« 終わりなき入札 | トップページ | ホワイトナイト »

激震!株主総会

第3話より4年後の、2004年。
アメリカの本社より、日本有数の電器メーカー
「大空電機」の買収を命じられるホライズン。


大空電器には、銀行を辞め、企業再生コンサルティング会社を
立ち上げた芝野の姿があった。
数多くの企業を復活させた手腕を評価する一方、
冷酷な人員削減等その手法から、
「首切り屋」「コストカッター」との批判も受けていた。


一方、東洋テレビの三島由香は、4年前のスクープにより
頭角を現し、遂にニュースショウの看板キャスターとなる。


それぞれの道を歩み始めた3人は、再び巡り会う・・・


舞台となる大空電器はカリスマ経営者の元、
日本企業の典型的な経営スタイルで発展してきたが、
故に近年のグローバル化に対応できず、瀕死の状態・・・
モデルとなったのはこの辺りではないかと言われている。


第4話「激震!株主総会」はNHK総合で22時から。


(株価(ランキング順位)下落防止の為、クリックしてくれると助かるな)

« 終わりなき入札 | トップページ | ホワイトナイト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/16203586

この記事へのトラックバック一覧です: 激震!株主総会:

« 終わりなき入札 | トップページ | ホワイトナイト »