« おかずな夜 | トップページ | 君無しじゃ生きられないんだ »

SIX/NINE解説11 密室

シリーズの続きです。


この曲は、ギシギシと張り詰めた雰囲気の
S/Nの中では、一番聞きやすい、
それまでのBTの曲に近い感じの曲ですね。


人気も高く、今でもデイインなどで演奏されたりします。
歌詞も素晴らしい。当時の櫻井さんの「僕は綺麗だけど醜い」
と言う美学が結実したかのような曲です。


あんなに美しい人が、逆に醜さ、そしてその哀しみを歌う。
だからこそそこに説得力、深い感動が生まれます。


でも、歌詞を読むと、結構怖い内容ですよね。
「君を奪いたい全てを 誰も邪魔させない ああ誰にも」


「例え嫌われ口も聞かない ああそれでも君がいれば」
「君の痛み知り 僕の喜びは君に」
「君の傷口に 僕の溢れ出す愛を」

そして極めつけは

「あなたは僕だけのものでいて」

つまりこれは、愛する女性を思うがあまり、監禁し
一生自分の手元に置いておく、と言う内容です。
狂人のラブソング、とも言うべき・・・


こんなに君の事を痛めつけているけど、
それは君の事を愛しているから何だ、判ってくれ
と涙を流しながら、拘束している様な・・・


文章にすると本当に悪趣味な感じなんですが、
不思議とこの曲からはそんな事は感じられないんですよね。
歪んでいるけれど、むしろ純粋な愛の唄・・・
2曲目のlove letterにも繋がりますね。


そしてこれに、ヒデの泣かせるメロディが乗るわけです。
人気がないわけがありません。


この曲はS/Nの中でも、かなり重要なポジションです。
試しにこの曲を外してS/Nを聴いてみてください。
随分とイメージが変わると思います。
音的にかなり尖ったこのアルバムですが、
この曲がある事によって、ギリギリで破綻するのを
留まっている。そんな素晴らしい曲です。


ヒデの曲はいつもそうですね。1枚のアルバムに1.2曲しか
入らない事が多いのですが、とても大切な曲が多い。


今井さんの天才的・変態的(笑)センスにばかり目を取られ、
埋もれてしまいがちなヒデですが、彼がいるからこその
BUCK-TICKであり、彼がいなくてはダメなんですよ。

そんな事を改めて実感させてくれる名曲です。

そういえば、例のリメイク第3弾の「M」、
デイインでも良くやるし、イニシャルもあっているのでこの曲も
一応候補に入りますが、やっぱりヒデ作曲という事で
可能性は薄いですかねー。

「僕は醜さにいつも哀れみの唄を そうして傍にいて微笑んで
僕の醜さにいつも溢れ出す愛を だから此処にいて 
泣かないで 貴方は僕だけのもので居て」 櫻井敦司


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

« おかずな夜 | トップページ | 君無しじゃ生きられないんだ »

SIX/NINE」カテゴリの記事

コメント

あ、コメント見ててトップページに戻ったら新しくなってる。
今度は「密室」だわ。ヒデ曲ですね。
S/Nの中にあっては確かに異質だけど、これでちょっと
止めていた息をホッと吐き出せるような気がする曲でした。

あっちゃんの歌詞には、顔のことを否定的に唄ったものが多いですね。
「DOWN」の「崩れだした俺の顔で お前は笑うだろう」だとか。
「REBORN」の「殺したはずの顔が微笑んだ 突キ刺サレタ
俺の顔」だとか。

彼は自分の顔に逆コンプレックスがあるように思います。
あまりにも美しいが故に。多分まず誰もが彼のルックスに
目がいくと思うんですよ。でも次第に彼の中には
「自分は何をやっても顔しか見てもらえてないんじゃないか」とか
「自分は中身なんてどうでもいいんじゃないか。誰も中身は
評価してくれないんじゃないか。この顔のせいで」とか
そんな思いが常に、葛藤としてあったような気がするんです。

平凡な人間にはうかがい知れない苦悩が、非凡なものを
与えられた人間にはあるんだろうなあ、とそういう歌を聴く度に
思っていました。
ま、勝手な想像かもしれないんですけどね。。。(^^;)

投稿: わにお | 2007/07/22 21:51

ついに、『密室』解説ですね。
デラシネさん、相変わらず素晴らしい解説です。
わにおさんのコメントもズバリって感じですね。
この曲大好きなんですよね。櫻井節全開な感じで。
SIX/NINE以降、ライブで演奏されなくもったいないなぁと思ってました。
そしたら、WARP DAYSのNKホールで久々に、、、
あのDVDの櫻井さんのドアップ、女性陣にはたまらないのでは?
以後、THE DAY IN QUESTIONなどで、
コンスタントに演奏されるようになり、嬉しい限りです。
この曲がMだったら、それはそれで嬉しいですね。
個人的には、MISTY BLUEも希望ですが。

そう言えば、前述の番組観覧ですが、
SOPHIAの松岡さんが司会のときの「BEAT MOTION」、
観覧に行きましたよ。ライブ収録だけで、追い返されました。
『ROMANCE』『DIABOLO』『Goblin』『ALIVE』『残骸』と、5曲聴けました。
でも、後日放送はビデオの録画には失敗しました。残念。

投稿: trick_bluck | 2007/07/22 22:23

こんばんわ。
やっぱりアニキの解説すごく好きです☆

私大好きなメンバーの中でも特にヒデファンです。。
ヒデの曲ってすごい大好き。
胸キュンなんですよ、いつも 笑
アニキの言うように名曲そろってますよね!

投稿: latte | 2007/07/22 23:11

latteさん同様、アニキの解説すごく好きです☆
そ~なんだぁ!すご~い!って解説を読んでひたすら関心しています。何にもわかっていないで聞いてるのと、解説を読んでから聞くのじゃ全然感じ方が違うし♪
ヒデの曲って、ホッとするなぁ~。

投稿: ちーちゃん | 2007/07/22 23:54

trick_bluck様
あの「BEAT MOTION」を観覧に行っていたんですね。羨ましい。
ボケたり突っ込んだり、ご機嫌あっちゃんのトークを聞けなかったのは
残念ですけど。。。観客がいると喋りにくいんだろうな。

TVで観ていて、「残骸」の前に絶対数曲カットされてる、と
思ってました。
だって「DIABOLO」終わりでは、そんなに汗かいてないのに
「残骸」始まりでは、すっごく汗かいてるもん。。。
何をやったのか気になっていたので、すっきりしました。
有難うございますwww。

投稿: わにお | 2007/07/23 16:08

コメントありがとうございます。ここ数日ちょっと
忙しくて、返事が遅れ気味でごめんなさい。

>わにお様
そうなんですよ、まさにおっしゃる通り。
その辺りは「愛しのロックスター」ま曲解説で
書こうと思っています。
常人には伺い知る事の出来ない、深い苦悩が
櫻井さんにはあるんでしょうね。
そういえば美人の人も、同じような事考えて
落ち込んだりするって言いますよね。

>trick_bluck 様
マジッスかー!
あれテレビで観たけど、スゴイ盛り上がってて
羨ましかったんですよね。東京にいる人は
いいなあ・・・
最前列の真ん中辺りで頑張っていた、
眼鏡のお姉さんが、スゴイ好みです(笑)

>latte様
ヒデは数は少ないですけど、打率が高い、
サッカーだとスーパーサブのような存在ですね。
必ず期待に答えていい仕事してくれます。

>ちーちゃん 様
ヒデの曲は癒し系ですよねー。
ジュピター、ドレス、幻想の花・・・
ファンに洗脳する時は、まずこの辺りを
先発隊として送り込みます(笑)

>わにお様
ALIVE聞けたのはズル過ぎですよね!
っていうか、みんな結構観覧行ったりしてるんだなあ。
俺もハガキ出してみようかなあ。

投稿: デラシネ | 2007/07/23 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/15846672

この記事へのトラックバック一覧です: SIX/NINE解説11 密室:

« おかずな夜 | トップページ | 君無しじゃ生きられないんだ »