですが、
途中から完全にお楽しみモードに入ってしまい、
正確なセットリストなどがお伝えできず申し訳ありません。
少しでも会場の空気が伝われば幸いです。


5日間も続けてしまいましたが、これでフェスレポートを終わります。
お付き合いして下さって、どうもありがとうございました。
ここが違ってるよ、とか、他にもこれ外しちゃダメでしょ、
という事があったら、遠慮無くコメントして下さいね。


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しています。面白かった!と思った日はクリックして頂けると、明日も頑張れます)

« BUCK-TICK FEST2007 PARADE最速レポート PART4 | トップページ | PARADEは続く »

LIVE」カテゴリの記事

コメント

フェスレポートご苦労さまでした。
自分も約6時間かけていってまいりました。JUPITERの後の花火は
超最高の上に超最高でしたねー
もっともっと聴きたかったけど、やはり街中の野外は時間に厳しいみたいで9:00ジャストに終了でしたね。
で、確かに確かにスピードの前奏がORIENTAL LOVE STORYだったような気がしたんですが、どうでしょう?
これがラストでもよいとまで思ってしまった自分です
曲名間違っていたらごめんなさい

投稿: mi | 2007/09/12 20:24

内容の濃いレポートお疲れ様でした。メニアで合ってるんだぁ。カタカナにがて(;.;)。お祭りを思い出しつつ、楽しく読ませていただきました。
アーティストを呼び込むコール、途中まで櫻井さんでしたよね。いつからか知らない声に変わった気がします。
ワタシこのブログで『BUCK-TICKがより好きになりました』よ。お若い男性ファンが、自らつくるブログ。感性や着眼点がワタシと違い、BUCK-TICK一粒で2度美味しい、あらゆる方向から舐めまわしています(笑)。浮気でBUGや睡蓮に行ったり、ベンジー追っかけたりしてましたが、BUCK-TICKに戻って来ました。余談ですが、Lucy vs 惑星も観戦したのでトキエさん3度目ですかね。最近の女性ベーシストさんはみんな小さくてパワフルなんだなぁ。とか思ってたら、みんな同じトキエさんだぁ!
とうとう登場、櫻井さんのちょっと……な衣装。vs清春さんの時の衣装か、土屋さんの衣装借りた方が良かったよ。歌も顔も全て最高なのに衣装で笑い取らなくても。あぁもう大好きです!
デラシネさんのおかげで長い間、お祭り気分でいられました。ありがとうございます。これからもレポートよろしくお願いします。

投稿: にゃあ | 2007/09/12 20:44

留守番組の私には、こんなすばらしいレポートは本当にありがたかったです。
感謝しています♪お疲れ様でした。
1曲目が「Baby,I want you」って聞いて、鳥肌立ったよ!!
これって絶対運命だよ~♪
一緒に「デェェェェラシ~ネの・・・」叫びたかったぁぁぁぁ。
私も、たまたま今年BT FANに出戻り、そして二十周年という大事な節目に重なった事、更に「デラ少」の一員になれた事に運命を感じています☆☆☆

投稿: ちーちゃん | 2007/09/12 20:55

素敵なレポありがとうございました。
一生の思い出になる素晴らしいフェスでしたね。
メンバー、出演者、関係者、一緒に楽しんだファンに心から感謝したい気持ちでいっぱいです。
個性豊かな選曲も大満足でした。これでNational media boys演られたら漏れるとこですよ。(^^)
個人的にATTACK HAUSが収穫でした。もっと売れて良いくらいのパフォーマンスだと思います。
ああ、さいたま市が待ちきれない。

投稿: 輝 | 2007/09/12 21:46

お疲れさまでした。
素晴らしいレポだったと思います。
全てのアーティストに触れてあって、そこも手抜きなしなのも、
本当に凄いなぁと思います。

『JUPITER』のコメント、最高です。
もう、悲しい曲じゃないですよね。
暖かくて、優しくて、時には懐かしかったり、
神聖という言葉が確かにぴったりきますね。
B-Tも、私達ファンも、この曲を、永遠に大切にしていくんでしょうね。
また、次に聴くときは、この日の『JUPITER』を超えるんでしょうね。
そしたら、本当に涙が止まらないでしょうね。
この場に居たかったけど、これなかった人。
ファンだけじゃなく、TOKIEさんの友人や、
私だったら、先のコメントに書いた人にも届いていて欲しい、、
届いたと思っています。
ラストがこの曲だったのは、凄く素敵なことだったと思います。

もう一度、デラシネさん、お疲れ様でした。
これからも(は?)、マイペースで頑張ってください。

投稿: trick_bluck | 2007/09/12 22:00

はじめまして!
いつもブログ楽しく拝見させていただいております。
今回のフェスレポートでは、デラシネさんの感動が物凄く伝わってきましたので、思わず書き込みさせていただきました。
私もフェス参加組です。
今回は本当に内容が濃くて大満足のフェスでしたね。5万円くらいの価値がありました。終始興奮してました。
このフェスを開催するにあったって関わったすべての方にありがとうをいいたくなりました。そんな優しい気持ちにもなれる感じがしました。

最後のジュピターのとき…その当時、その歌ができた背景はもちろんのこと……20年間いろいろあっただろうなーとか色んなこと考えたらグッとくるものがありました。

本当に本当に……最高でしたね!!
歴史的瞬間に立ち会えたこと本当に誇らしいです。

私もデラシネさんと同じ気持ちです。
BUCK-TICKが大好き!!!日本一素晴らしいバンドだ!!!と叫べますよー!

これからも応援していきましょう。
長くなりましたが、これからもブログ続けてくださいね。楽しみにしています。

投稿: no7 | 2007/09/12 22:15

こんばんは!無事にレポートできて
一安心のデラシネです。ホッ。

>mi 様
初めまして!コメントありがとうございます。
6時間・・・凄い!どちらにお住まいなんですか~?
野音の時も結構タイトなスケジュールでしたよね。
オリエンタル・・・うーん、どうだったかなあ。
スピードの時はもうアゲアゲ状態だったので、
記憶がところどころ飛んでる(笑)
僕もスピードで終わっても良いというくらい、
燃えましたよ。

> にゃあ様
もっとなめ回しちゃって下さい!(笑)
BUGと睡蓮は僕も気になってるんですよ。
KYOとフジマキですもんね。

Tokie様を3回も見たなんて・・ニクイぜ。
櫻井さんの衣装は、誰が考えたんですかねー。
あまりに先鋭的すぎて、みんな置いてけぼり
でした!まあ彼くらいの美形なら、ランニングに
ステテコで出てきても、それなりに絵になりますけどね。

>ちーちゃん様
本当に良いときにでも取ったと思いますよー。
今年はここ何年かでも最高に充実した
活動してるんじゃないかなあ。

Babyはきっとツアーでもやると思うんで、
思う存分「デェェェェェラシィネ」と叫んできて下さい!


>輝様
はじめまして!ATTACK HAUS、
良かったですよねー。あのアクトは、
是非DVDで出して欲しいなあ。

さいたま参戦なさるんですね。
よろしかったらレポートとか書き込んで下さい。
これからもよろしく!

>trick_bluck 様
こんばんは!
最初はいくつかピックアップしてレポートしようかと
思っていたんですけど、どれも楽しかったので。
JUPITERはきっと、これからもずっと歌われて
行くでしょう。そしてその時々の新しい表情を
見せてくれるに違いありません。

明日からはまたゆるゆるモードで行きますよー(笑)


> no7 様
初めまして、コメントありがとうございます。
いつも見ていただいているそうで、感謝です。
本当に、こんなにてんこ盛りで良いの?
って思うくらいの充実したフェスでしたね。
JUPITERは改めて名曲だと思いました。

これからも出来るだけ続けていきますので、
応援よろしく御願い致します!

投稿: デラシネ | 2007/09/12 22:51

レポ、かなり楽しませていただきました。ロム専門のつもりがまたのこのこコメントしたくなっちゃいました(笑)
こちらのブログが始まってから初のリアルタイムレポになるんですよね。なのでとても楽しみにしてました。
かなり細かく書かれてたので、もしかして全部メモとか取ってたんですか?と質問しようと思ってたら、途中まではされてたんですね。
でもやっぱりレポの為のLIVEじゃないし、楽しむ方に気持ちがいっちゃいますよね。私もいつもそうです(笑)
私は曲目やメンバーの動向などをこと細かく書かれるレポもそれはそれで凄いと思いますが、それとは別に、やっぱりそのレポを書いた人の感動した気持ちが伝わってくるレポが好きです。
なので、デラシネさんのレポはその心理描写もとても伝わりやすくて、いちいちうなずきながら読んでみたり。
ATTACK HAUSで涙したエピソードとか、なんてピュアな人なんだろうって思ったり(すいません(笑))
読んで思ったのは、結局デラシネさんはほとんど休憩してないですよね(笑)? 凄いな~。
いいフェスでしたよね。こんなフェス他にないですよ。
私も参加してよかったと思いました。そしてレポ、お疲れさまでした!

投稿: しずか | 2007/09/12 23:23

フェスレポ、お疲れさまでした!
疲れて1日休んだら、火曜日からずっと残業っす。

もうB-Tについては言うことありませんね!
デラ様の書いてる通りでございます。
スピード~ジュピターの流れもとっても良かったです。
動と静、正反対の曲ですが、ステージも会場も一体となって
どちらの曲も楽しんでいたと思います。
思いっきり皆で暴れて盛り上げたスピード。
静まり返った会場に、あっちゃんの聖なる歌声が響き渡ったジュピター
全員がちゃんと、その曲の聴き方を知ってるって感じでした。

チケット取ってからも、全ての参加には少し迷いがありましたが
本当に参加して良かったと思います。
あの花火とともに、私の夏は逝きました。睫毛を震わせて逝きました。

投稿: わにお | 2007/09/12 23:28

デラ兄!!
あっちゃんの衣装、言葉では聞いてたけど、
こんなに早く自分の目で見れるとは!!
うん・・・・不思議だねっ 爆

JUPITERのお話から思わず感動・・
私もちーちゃんさんと同感です。。
特別な今年、出戻ってファンでいれてホント良かった☆
こうして同じ気持ちのステキな皆様ともお話できて
ほんとにうれしい☆
もうB-Tからは離れません!!!!!

ほんとに感動です。


投稿: latte | 2007/09/12 23:36

はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております。
バクチクだけじゃなくフェスとしてのレポ、素晴らしいです。
私も参戦組でしたが体調不良もあり、遠藤ミチロウさん辺りから
しか見れなかったので本当にデラシネさんのおかげで他の方の
ステージが目に浮かぶようで、毎日更新が待ち遠しかったですよ!
清春×あっちゃんのジャスト、聴きだがっだ~~(ジタバタ)

ジュピターは、本当にあの歌声と照明と空気が一体となって
素晴らしかった。聴きながら自分自身のバクチク暦の思い出
なんかも脳裏を駆け巡りました。

夜空に浮かぶでっかいめっちゃ綺麗な花火のオンパレードを
見上げながら「ずっとファンでいさせてくれてありがとう」と感謝の
気持ちでいっぱいになりました。

私のお気に入りの場面も紹介させてください。
アンコールでのあっちゃんのMC
「もう時間がないらしい言葉なんていらない愛してるぜベイベー!!」
って句読点なし息継ぎなしで一気に喋ったその言葉が嬉しかったー!
そう、言葉なんていらないいらない。十分伝わってるよ、って
思いました。

私はA1ブロックだったので豪華船が気になって気になって(笑
かなり落ち着きがなかったです。船→ステージに向かう姿も
くつろぐ姿も、みんな本当に楽しそうで嬉しそうでしたから。

バクチクが始まって1.2曲目だったと思いますが
「敦司ーーー!!」と左斜め「上」から絶叫が(男の声で)。
斜め上、そう船から、共演者が身を乗り出して。
あれは誰だったのかなぁ?黒髪の長髪君でしたが・・・。
うちらと変わらん(笑)と突っ込みつつ、そんな風にバクチクが
共演者の方達からも愛されてることも嬉しかったです。

本当に本当に素晴らしいフェスに参加できたこと
バクチクに出会えたこと いろんな事に感謝した一日でした。
そして余韻に浸って帰宅したら(私も次の日は中華街でした)
1枚の不在票が。
おい、ツアーチケかよ!みんな受け取れてないけど!!
さぁついてこいよ、まだまだこれからもヨロシクな、って言われた
気がしてニヤニヤしてしまいました。

デラシネさん、レポお疲れ様でした!ありがとうございました。
これからも楽しみにしております。

投稿: R | 2007/09/12 23:41

フェス同様、内容の濃いレポありがとう&お疲れ様でした。
「Baby~」で始まって、「JUPITER」で終わるなんて、なんて感動的なんだ。グッッときますね。[デラシネ]という言葉もそうですが、「Baby、~」の歌詞の中に[ピンヒール]が入ってるのがとても印象的で、それまで普段履かなかったピンヒールのミュールを買っちまった事があります。ああ、また生で聴きたいなあ。。。
今回参加の他のアーティストの方達は、私達と同様B-Tファンであり、そしてB-Tと同様アーティストでありバンドマンである、それってすごい立場というか立ち位置というか、なかなか無いですよね。観る側も観せる側もそして関わるスタッフ側のそれぞれのパワーが重なり合って生まれた素晴らしい1日だったんですね。ホントに残念ながらその場には参加出来なかったけど、その1日の事実が伝わりました。

投稿: らみーちょこ | 2007/09/12 23:46

5日間のレポート、お疲れ様です!そしてありがとうございました!
感動の追体験。素敵な5日間でした。

jupiter、「歌は月日と共に変化し、そして成長していく。
生きているモノだという事を今日始めて実感として理解しました。」
というデラ様の言葉、同感です。すごくよくわかります。

94年のコニファーフォレストで、同じように野外でjupiterを聴いたのですが、その時はもう、とにかく切なくて仕方なかったんです。
折も折、DTDの後、シェイプレスの頃。そして今でも覚えている、曲順は「太陽ニ殺サレタ」の次。
底の底まで落ちて、もがいて、そして浄化を願って歌うような…
悲しみの中から手を伸ばしているような、切なくてたまらない、jupiterでした。

でも…だんだん、変わってきましたよね。
デラ様の言う通り、「全ての感情を包みこんで、大切な人の元へ送る」「全てを浄化して天に返す」…そんな感じ。
BTの優しさに包まれて、聴いていると心が解きほぐされて涙が出て来る…そんな感じ。
歌って、同じなのに、変わっていく。成長していくんですね。
jupiterは、永遠の名曲です。


もちろん、あの衣装は正直「やっちゃった…」と思いましたよ。(あのほっかむりストール、ヒョウ柄でしたよ!ギャルか!?)
でも、最後のあっちゃんの幸せそうな笑顔、音楽…ええ、もう何着てても大丈夫(?)!!大好きです!!!!

台風の中設営し、あれだけタイトなタイムスケジュールを時間通りにすすめたスタッフの方々、ゲストの方々、そして我らがBT。全てのアーティストに愛を込め、読んでいる我々に丁寧にレポートしてくださったデラ様。「心からありがとう、愛してるぜ、baby!」ってことで(笑)
お疲れ様でした~~

投稿: anne | 2007/09/13 00:21

書き忘れました。雑誌TV stationより、
9/21(金)深夜 1;50から日テレの
音楽戦士 MUSIC FIGHTERにB-T出演するようです。
演奏だけでしょうかね。今度は、短縮バージョンじゃないと良いですね。

投稿: trick_bluck | 2007/09/13 01:12

はじめまして、検索からやって来ましたabsの西川さんfanの者です。
素敵なレポを読ませて頂き、ありがとうございました。
私もON PARADE行ったのですが、愛が感じられる、本当に素敵なフェスでしたよね!
実は15年ほど前、BUCK-TICK大好きだったので、それもあって今回のフェスは物凄く感慨深かったです。(本当ですよ!西川さんがドレスをトリビュートするって知った時、嬉し過ぎて死ぬかと思ったくらいです(笑))
そして西川さんが本家BUCK-TICKfanの方々にも好評のようですごく嬉しいですvほめて頂いてありがとうございます。
私も10数年ぶりの生BUCK-TICKにやられました!相変わらずオーラ全開でめっちゃ格好良い!!
まさかスピードとJUPITERが聴けるなんて…感動でした。それと夢魔っていう曲だと思うのですが(皆が手を挙げ下げしてたやつです)すっごい好みの曲でゾクゾクして、見よう見まねでフリをしてしまいました。
久しぶりにBUCK-TICKライブにも行きたいなあ…なんて思ってしまいました。
(あ、それと私も清春&あっちゃんのJUST ONE MORE KISSにもやられました…なんて贅沢なっ!)

ところで、absメンバーも日記を書いているんですが、fcに入ってないと読めないんですよね。西川さんが非常に面白いネタを書いていたので、ちょこっと…。
最後の挨拶の時、あっちゃんが出演者の名前を順に読んでいったじゃないですか。あの時、あっちゃんてば間違えて「abingdon boys "high" school」と言っていて!西川さんが打ち上げで想いのたけをぶつけたら、あっちゃんは平謝りでさらにお詫びに2回もチュウをしてくれたので許してあげようとしたけど、やっぱり面白いので一日ネタをひっぱったそうです(笑笑)(ちなみに土屋さんにも訴えたら、「あ~そう」と仏のように優しく微笑まれていたそうです(笑))

投稿: 西貴 | 2007/09/13 11:37

こんにちは。
フェスのレポートお疲れ様でした。
毎日どの参加ミュージシャンのレポを読んでいても、はぁ~いいなぁ~
とタメ息ばかり出る内容で、フェスに行っていない私も会場が目に浮かぶようでした!!
そして色んな方のコメントを見るのも楽しかったです♪♪
本当に夢の様な一日だったんだろうなぁ~。

デラシネさんのブログを読んでいると本当にB-Tを心から愛してるんだなぁと、伝わります。
素晴らしいレポありがとうございました。

投稿: 木精 | 2007/09/13 15:43

コメントありがとうございます。
>しずか様
ピュアなんて言われたのは、生まれて初めてかも。
確かに休憩らしい休憩はしてないですね。
食事は立ってケバブサンド食べた(所要5分)
だけだし、あとはトイレとグッズ買うのにそれぞれ
10分くらい・・・それ以外はずっと客席にいました。

自分の感想を入れるのはちょっと
恥ずかしいんですけど、ただ事実をかくだけなら、
雑誌の方が詳しいですからね。
かといってあんまり主観に走るのもマズイので、
バランス考えて苦労してます。
ロム専なんて言わずに、コメントしていって下さいね。

>R様
初めまして!お体は大丈夫ですか?
暑かったですもんねー。
あっちゃんのMC、教えていただき
ありがとうございます。半分くらいは
聞き取れたんですけど、早口だったので
後半が・・・でも、それがまた格好良かったですよね。

「敦司ー!」って・・・(笑)長髪、誰だろう。
アーティストと見せかけて、実は誰かのご父兄
だったりして(笑)
今回、A1ブロックは大当たりでしたよね。

翌日の中華街はどちらに行かれたんですか?
次の日も結構暑くて大変でしたよね。

これからも頑張りますので、よろしく御願い致します。

>らみーちょこ 様
そうなんですよね、同じステージに立ちながら、
その彼らのファン・・・なんとも不思議な、
でも羨ましい立ち位置です。
いけなかった方にも少しでもこの空気が伝われば
幸いです。

>anne 様
コニファーフォレスト・・・噂に聞くあのライブに
参加していたんですね!
確かに狂った太陽からDTD、そしてS/N辺りは、
本当にこれからどうなってしまうんだろう、
と思うくらいでしたが、あの時期があったからこそ、
今があるんですよね。JUPITERがただの
泣かせるバラードに終わっていないのも、
櫻井さんの苦悩と、それによって生まれた
人間としての深みがあるからこそです。
痛みを知っているから、
優しい歌が歌えるんですよね。

あの衣装は、フェスト同じく伝説になりますよ!(笑)

>西貴様
初めまして!コメント、そして貴重な情報
ありがとうございます!早速紹介させて頂きました!
歌はファンでも元ファンでも、他のアーティストファン
でも大歓迎です!
そうです、手を挙げるのは「夢魔」ですね。
「十三階は月光」というアルバムに入ってます。
超お勧めですよ。
今年は出戻ってくるファンの方が多くて
嬉しい限りです。来週でるアルバムもかなり
良さげなので、機会があれば是非聴いてください。

西川さんは唄うまいッスねー。ドレスもまた
生まれ変わったようで、いい感じです。

これからも応援よろしく御願い致します。

>木精様
そう言っていただけると、
頑張った甲斐がありましたよ!
本当に良いフェスでしたので、DVDになると
いいですねー。

そうです、BT愛だけは、日本一です!
ブログは・・とりあえずベスト100くらいに入れるよう
頑張ります!(笑)


投稿: デラシネ | 2007/09/13 23:44

今回のフェスのリポ、大変ご苦労さまでした。
全部読み終えた後、なんだか胸一杯の気持ちです。
参加はできませんでしたが、デラシネさん、他の皆さんのおかげで、
このフェスがBT、参加アーティスト、ファン、みんなが楽しむことが出来て、
ひとつになれたんだなあって思いました。
もちろん、参加できなかった方々もこのブログで同じ気持ちを共有できたと思います。
本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございます。
このブログに出会えてすごくよかったです。

投稿: su4neko | 2007/09/14 23:59

>su4neko様
本当に良いフェスでしたよー。
ブログにする事で、自分でもまたいつでもこの感動を
思い出せるので、レポート書いて良かったと思います。

投稿: デラシネ | 2007/09/15 00:20

ツアーレポ、人気記事、いろいろまとめて読ませて頂きました
どれも心に残る素敵な記事で時間を忘れて読みふけってしまいました。
どうもありがとうございました。
どの記事にも愛を感じました(^^)

投稿: ちも | 2007/10/10 11:54

>ちも様
こんばんは、初めまして。
コメントありがとうございます。
フェスの雰囲気が少しでも伝われば幸いです。
内容的には拙い物ですが、BT愛だけは
誰にも負けない・・・つもりです。
これからも頑張りますのでよろしく御願い致します。

投稿: デラシネ | 2007/10/11 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/16426654

この記事へのトラックバック一覧です: BUCK-TICK FEST2007 PARADE最速レポート  FINAL:

« BUCK-TICK FEST2007 PARADE最速レポート PART4 | トップページ | PARADEは続く »