« 特別企画 少年は聖地を目指す!! 第3章 急転編 | トップページ | しばしのお別れ »

特別企画 少年は聖地を目指す!! 最終章

お・・・お父様・・
あまりの展開に放心してしまい、
何をどうすればイイやら・・・
とりあえず、握手してもらいました(なにやってんだ笑)


ここに来る前に、間違えて栃木の方の藤岡に
言ったことを話すと


「ああ、先月もそんな人がいたよ」とのお言葉。


俺だけじゃなかったのか・・・駅員さんが言ってた
「毎月何人か間違える」
間違えてるのみんなBTファンだったりして・・・


**から来たというと
「**から!寿のいとこが**の***に勤めているんだよ」
とのレア情報が!


お話していて、今井さんの事を「寿」って呼ぶのが、
ちょっと感動。当たり前なんですけど、
ああ、俺は本当に今井さんのお父さんと話しているんだなあ、
とここで初めて実感しました。


その後もう少しお話をしたあと、お父様はまた
お家の方にお戻りになられました。


僕も帰ろうとすると、店員の女性
(お父さんの妹さん、つまり
今井さんの叔母様と言う事がここで判明!)が、


「まだ時間あるでしょう。電車の時間まで休んで行きなさい」
と、椅子とお茶、お菓子を出してくれました。なんという僥倖・・・
上州の空っ風は冷たいけど、人は温かい!!


お茶を飲みながら、しばし叔母様と歓談。
今井さんが東京に旅立った日のことを
まるで昨日のことのように話してくれました。
感動して、泣きそうでしたよ。僕がね。


「でも、東京に出てからも、しばらくは
ご飯食べに毎週日曜日にこっちへ戻ってきてたのよね(笑)
帰ってくる度に髪の色が変わってて、もうしょうがないんだから」


何て言いつつも、
甥っ子が可愛くて仕方ない、というご様子でした。


他にも色々とお話をしてくれました。
印象に残ったお話というと・・・


「お父さんは息子の追っかけしてるのよ。
ライブもしょっちゅう見に行ってるの(笑)」


「ここのところ何人か立て続けに
間違って栃木に行ったって人が来たのよ」


「最近は日本のファンだけでなく、
韓国、台湾、香港などからわざわざ来てくれる
子たちがいて嬉しい限り」


こんなところでしょうか・・・
他にも色々話た気もするんですが、
なんせ舞い上がってしまって・・・ごめんなさい。


さて、ひとしきり話したあと、流石に
これ以上ご厚意に甘えるわけにも行かないので、
そろそろ帰る事にしました。


電車が来るまでもう少し時間がありましたが、
既に30分以上もお邪魔してるんで・・・


最初の予定通り、残りの時間は
イトーヨーカ堂で時間潰すか、と思っていたところに・・・


なんと今井パパ再登場!そして・・・


「近所に用事があるから、ついでに新町
(ここからだと乗り換え無しで一気に
1時間半ほどで上野まで行ける便利な駅)まで
車で送ってやるよ」


との提案が。


・・・え? マジすか・・・ってええええええ!
それって、今井パパとRENDEZVOUSってことじゃん!!


いやいやいやいや、それは超嬉しいですが、
あまりに申し訳無いので一度お断りしたんですが、
お父さんが「良いから良いから、ついでだからね」
と言ってくれた事。そして電車の時間が結構ヤバイ、
ということで・・・お言葉に甘えさせてもらいました!
みんなごめん!


これがその時の写真です!!
P


(本当は二人でツーショットもしたんですが、
ご家族のお顔を出すわけにはいきませんので、
これがギリギリです。許してね)


それからの車中は、あまりの緊張に、何を話したのか。
気が付いたら駅に着いてた、って感じでした。
あとになってから、「もっと色々話せば良かったなー」
とちょっと後悔。


でも、緊張気味の僕に気を使ってくれたのか、
お父さんの方から色々話してくれて楽しかったです。
第一印象は怖そうだったんだけど、気さくな良い人でした。
お顔も似てます。特に最近の今井さんは、ドンドンお父さんに
似てきていますね。


あと、良く通る、物凄い良い声だった。
世界不思議発見のナレーションやっている方
(家弓 家正さんでしたっけ?)に似ている感じ。
今井さんのあの魅力的な歌声は、お父さん譲りなのかも!

「時間があったら、あっちゃん家に寄ってあげるんだけどね」
とか、何故か凄いサービスが良かったです。男のファンは
あんまり来ないと言う話でしたから、贔屓してもらっちゃったかな?


他に面白かった話は、


お父様「寿は一時期スノボにハマってたことがあって、
そのころは帰りによく家に寄ったりしたよ。
ああ見えて結構アウトドア好きなんだよな。見えないでしょ?」


俺「本当ですか!?確かにイメージと違うかも・・」


お父様「キャンプなんかも好きで、
この間ヒデ連れてキャンプ行ったよ」


俺「あ、ありえねぇ~!」


当時は信じられなかったこの話ですが、後年、これを裏付ける
証言が。そうです、以前紹介した「酒飲み日記」!
あの中で「ヒデと今井はキャンパーだから」って
市川さんとかがいってましたよね!!


あとはお父様がメンバーのことを
愛称で呼ぶのが面白かったです。


「アニィとユータのお袋さんが体壊しちゃってねえ」って話は、
ちょっと心配になりました。以前は飲み屋さんか
なにかをやってたらしいんですが、
今は閉めてしまったのもそれが理由のようですね。
メンバーだけでなく、そのご家族も仲が良いんですねー。


駅に向かう途中、向こうに延びる国道を見ながら
「昔はこんな道が無くてね、新潟まで6時間くらいかけて
寿を海水浴に連れてったよ」と話すのを聞いて、
なんだかまたウルウル来てしまいました。


今井さんが幾つになっても、お父さんにとっては
大切な子供なんだよなあ・・・


さて、夢のような時間はあっという間に過ぎ、
新町の駅に着きました。


何度も頭を下げる僕に「良いから良いから。気をつけてね」
と言ってくれたお父さん、本当に、本当にありがとうございました。
この思い出は、一生忘れません。


都心へ戻る電車の座席に座りながら、僕は
お父さんがいっていた
「寿やあっちゃんたちも、この電車で東京にいったんだよ」

と言う言葉を思い出していました。


みんな生まれたときからスターだったわけではない。
普通の若者が、音楽で成功する事を夢見て、
この電車で旅立ったんですよね。


どんな気持ちだったんでしょうか。
不安だったのか。それとも希望で満ちあふれていたのか。


僕には判りません。
けれど、一つ言えるのは、この街は紛れもない
メンバーの皆さんの故郷であり、
BUCK-TICKを生んだ土地であり、
大切な家族や思い出が今も残っている場所だという事です。


思いつきで始めた旅でしたが、
訪れて本当に良かったと思います。


--------------------------


長々と付き合っていただきありがとうございます。
これで、このシリーズは終わります。
最後にこの旅を振り返り、エピローグの代わりに。


そして半年間ブログを応援してくれた皆さんに、
感謝の意を込めて、この曲を送ります。


「希望の歌をくちずさみながら 
空虚の谷を君と歩いてきた
今日までも そして明日からも 


限りなき旅は続く わき出るような痛みに 
突き動かされ 歩きつづければ
目の前に 今こそ扉は開く

 
変わり続けてゆくだろう 時も宇宙も未来も
そして僕も 変わり続けていく 
それこそが 新しい全てをつくる


限りなき旅は続く わき出るような痛みに
突き動かされ 歩きつづければ 
目の前に 今こそ扉は開く」



(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

« 特別企画 少年は聖地を目指す!! 第3章 急転編 | トップページ | しばしのお別れ »

お宝」カテゴリの記事

コメント

アニキの話で泣いたのは私だけでしょうか・・・。
「寿やあっちゃんたちも、この電車で東京にいったんだよ」で、号泣。
子供を持つ同じ親として、その時のお父様の気持ちになって考えたら
とっても切なくなっちゃって。
「今井商店」に行って、こんな待遇されたのはアニキだけなんじゃないかなぁ~。
うらやまし過ぎるぅぅぅ♪
楽しい4日間、どうもありがとう☆

投稿: ちーちゃん | 2007/08/17 18:49

はじめまして。
毎日楽しく読んでいます☆☆
10年ほどBUCK-TICKから離れていましたが、“十三階は月光”のライブ映像をたまたま観て以来、沸々と湧き上がったBUCK-TICK熱に一人盛り上がっている主婦です。
子供が小さいので何かと自由が無い日々、デラシネさんの毎日の更新が楽しみなんですよ~。
中学生時代一緒にファンだった友人に「BUCK-TICKってまだやってんだ~」なんて言われようが、旦那に「またBUCK-TICKの観て・・・・」と呆れられようが、めげません。
四日に亘る企画『少年は聖地を目指す!!』を読んでコメントせずにはいられませんでした!!!
中学時代に行きたいと夢見た『今井商店』の事、しかも今井さんのご家族との温かいやり取りまでも読むことが出来て、本当に感激でした。
なぜだか胸がジ~ンとして涙が出ました。
今、改めてBUCK-TICKをまた好きになれて良かったな~と日々思ってるんです。
最後に行ったライブがLSBだったかさえも思い出せないけれど、次のツアーには何があろうと行くつもりでいます~。
長くなりましたが・・・。
デラシネさん楽しい企画、本当にありがとうございました。
毎日更新、大変でしょうが応援しています!!

投稿: 木精 | 2007/08/17 20:43

良いお話でした。満足です。
子を思う親の気持ち、親を思う子の気持ち。
いつまでも変わらないもの、いつまでも変わって欲しくないものですね。
最近の世の中を見てると、忘れられてたり、忘れがちであったり、
それどころか、現実を追い越してると言いたくなるようなことも。
そんな中で、自分を見つめ直すのにも良い契機にもなる、
素敵なお話だったと思います。
B-Tの音楽が22年間の中で、色々変化していくなかで、
私達が変わらず愛し続けられた理由が、彼らの根っこの部分が、
デラシネさんの4部作から、なんとなく?はっきりと?
伝わってきた気がします。ありがとうございました!!
まさに、RENDEZVOUSの
『あなたに会えてよ良かった 心からありがとう』
ですね。
あなた=B-Tであり、このBLOGで出会った人、
全ての人達に、私も感謝したいと思います。
なんだか、明日からも頑張れそうです。

投稿: trick_bluck | 2007/08/17 20:52

こんばんは☆はじめまして!!
ここにBTファンが!って嬉しくて思わずコメントしちゃいました;
BUCK-TICKという存在を知ったのは実は最近なんですが;(去年の暮れブックオフで何となく買ったアルバムSIX/NINEで、衝撃をうけました 笑)自分が産声を上げた年と同じ年に彼らがメジャーデビューしたことを知り、不思議な縁を感じる(笑)と同時に、BUCK-TICKが常に新しい音楽を生み出しつづけているそのパワーにただただ圧巻させられるばかりです。(さらにデラシネさんが半年ブログを継続されていることにも!自分はミクシーすらすでに放置なので;)
興奮しながらこの4日間をすごしてました!貴重な体験話、どうもありがとうございましたっ!!

投稿: カッパえびせん | 2007/08/17 20:53

ううっ!なんかかなり、じ~~んときちゃいました。
お父様もおば様も素敵です。
遠いけど「群馬」藤岡にはいつか行かなければと思いました。
いいお話をありがとうございます。
私の周りにもBTファンっていなくって、でもそれでも私は大好き度は
増すばかり。
このサイトを拝見して大好き度+今井さん大好き度、さらにアップです。

投稿: らみーちょこ | 2007/08/17 22:11

こんばんわ☆
待ってました!!
おば様ももちろんのことお父様もほんとにステキな方なんですね・・
息子の今井さんやメンバー、ファンのみんなのことを本当に大切に
思っているからこそなんでしょうね。。
お父様の一言一言に目頭が熱くなって、唇かみ締めてしまいました。
ほんとにB-Tのファンで幸せだー!!
アニキ、ステキな企画をありがとう☆
こんな私ですがこれからも応援しています♪

投稿: latte | 2007/08/17 22:37

特別編楽しく読ませて頂きました。

これだけの内容の更新本当にお疲れ様です。

場所は知り合いから聞いて知っていたのですがなかなか機会がなく行けずじまいです。
いつかは僕も『聖地』を目指したいです!!

まだまだこれからもがんばって続けて下さい!

ちなみにうちの子供の名前に『寿』の一文字を使わせて頂いてます。

投稿: B-R | 2007/08/18 00:18

こんばんは。暑さでちょっと体調を崩し、
今日も夕食は食べませんでした。

>ちーちゃん様
僕も自分で読み返して自分で泣いたよ(バカ)
そうか、お子さんが居るとまた僕とは違う
感動の仕方なんだろうなあ・・・
あとちょっとすれば、息子さんが
「おれ東京でデカイ事やってくる」って旅立つ日が
来ますよ・・・って日帰りできるか(笑)
あと、「限りない旅路」の歌詞が自分的に
ジャストで、更に大泣きです。

>木精様
初めまして!そしてお帰りなさい!
特別企画、楽しんでもらったようで良かったです。
LSB・・・いいなあ。お子さんの世話色々大変だと思いますが、時間作ってライブ(特にデイイン)にも
足を運んでみて下さい!
これからもよろしく。

>trick_bluck様
なんとか4回でまとまって良かったです。
本当に、急に来た僕みたいなファンにも
丁寧に接してくれて、素晴らしい方たちでした。
BTメンバーの人柄の良さは、ご両親譲りに
違いありませんね。
暑い日が続きますけど、頑張りましょう!

>カッパえびせん 様
初めまして!そしてお名前で不覚にも笑って
しまいました(笑)かっぱえびせん!
BTデビューがS/Nとは、いきなりヘヴィな
ところから入りましたねー。でも、あれがOKなら
もうあなたは完璧なBTマニアです。
大丈夫、最初の方見てもらえば判るけど、
僕もブログは初めて2日で一度やめてますから!(笑)これからもよろしくね。

>らみーちょこ様
楽しんでもらえましたかー?
僕も更に更にBTの事が好きになりましたよ。
群馬最高!でも八高線はもうちょっと本数増やそうぜ!(笑)

> latte 様
お待たせいたしました。
この企画は、ブログを始めたときに、
大事な節目で必ずやろう!と決めていたモノなので、
自分としても無事に出せて肩の荷が下りました。

投稿: デラシネ | 2007/08/18 00:27

はじめまして。

藤岡のお話が出ていたので思わず書き込みしてしまいました。
まさにあの場所は聖地です!

実は私も始めて藤岡へ行った時は、迷いはしなかったのですが、
電車が1時間に1本という事を計算に入れていなくて、外がまっくらになってから藤岡に着くという、大失敗をしました・・・

駅の近くで今井商店の場所を聞くと「あぁ、バクチク?」と言われました。
駅員さんにも「今日バクチク?」と聞かれます。
やっぱり、有名なんですね!

もう何度か行っているのですが、毎回お父様にお会いします(笑)
「最近のB-Tどう?」とか「昔の曲もまだ聞く?」とか、もうB-Tが好きで好きで堪らないという感じです。
親の愛情を感じさせられました・・・。
そして、「今井商店」と書かれた名刺の様なものをいただきました。

ここ3年くらいは行っていないので、今年はまた行くつもりです。

投稿: あい | 2007/08/18 00:34

コメントありがとうございます。
>B-R様
お子さんに寿とは・・・ってBRさんって
男性の方だったンスか!?てっきりママさん系だと
思ってましたよ。失礼いたしました。

>あい様
初めまして!コメントありがとうございます。
やっぱり有名なんですね。僕も駅員さんに
聞いたときに「あれでしょ、バクチクの?」
って言われましたよ(笑)
あの駅に配属される駅員さんには、代々
「おい、いいか、今井商店というのはだな・・・」
とか先輩が教えてるんですかね(笑)
これからもよろしければ覗いてください。

投稿: デラシネ | 2007/08/18 01:05

はじめまして.毎日大変かと思いますが、本当に楽しみに読ませていただいています。
「BTメンバーの人柄の良さは、ご両親譲り」私も本当そう思います。
残念ながら、今井さんのお父様には、お会いしたことはございませんが、
1●年前、当時はまだお金が無くて、ライブに行くのが精一杯で、いつもお腹をすかせていた私に、メンバーの話をしながらじゃいもを食べさせてくださった樋口家のお母様。
あっつい日は、アイスを出してくださった櫻井さんのお義姉様。
その時、限りじゃなくて、ライブ会場でも、声をかけてくださって感激でした。
本当、嫌な顔せず、いつも親切にしていただきました。

投稿: Me | 2007/08/18 02:22

今井さんへの愛情が伝わってきてウルウルしちゃいました。
それに今井パパの車に乗るデラシネさん、、凄いよう。

以前から今井商店に行きたいと思っていたんですが、
もしかして迷惑?とか考えてしまい行けなくていましたが、
「最近は日本のファンだけでなく、韓国、台湾、香港などから
わざわざ来てくれる子たちがいて嬉しい限り」なんてお話を
聞けたので、安心しました。

車にガタがきてるので、最後の思い出作りに群馬に出掛けて
みようかなー♪


投稿: イトウ | 2007/08/18 02:52

終わり良ければ全て良し!ですね。
やっぱり羨ましい展開になってました。
今井父様も今井叔母様も、優しいですねえ。
人気沸騰期なんかは、かなり大変だったと思いますけど
とっても丁寧に親切に対応してくれてますね。
メンバーを愛称で呼ぶお父様、可愛すぎます。
息子の追っかけというのも。。。やはり子供の晴れ姿は
嬉しいんでしょうね。

メンバー間だけでなく、その家族同士の人間関係の良さも
伺い知ることが出来ますね。

特別企画「少年は聖地を目指す」
大作執筆ご苦労様でした。そして有難うございました。

投稿: わにお | 2007/08/18 10:58

本当に夢のような感動と興奮のお話でした^^ 
今井さんの小さい頃ほんとにかわいかったのでしょうね~
そして離れていても今も愛おしいかわいい息子・・・
ご家族もデラシネさんもメンバーも皆いい人たちで・・・

こうしてBTを「ご縁」としてめぐり合えたことが幸せです^^
どうもお疲れ様でした。ありがとうござました。

投稿: ころ | 2007/08/18 21:04

4日間お疲れ様でした。
3日間は夜中に大爆笑させていただいちゃいましたが、
最終回で泣かされるとは!!!!!
「寿を海水浴」のくだりで号泣、
東京行きの電車のくだりで撃沈しました。
親って子供が何歳になっても親なんですねぇ。
ワタシも反省して親孝行します。
そして子供も叱ってばかりせずかわいがります(笑)

お父様がメンバーを愛称で呼んでらっしゃるのに
心温まりました。
貴重な体験談をありがとうございました!

投稿: hanayo | 2007/08/19 01:14

はじめまして。
今井商店が懐かしく、またウルウルさせられたのでコメントさせて頂きました。
私も行きました、今井商店。あと、ひでさんのご実家ですね。
ひでさんのご実家では、私もサインをお願いしました。
これが一番の宝物ですheart04
B-Tが20年以上もずっと同じメンバーで活動(しかもみんなとても仲が良い)←メンバーの人柄が良い←素晴らしいご家族に見守られている、ということでしょうかhappy01
私自身が高崎出身なので、『群馬』『高崎』というキーワードだけでも、ブルブルっとくるのにそこに『BUCK-TICK』が加わったらもう・・・
という訳で、こちらの記事から3年経っておりますが、コメントしてしまいました。
素敵なお話をありがとうございますshine

投稿: 黒桜桃 | 2010/11/19 03:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/16147227

この記事へのトラックバック一覧です: 特別企画 少年は聖地を目指す!! 最終章:

« 特別企画 少年は聖地を目指す!! 第3章 急転編 | トップページ | しばしのお別れ »