« アニイじゃなくてマンニィ | トップページ | 素晴らしい 破壊 そして誕生 »

SIX/NINE解説10 デタラメ野郎

誰もが諦めかけた頃にひっそりと更新される、
そんなシリーズの続きです。


でも前回の更新から、、まだ1ヶ月位だったんですね。
この間コメント欄で怒られたので(笑)半年位放置していたような
気がしていました。我ながら毎日更新はやっぱり凄い・・・


前の曲が今井ワールドならば、
この曲は櫻井ワールドといったところです。


当初「唄」ではなくこの曲をシングルにしようと、
櫻井さんは熱望したそうですが、
メンバー内の多数決で敗北。
結構凹んだそうですが・・・やっぱり民主主義は大事?


曲はノイジーなギターのリフが印象的です。
このアルバムの中では一番テンポが速いかな?


歌詞は、今までの自分を思いきり自嘲したモノですね。
格好付けて、偉そうなこといって・・・
オマエ=自分に、何がわかってるんだ、おい?
と問いかけているような、否定しているような。
もはや絶望を通り越して、自棄になっているような。


当時は精神的にかなり参っていた(吉川晃司さんの話によると、
睡眠薬も服用していたそうです)
櫻井は、本当に死を考えていたのかもしれません。


しかし、それすら許されない自分。
商業主義に振り回されて、生きる自由・死ぬ自由すら
無い自分は、いったい何なのだ?


そしてその表現がまた凄い。


うおおおっー


シャウトじゃないですよ。歌詞です。
ちゃんと歌詞カードにこのまま載ってます。


カリスマとあがめられ、祭り上げられた自分は、
そのくせ何一つ自由がない。
だが、もういい。悩むのはやめだ。
やってやるさ。やりたいように!
そんな思いがほとばしり出ています。


当時セールスでも常にトップを争い、
メジャー中のメジャーにいたバンドがこんな曲を
書くなどと、全く常識外れのことです。
実際、レコード会社からはかなり色々言われたそうですが、
それを振り切って、やりたいようにやったのがこの曲であり、
このアルバム自体がそうです。


「笑いたかったら笑え」


は、自嘲的であるとも取れますが、それ以上に、
周りがなんといおうと俺は俺の道を行くという決意を
叫んでいるのかもしれません。


最近はライブでもほとんどやらないので、
久しぶりに聞きたいと思う反面、
あの時期・あのときの櫻井さんだからこそ
表現できる曲だとも思うので、
このままでも良いのかな・・・


当時は黄色い泉の意味がわかりませんでした。知り合いは
「・・・お○っこの泉?」とか言ってました。おい!(笑)
皆さんはすぐにわかりました、黄泉のことだって・・・?

「存在理由オマエが死ねば 何の意味もない軽い言葉だ
軽薄な俺さ酷い顔して 存在理由 存在理由と」  櫻井敦司

Six/NiNe (デジタル・リマスター盤)


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

« アニイじゃなくてマンニィ | トップページ | 素晴らしい 破壊 そして誕生 »

SIX/NINE」カテゴリの記事

コメント

睡眠薬まで服用していたなんて、かなりの重症ですね。
落ちるとこまで落ちた感たっぷり。
あっちゃんと吉川晃司さんって、お友達なんですか?
それにしてもPVのあっちゃん、スゴイ顔!!

投稿: ちーちゃん | 2007/07/15 20:44

「デタラメ野郎」はとっても好きな歌です。
引用されている歌詞の「何の意味も無い軽い言葉だ」
のところの唄い方とかすごく好きです。
これの♪ガデムモーター超フル回転♪と
「細い線」の♪もうどうでもいい、ランランララン♪の
歌詞は衝撃的でした。
あっちゃんの精神状態は最悪だったようですけど。

LSBのチケが取れなくて、やっとS/NでB-Tのライブに
参戦し始めた私は、当時「B-Tって、すごく観客を突き放した
ライブをするバンドなんだな」と思ってました。
何か今となっては懐かしい。。。

投稿: わにお | 2007/07/15 22:32

わっ!復活してる!!
催促はしてみるものですね(どんな)。
なんとなく2~3ヶ月くらい過ぎたような気がしてたのですが1ヶ月ですか~変ですねぇ?←私がです。

でもやっぱりデラさんの解説は最高です。目から鱗的な、黄色い泉で黄泉( ̄_ ̄)そっか~今まで気付かずに私は何だと思って聴いてたんだろ凹凹
もしもこの曲がシングルだったら……無いな…(笑)。

当時をリアルタイムで御存じの方を羨ましく思います。BUCK-TICKの歴史の中でも特別な時期だったような気がして、後からやって来たファン(私)などは臍を噛みまくりです。

投稿: 螺旋X | 2007/07/15 23:14

SIX/NINE解説!久しぶりですね。
睡眠薬は初耳で驚きました。無事でよかった~!

子供達が寝付けないと言うので、SIX/NINEを子守唄に
ドライブしてきました。
学校サボって武道館の2Daysに行ったのを思い出します。

投稿: イトウ | 2007/07/15 23:19

こんばんわ☆
待ってました♪
睡眠薬・・初めてききました。。
この頃は離れていた時期だったので
そこまであっちゃんが悩んでいたとは
知る由もなく・・
この頃辛かったんだね。
いつもデラシネさんの解説をふまえて
改めて聞きなおすとすごく深いです・・。

投稿: latte | 2007/07/16 01:07

ぉはぃょ。コメントありがとう。

>ちーちゃん様
吉川さんとは結構仲が良いそうですよ。
インタビューの話の仲に良く櫻井さんの話が
出てきています。そういえば最近出した
CDのタイトル「狂った太陽」だったような(笑)

>わにお様
僕もS/Nのライブは1本だけ行きましたが
ステージと客席が(物理的な意味ではなく)
遠い気がしました。誘った友達は、あれ以降
二度と一緒に行ってくれなくなりました(笑)
でも、ああいったライブも嫌いではありません。
ずっとだとキツイですが・・・

>螺旋X
たまにお尻を叩いてくれると、
こちらとしても励みになります(笑)
S/Nは、音楽的には同じようなモノが
今後も作られるかもしれませんが、
あの世界観というか、詩・ライブでのパフォーマンスは
もう二度と見れない気がしますね。
1回だけですが、ライブ見ておいて良かったと今は
思っています。当時は「あっちゃん冷てーなー」
とか思ってましたが(笑)

>イトウ様
曲中にも良く聴くと後ろで「睡眠薬をバーボンで!」
って叫んでますよね。
自分には「森林浴を、守って!」に聞こえて
仕方がありませんが(笑)

> latte 様
S/Nの時期は相当参っていたようです。
当時はホントに自殺するんじゃないかと
心配してました(少し前にカートコバーンの
自殺などがあったので・・・)

投稿: デラシネ | 2007/07/16 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/15760184

この記事へのトラックバック一覧です: SIX/NINE解説10 デタラメ野郎:

« アニイじゃなくてマンニィ | トップページ | 素晴らしい 破壊 そして誕生 »