« 櫻井敦司は群馬を語り、樋口豊は教習所を語る | トップページ | BUCK-TICKライブ@Zepp Tokyo 最速レポート&セットリスト »

BUCK-TICKライブ@Zepp Tokyo

七夕のニュースで、「彦星」が「英彦」に
見えてしまう末期的BT患者のデラシネです。


今日のライブは土屋昌巳さんとの共演ですね。
コメント欄で教えていただき、紹介するタイミングを
待っていたのですが、こちら
土屋昌巳氏のインタビューが読めます。


土屋さんの事は以前から少しは知っていましたが、
トリビュートアルバムで僕はショックを受けました。


他のアーティストの作品もどれも良かったのですが、
その中でも土屋氏のカヴァーした「見えないものを・・・」
は、正直、本家BT版を越えたかもしれない、と感じたのです。


それ以来ずっと彼の事が気になっていたのですが、
このインタビューを読んで納得。格が違う。


かなり内容が濃く、深い内容なのですが、
Vol.9で櫻井さんの話が出ています。


その中で、櫻井さんが
「僕は自分で責任が取れないことは歌いません」と
言っている事に対し、非常に評価しています。


「すごいなあ、この人。日本中のボーカリストがみんな
この人みたいな考えで歌ったら、絶対売れたことによって
弊害になるようなことって起こらないはずなんですけどね」


インタビュー全体を読んでもらえば判りますが、
土屋さんはかなり厳しく現在の音楽シーンを批評しており、
音楽に対し相当にストイックな方だと伺えるのですが、
そんな方に評価されているのは、ファンとして嬉しいですよね。


確かに櫻井さんは以前インタビューで、
歌詞で色々過激な事を書いていて、これを読んだファンが
悪い意味で影響を受けてしまったら、と凄い悩んだ時期が
あった事を語っていました。
時期的に言うとDTDからS/N辺りだった気がします。


しかし、悩み抜いて、その結果
「どんな事になろうとも、それを背負っていこう」
と決心したという事も話していました。
それが前述の「責任を取る」という事に繋がっていったのでしょう。


素晴らしいですね。
ヒットチャートを賑わす多くのアーティストが
耳障りの良い言葉ばかりで、その場さえ楽しければ、
感動できればいいや、という、いわば
「消費物」的に音楽を量産しているのに対し、
BT、そして櫻井さんは、毎回相当に
苦悩しながら作品を生み出しているのです。


しかしだからこそ、毎回素晴らしい作品が生まれ、
流行廃りの激しいシーンの中で色褪せることなく、
20年の長い時が経過しても
多くのファンが付いてきているし、更にフォロワーや、
新たなファンも獲得していっているのだと思います。


考えてみれば、キャリア20年を超える
いわば大御所なので、ある部分では評価されて
当然という面もあるのですが、メンバーがそういった態度を
おくびにも出さないところが、多くの支持者を
生んでいる理由なのかもしれません。


常に他者へのリスペクトを忘れず、傲慢にならず、
しかし自分たちの作品には自信を持ちながら、
常に挑戦者・探求者たる。素晴らしい事だと思います。


さて、今日はその土屋さんとどんなステージを見せてくれるのか、
楽しみですね。見に行かれる方は、また是非
コメント欄に書き込んで下さいね。お待ちしております。


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

« 櫻井敦司は群馬を語り、樋口豊は教習所を語る | トップページ | BUCK-TICKライブ@Zepp Tokyo 最速レポート&セットリスト »

LIVE」カテゴリの記事

コメント

今日もまたお留守番組。。。
今頃ライブ終わって皆興奮してるんだろ~なぁ♪
レポートが楽しみですね☆

投稿: ちーちゃん | 2007/07/07 21:27

こんばんは。

デラシネさんが↑でおっしゃってることに、
うん、うん、と相づちを打ってます。
同じ考えに人がいると嬉しくなりますね。

PCの件ですが、ダウンロードしてみました。
でも、
「アプリケーションがみつかりません」
と表示するんですo(>_<)o
やはり、頑張ってノートPC繋げるしかありません。
私に繋げるのかw(゜o゜)w
>わにお樣
応援ありがとうございます。
天国(B-T)目指しま〜す。

投稿: えすえす | 2007/07/07 21:47

土屋さんとあっちゃんお友達だったんですね。知らなかったー!
Liveはどんな感じなんですかね?気になるぅ。

「僕は自分で責任が取れないことは歌いません」なんてなかなか
言えないですよ。どこまでかっこいいのさっ!!
デラシネさんの言われるように、DTDからS/Nの時期って相当
辛そうでしたもんね。
S/Nの時に今井さんの曲作りが遅れに遅れて、工場を止めた
なんて伝説も生まれましたね(笑)

苦しみの果てに素晴らしい音楽が生まれてるんですね。

投稿: イトウ | 2007/07/07 22:52

こんにちは。
デラシネさんの解説が加わって、
更に櫻井さん、土屋さんの音楽への向い方がくっきりと、
浮かび上がってきますね。
更に、デラシネさんの櫻井さん、B-T、音楽への愛情も伝わってきます

櫻井さんのソロのときに、土屋さんは、
「自分ほど櫻井君をプロデュースできる人間はいない!」
というようなことを、何かで読みました。
事実、『新月』は素晴らしい曲でしたよね!!
『見えないもの』も評価も、デラシネさんのように、
本家を超えるかもという感想を抱くのは、
土屋さんがB-Tに本気で向き合ってくれたからですよね。きっと。

今日のライブ行きたかったなぁ。落選してなければ!!
どなたかレポあげてくれないですかね。期待してます。
某巨大掲示板では、『見えないもの』で、櫻井さんが登場されたとか。
櫻井さん、ニコニコだったんでしょうね?

タイミングを逸したので、ここで書き込ませていただきますが、
清春さん、良いですよね。
私は、『Like A Angel』が一番好きです。もちろん『少年』も。
『feminism』というアルバムは、本当にすきでした。
『優しい悲劇』とか、名曲揃いですよね。

土屋さん、清春さんは、フェスまで我慢ですね。
刺激されてしまったので、両方の『見えないもの、、』と『新月』を、
聴きたいと思います。

投稿: trick_bluck | 2007/07/07 23:01

こんばんは。
Zepp Tokyoから帰ってきました。
簡単ですがご報告いたします。
土屋さんの時に「見えない~」を100回歌の練習をしたので聞いて下さいとMCをして、そのあと歌うかと思いきやあっちゃん登場。
土屋さんが終わってB-Tが始まったと思たらサプライズゲストabingdon boys school登場。。
場をさらに温めてB-T登場。
一曲目であっちゃんのパンツが破れたらしくMCでいってました。
本編はそのまま行いアンコールではツアーTとジーンズ姿で登場珍しい格好に感動しました。
簡単ですがこんな内容でした。
文章が汚くてすいません。

投稿: B-R | 2007/07/07 23:21

きゃあああ。東京のレポが上がってるううう。
B-R様、有難うございます。
ジーンズ姿でライブなんて初めてなんぢゃ。見た~い!
土屋さんは、あっちゃんの歌唱力も褒めてくれてましたね。

S/Nの頃、悩みに悩んでIssayさんにデュエットを
お願いしたりしてましたね。
Issayさんといい、土屋さんといい、素敵な先輩が
いてくれるのはB-Tにとって有難いことだと思います。
今頃、その先輩と飲んでるのかにゃーー。

投稿: わにお | 2007/07/08 00:32

こんばんは、コメントありがとうございます。

>ちーちゃん様
今日は東京だったんですよね。
行った人も多いのかなあ。

>えすえす様
頑張って繋ぎましょう!
w(゜o゜)w←この顔文字が好きです。
ウーパールーパーみたくて可愛い(笑)
あと、何度か投稿がダブっていましたが、
1度だけ送信していただければ大丈夫ですよ~
(送信完了、とかでないので判りづらいですが・・・)

>イトウ様
DTDやS/Nの時の苦しみから逃げずに、
それを乗り越えたからこそ今があるのだと思います。
でも、今井さん的に一番のスランプは、
「ブランニューラヴァー」の頃だったらしいですよ。
ちょっと意外。

>trick_bluck 様
ようやくインタビューを紹介する事が出来ました。
新月、良い曲ですよね。
やっぱり東京は競争率激しかったみたいですねー。
あっちゃんの飛び入りは、B-R様の情報からも
確実なようですね。羨ましい!
僕もLike @ Angel 好きですよ。あれはライブでも
ラストにやる事の多い、黒夢の代表曲ですからね。
アルバムだとCORKSCREWが好きです。
あれを聞くと、尖っていた頃の自分を思い出します。
最近は心も体もすっかり丸くなってしまいました・・・

>B-R様
おお、貴重なレポートありがとうございます!!
あっちゃんの飛び入りに加え、
abingdon boys schoolまで・・・
入手困難な事もあるし、まさに今夜のライブは
プラチナチケットでしたね。羨ましい!
また書き込みして下さいねー!

>わにお様
Issayといえば、さっきニコニコの動画で初めて
喋っている姿を見ました。格好いい・・・
そういえば色々とレアな動画をアップして頂いている
あの方からメールいただきましたよ。
このブログも見ていただいているそうで、
これがまさにWeb2.0ってヤツですか?(ちょっと違うかも)


投稿: デラシネ | 2007/07/08 01:17

デラシネさん皆さんこんにちは。
東京、見に来てたみたいですよ。岡崎さんとか某Dさんとか某元LのSさんとか。かっちゃん見たいなぁ。留守番だから、東京見れた人達うらやましいなぁ。


今井さんのわんこさん、負さんBJさん別犬ですよね、記憶混乱してます?コッコだかリボンだかがゆうたさんのわんこさん?

投稿: にゃあ | 2007/07/08 10:04

にゃあ様こんばんは、コメントありがとうございます。
LのSさんってSUGIZOさんですよね。Dさんは・・・
デランジェ?
今井さんのペットの犬は僕も良くわからないんです
けど、なんか同じ犬に名前が二つあるというような
話が・・・(今井さんはBJにしたかったけど、
市川さんか誰かが負って呼んでたとか・・・
あれ、違ったか?)

投稿: デラシネ | 2007/07/08 18:55

Web2.0って何?
ついていけてなくてごめんなさい~。
UP主の方には、この場を借りてお礼申し上げます。
いつも有難うございます。楽しませていただいています。
こうやって何気にB-Tの輪が広がっていくのって素敵ですね。
と書いてみたけど、 ↑って「いいとも」みたいちょっと合わない。

にゃあ様
わんこは、デラ様の言う通り、BJを市川さんが「負」と
呼んでたような記憶がある。「100%の負のパワー」の「負」。
Coccoはヒデの犬で、これもヒデがCoccoと名付けたのを
ヒデ曲ヒット記念に、市川さんが「ジュピター」と呼んで、
結局それになったと思う。「じゅぴ太」って書いてたよね。
Coccoより「じゅぴ太」の方が可愛いよ。

投稿: わにお | 2007/07/08 19:16

100じゃないや。「200%の負のパワー」でした。
100%ってフツーじゃん。
訂正してお詫び致します。

投稿: わにお | 2007/07/08 19:31

こんばんは。
わにおさんありがとうございます!負ですよ!負!市川哲史が名付けた負!たとえ飼い主がBJと言い張っても負!
コスモスツアーぐらいに連れて来ていてステージに上げたら、……。慌ててる今井さんがお素敵でした(笑)。たぶんFTか雑誌かなにかに掲載されていたような?また探してみます。

投稿: にゃあ | 2007/07/08 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/15682671

この記事へのトラックバック一覧です: BUCK-TICKライブ@Zepp Tokyo:

« 櫻井敦司は群馬を語り、樋口豊は教習所を語る | トップページ | BUCK-TICKライブ@Zepp Tokyo 最速レポート&セットリスト »