« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

あ゛ーーーー!!!!

デラシネだよぅ。もう土曜日の午後だって言うのに、


未だに会報が届いてないのはぁー、何処のどいつだい?


あたしだよ!!!


(にしおかすみこの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックしてくれたら会報は届くの?)


| コメント (9) | トラックバック (0)

小学生のようなBUCK-TICKです。

本を読んでたら目が冴えてしまったので更新する午前3時前。
BTの旧作が紙ジャケになって再販されるようですね。
2002年に出たヤツを買いそびれてしまった人にはお勧めかな?

1 SEXUAL XXXXX!
2 SEVENTH HEAVEN
3 TABOO
4 悪の華
5 HURRY UP MODE
6 狂った太陽
7 殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits
8 darker than darkness -style93-
9 Six/Nine
10 COSMOS
11 CATALOGUE 1987~1995
12 B-T

※2は当時のアナログ盤と同様、ブックケース収納、写真集付き
※6は当時のCDモチーフ、透明ブックケース仕様
※9は当時のCDモチーフ、レッド・ブックケース仕様
※12は2枚組


生産限定で、ロゴステッカー・シート封入が付くそうです。
また、まとめて買った場合は先着で
全タイトル収納ケースが付くようです。


ただ、これボーナストラックとか、そういうのは
あるんですかねー。新規の方には良いかもしれませんが、
1枚2520円とちょっと高めなので、
従来からのファンにはあまり希求するモノがないような気もします。
ケースとかはちょっと気になりますが。


前回の時のように復刻CDプレゼントとかやると良いんですが、
でもそうするとまたセット購入しないとならなくなるので、
既にフルセット持っている自分には厳しいです。


しかし今回の再販にもROMANESQUEは入っていないんですね。
メンバー的には封印したい過去なのかなあ。
結構良い曲入ってると思うんだけど。


8月8日発売のニューシングルAlice in Wonder Underground
ジャケットも公開されていますね。Aj1
Aj


ここ最近のCG系のヤツとはまた違った雰囲気。
個人的にはこういうデザインの方が、何か物語を
感じさせて好きですね。


そういえば久しぶりにライジングサン・ロックフェス
ページ見たら、メンバーからのメッセージムービーが
公開されてましたよ!これがまたイイ!!
Rz


ヒデのシルクハット!!アニイもオシャレな感じ!
これはAlice~のPVの撮影用の衣装か何か
かもしれませんね!不思議の国のアリス的な雰囲気が
漂っています。みんなかーわいい!
(人生の大先輩に可愛いとか言うな)


そしてみんなのメッセージも堪りません。

「北海道の印象はどう・・・?」

「涼しい?」「美味しい」


「・・・小学生のようなコメントです」というあっちゃんに大爆笑


そして「締めて下さい」といわれて

「カニ」

と答えるアニイも最高です。あんたら仲良すぎだろ!!(笑)
大嫌いなクイックタイムを入れた甲斐がありました。
皆さんも是非。


しかしこのフェス、改めてみると凄い顔ぶれですよね。
井上陽水に木村カエラ、Coccoにクロマニョンズ
スカパラ、ビークル、Dragon Ash・・・
そして伝説のレピッシュの復活・・・!


北海道かー・・・行きたいなぁ・・・



(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (7) | トラックバック (0)

会報が届きました!

(・・・という記事を書く予定だったのに、なんということだ、
まだ届いてないぞ・・・マズイ・・・これはマズイぞ・・・


このままでは俺の住むところがどんだけ田舎やねんってこと
がバレてしまう・・・ヒルズの高層階から夜の都心を見下ろし、
バスローブを羽織りドンペリの入ったグラスを傾けつつ
書いているという設定がッ・・・


それどころか、近くを走る私鉄が2両編成なのに
通勤通学ラッシュ時でも座れるくらい空いてるとか、
最近やっとちゃんこダイニング若が出来ましたとか、
そういったことまでバレてしまいかねん・・・!


このデラシネの、植物のように平穏に暮らしたいという
ささやかな望みが崩れてしまう・・・どうする・・・?


そうだ、会報が届いたフリして書くか?
だが内容が分からん・・・外れていたら大変なことになる・・・
落ち着け・・落ち着くんだ・・・(ツメを噛みながら)


まず猫だ・・・あっちゃんの猫は今回も可愛かったですね、
と書いておけば間違いないだろう・・・そこだけは確実なはず・・・


U1グランプリは確か「沖縄」・・・
ソーキか・・・いや・・・ちんすこう、シークワサーもありえる・・・


まてよ、ユータはベスト3に菓子、それも煎餅を
入れる確率が高い・・・過去5回で1位に煎餅を
選んだことが2回もある・・・3位までの連帯率で言えば
100%だ・・・No.41と43に至っては煎餅が
1.2フィニッシュ・・・これは間違いないッ!


ググってみると・・・亀の甲せんべい!?
イカン、これは厳しい・・・クソッ、
いや、落ち着け、落ち着くんだ・・・(素数を数えながら)


そうだ、もう一つ確実なことがあるぞ。色だ、
背表紙の色・・・これは法則がある、今号は白のはず・・・
よしよし、大丈夫だ、上手くやれる、不安なほど。
闇は純粋にも扉を開いている・・・


何だと!2005年の最初(通巻35号目)は
この法則から外れている!バ、バカな・・・これではマズイ・・・


こんな時は何か上手いことをいって、この場を逃れよう・・・
嘘を散らかし下心隠し手当たり次第にケースバイケースだ・・・


「日常生活で、人々が正直なことを言うのはなぜか。
神様が嘘をつくことを禁じたからではない。
それは嘘をつかない方が気楽だからである」

ジョージ・バイロン(イギリスの詩人)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!)


今日も会報が届きませんでした!ヽ(`Д´)ノウワーン


・・・嘘はついちゃいけませんよね。


おまけ
ちょっと心に残った「嘘」に関する名言?

「架空の彼のアリバイ作りが大変」 カレシのいないOLの言葉

ふ・・・深い・・・


皆さんはもう届きました~?(涙目)

(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (7) | トラックバック (0)

ニューアルバムは9月12日発売、タイトルは「天使のリボルバー」!

いきなりのビッグニュースですが、
9月に出ると噂されていた新譜の発売日とタイトルが
決定しましたね。その名も・・・


「天使のリボルバー」!!


こ、これは・・・またまた僕らの予想をブッちぎってくれる
凄いタイトルです。9月12日発売、初回限定版には
「RENDEZVOUS~ランデヴ~」と8月に出る新曲
Alice in Wonder Underground」のビデオクリップ等を
収録したDVDが付くようです。


ライブに合わせてオフィシャルのマネージャー日記
フェスの特設ページのライブレポートも更新されています。


サイズは小さいですが、ライブの写真があるといいですね。
行けなかった僕らでも、より情景を想い浮かべやすくなります。


レポート自体もなかなかですが、こっちに関しては
正直latte様とtrick_bluck様のレポの方が詳細で
より臨場感があるんじゃねぇですかい?
出来のええ構成員持ってワシャ果報モンじゃぁ・・・(涙)


そういえばそろそろ会報が届く頃ですよね。
締め切りのあるお知らせアリ・・・ということは、
天リボ(略すなよ)ツアーがあるのかも!?


早く来い来い会報!と待ってるときに限って、
他の地域より遅れて届いたりして
「どうなってるの!?」なんて問い合わせしちゃダメですよ。


届くまでここをみて癒されましょう・・・・
「ムービー」コーナーの下から2番目・・・


ふ、普段着のあっちゃん・・・た、堪らん!
オレはステージ衣装も好きだが、こういう普通っぽい
服着てる櫻井さんが大好きなのだ!派手な衣装がいわば
「仕事着」である彼らがYシャツ+ネクタイとか、
そういった一般的な服を着るのは、
ある意味「逆コスプレ」的なドキドキ感があって、
櫻井さんの超絶的な美貌と、地味ーな服のギャップが
オレの左胸を熱くするのです。


「全ての萌えの根源は「ギャップ」にある。
ギャップが大きければ大きいほど良い。そこに、アートが生まれる」

フィリップ・マティーグノ(フランスのスタイリスト)


もちろん今考えたデタラメなんで信じないようにね♪

(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (11) | トラックバック (0)

BABY BLUE!なTuesday

BUCK-TICKファンサイトを名乗っているくせに
2日連続でハルカリのことを書く午前3時前。
俺の中でハルカリモーターが超フル回転なんだ。
笑いたかったら笑え。

ちょうど先週新曲がでたみたい。ロケ地カルフール?(笑)

途中で流れるのはあのハイロウズの名曲、
「日曜日よりの使者」では!?

初期はリップスライムのメンバーがプロデュースしていたので、
ヒップホップ・ラップ的要素が強かったけど、
最近はプロデューサーが変わったようで、
ポップな歌ものになってますね。
コアなファンには不評なようですが・・・
ちなみに初期はこんな感じ。

毎回PVが金かかってるというか、凝っているんですよね。

デビュー当時は確か中学生だったと思う。
ダンスコンクールを総ナメにしていただけあって、
踊りにはキレがありますよね。
唄とライムは・・・・まあこれが味ですか。


しかし改めて、なんで俺がハルカリ聴いてるのか
良くわからなくなってきた。どうして聴いているのかこの俺は?


俺が嫌いな要素を全て持っているんだけど・・・
-と-でプラスとかそんな単純な話?
それとも200%の負のパワー?


ルックスだって・・・いや、人それぞれ好みがありますけど、
あんまり好みじゃ・・・ユカリは遠藤の嫁こと千秋に似てる?
じゃあオマエはどんなのがタイプなんだって?
バカモーン!(波平の声で)男子たるもの、
そういったことは軽々しく口にするものではない
初めて付き合った子の名前が「ユカリ」だったので、
この名前を聞くと左胸が熱くなりますが。


でもMP3プレーヤーには常に入ってるんだよなあ。
最近の定番は・・・
BT(殿堂入り)、LUCY、SCHWEIN、デランジェ、木村カエラ、
椎名林檎、特撮(大槻ケンヂのやつ)、LUNA SEA
CRAZE、COCCO、アンジェラアキに
何故かマニックスとREMが・・・


結構メチャクチャでした。ハルカリだけが異端って訳でも
無いのかも。

ハルカリベーコン (CCCD)

(ハルカリなんかどうでも良いからBTネタやれよ!という方はこちらをクリックして頂けると明日から頑張るので今日は許してね)

| コメント (7) | トラックバック (0)

俺は

俺はHALCALI(ハルカリ)はいつかやってくれる、
いつかクルと信じているんだが、
もう3年くらい待ってるんですけど
あんまり来ていないような気がします・・・(急に弱気)


最初に知ったのは、BUCK-TICKのライブを
録画する為にスカパー!の音楽チャンネルを見ていた
時でした。番組と番組の間に、スポットで色んなアーティストの
PVが流れるんですけど、その時目にしたのがこれ。

色んな意味で衝撃的でした。
なんだこりゃ、と思いつつ、何故か耳から離れない・・・
ヒップホップやラップはあまり興味がない、
というよりどちらかといえば苦手なジャンルなんですけど、
何故かハルカリは聴いちゃうんだよなあ・・・


まあこれをヒップホップとか言ったらそのスジの人に怒られそう
なんですけど、このヌルさが堪らなくいいんですよね。
奥田民生やパフィーに通じるような・・・
そう、21世紀のパフィーだと思うんですよHALCALIは!

ハルカ(多分左)とユカリ(おそらく右)でHALCALIなんだから!
目黒区生まれのラブマッスィーン!


そういえばロッキングオンの編集長が、来日した
大物外国人アーティストに、今日本でお勧めの
CDを何枚か渡したそうですが、ZAZEN BOYS なんかの
そうそうたるメンツの中に、ハルカリのアルバムが入っていた、
という話を洋楽好きの知人から聞きました。


彼も気になったらしく、僕がCD持っていると話すと
是非ハルカリを聴いてみたいとのこと。


早速CDかけると、開口一番「なんだこれ」(笑)


「これは・・・正直ナシっすねえ。っていうか、
あなたが一番嫌いなタイプの音楽じゃん!
なんでこんなの聴いてるンスか!」


こんなの・・・とか言わないでくれよ
俺だってなんで聴いてるのか分からねぇんだよ!(笑)
でも好きなんです!このPVがお気に入り。

これ、イントロが明らかにBOOWYのB・BLUE
なんだけど、サンプリングして使ってるのかなあ。
タイトルもBABY BLUE!だし・・・
何か関係あるんだろうか。どなたか詳細プリーズ。


音樂ノススメ


(ハルカリの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。 面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (6) | トラックバック (0)

 BUCK-TICKライブ@Zepp福岡 セットリスト 吐き気がするほどロマンチックだぜ

福岡のライブも盛り上がったようで、
PARADEもいよいよノッてきましたね。


今回の共演は遠藤ミチロウ氏だったのですが、
なんと最後の曲で今井さんとセッションしたとか!
スゲエ!見たかったー!


曲は「飯喰わせろ」って曲だったそうですが・・・
あれ、たしかINUの曲で「飯喰うな」ってあったような・・・


と思って調べたら、やはり関係があるらしく、
どうも飯喰うなに対するアンサーソングの様です。


飯喰うな、好きなんですよ。


『お前らは全く自分の空間に
耐えられなくなるからと言って、
メシばかり喰いやがって、メシ喰うな!』


「囁き」もやってくれたそうです。
ロマンチストはやらなかったのかなあ。


主義者ーーーーーっ!!


BT本編の方はZepp仙台と同じセットリストだったようで、
PARADEはこのパターンで行くんでしょうかね。


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (6) | トラックバック (0)

BUCK-TICKライブ@Zepp福岡

ツアーも3本目、今日は一気に九州へ飛び福岡ですね。
共演は遠藤ミチロウさん・・・
といつつ実はあまり詳しくないんですよね。
勉強不足ですいません。


でも、以前から色々話を聞いている限りでは、
ちょっと怖そうな・・・凄い経歴と武勇伝を
持った方ですよね。


今までの2本のライブは、BUCK-TICKが
影響を与えたミュージャン、と言えたんですが、
今回は逆に、バクチク、特に今井さんのルーツ
(もっと言えば日本のパンク・ロックの原点)とも言える
方なので、一体どんなライブになるのか、楽しみなところです。


前回の仙台ではJさんのライブを今井さんが2階から
じっと見ていたらしく、ファンの方に寄れば
「Jはいつもより緊張してた」という話が出ていました。


今回は逆に今井さんが緊張・・・はしないかなあのあの男は(笑)
もし行かれる方がいらっしゃいましたら、コメント欄へ書き込み
お待ちしております。


九州といえば美味しい食べ物がたくさんあって、
自分も一度は行ってみたいですね。
ミチロウさんはかなりのラーメン好きだとか?
ラー博で食べた魁龍のラーメンはすんごい濃かったなあ・・・
他にも屋台の小金ちゃんの焼きラーメンや、かろのかろん・・・


僕の九州、特に福岡に関する知識は、
心の師と仰ぐ この方からのモノなので、
食べ物に偏っているのです・・・・(笑)


まこと君がいつの間にか大学生になっていたんだなあ。


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (9) | トラックバック (0)

手のひらにBUCK-TICK

面白いアイテムを手に入れました。これです。
M_3


MP3プレーヤーなんですが、
見てわかるとおり、かなり小さいんですよ。
重さも34グラムとかなり軽い。
メインのプレーヤーは既に一つ持っているんですが、
HDDタイプのヤツなんでちょっと重いんですよね。


で、軽くて小さいヤツが欲しかったんで、
シャッフル買おうと思ったんですが、
画面がないんでちょっと使いづらそう・・・


それで色々物色して見つけたのがこれなんです。
小さいですが、画面は有機EL。抜群に明るいです。
音楽が聴けるのはもちろんですが、なんと動画にも対応。
これにFMラジオ・ボイスレコード・ゲームに画像鑑賞機能まで!

M2

試しにBTのPVを再生してみました・・・

M5


流石に画面は小さいですが、充分見れる画質でしょ?
あっちゃんは手のひらの中でも美しいー♪


しかし、なんといっても一番の魅力は、これが
数千円で手にはいること!安い!
(本来の定価は2万円くらいするモノなんです)
実はこれ、一部では結構有名なんですよね。


アマゾンをよく利用している方ならご存じかもしれませんが、
少し前に256メガタイプがなんと1901円で
販売されることになってちょっとした祭りになりました。
注文が殺到したにもかかわらず、アマゾンは10数個程度しか
用意できずお詫びする騒動に(後日ギフト券が配られたらしい)


僕もその時に買い逃して以来ずっと欲しかったんですが、
アマゾンでは再入荷の気配無し。
通販サイトも軒並み売り切れだったんですが・・・
最近見つけたんですよ。オフィシャルの通販サイト。


ここでたまーに(数ヶ月に一度)アウトレットセールをやっていて、
数量限定ですが512メガタイプが3980円で
売られることがあるんです。ようやくゲットできました。


打倒iPodを目指して作られただけあって、全てにおいて
(当時の)iPodを上回るスペックと音質を持っていた
にもかかわらず、結果は惨敗・・・
でも、音質など性能で負けたわけではないと思います。


個人的には、既にMP3プレーヤー市場の勝敗の帰趨は
決したと思うんですよね。


もはやiPodは機能や中身に関係なく、
名前で売れるほどにまでにブランドが育っている。
MP3プレーヤーのデファクトスタンダードになり、
音楽を配信する側もそれを基準にシステムを構築している。


そしてハードだけではなく、iTMSによってソフト的にも
ユーザーを支配しているのが大きいですね。


ダウンロード販売で手に入れた音楽は、基本的には
最初に入れたハードでしか聞くことが出来ず、
ほとんどの場合それはiPodであるため、
例え魅力的な製品を他社が出しても、ユーザーが
音楽資産を丸ごと捨ててまで
購入させるには至らないのでは・・・?


事実、後れを取っていたソニーが最近出した
ネットワークウォークマンは、ハード的には
全ての面においてiPodを上回っている
と思いますが、それでも苦戦を強いられているようです。
独占市場にはロクな事がないので、
もう少し頑張って欲しい物ですが、ちょっと厳しいかな・・・


それはさておき、このMPIO、色々遊べて面白いですよ。
USBメモリとしても使えますし、なんといっても音が良い。
(ネット上の評判ではiPodを上回っています)
元々の音質の良さ+付属のイヤホンが音質に定評のある
ゼンハイザー製なのもポイントが高い。
同型のイヤホンは単体で4000円位で売られていたことも
ありましたから。これだけでも元は取れますね。
(もちろんこの機種以外のオーディオ機器でも使用できます)


まだMP3プレーヤーを持っていない方、
試したいけど5000円とか1万円までは出せないなあ、
という人。既に持ってるけどセカンドでちっちゃいヤツが欲しい、
なんて人にはかなりイケてるアイテムだと思います。


問題は、アマゾンでの「祭り」のおかげで知名度が一気に上がり、
品薄で手に入れ辛くなったことですかね・・・
再評価されて一部では値段が上がったりもしてるし。


そういう理由から、このネタは
お蔵入りにさせようと思っていたんですけど、
昨日久しぶりにオフィシャルサイト見たら、
なんと数ヶ月ぶりに入荷してた!


値段は僕が買ったときより300円ほど上がってしまいましたが、
その分限定数は(今のところ)無いみたいです。
(自分の時は24時から先着5台、という限定販売で、PCの前で
待機して鬼クリックしてやっと買えた)


その手間考えれば300円くらい・・・と思って良く見たら、
今送料無料かよ!ふざけんな!俺の時は500円取ったくせにー!
悔しいので、申し訳ありませんが先にもう1台買っちゃいました。
まあ興味持った方は覗いて見て下さい。


ところでiPod使っている方にお聞きしたいんですが、
アレってiTune通さずに音楽ファイル入れる事って
出来るんですか?
いちいちソフト起動しないで、ドラッグ&ドロップで
曲やファイル入れられると楽なんですけど・・・


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (5) | トラックバック (0)

時折見せる、ビリーの優しさ

昨日、遂にあの人が来日したそうですね。
そうです、あの男、ビリーが!
Billy's Bootcamp Elite Mission Two: Maximum Power

今や老若男女問わず大ブームのビリーズブートキャンプを
考案したインストラクターです。初めて知りましたが、
51才なんですね!それでこのボディ!


深夜の通販番組で話題になり、口コミで今や
DVDは50万以上売れているとか。
周りでも結構やっている人いませんか?


先日、知人の女性がDVDを買ったそうで、
「今度見に来なよ」というメールが。
その人ほとんどこういったモノには興味のない
(痩せているのでダイエットなどの必要がない)
んですが、それがかなりハマっているというので、
何か魅力があるんだろうと早速見に行くことに。


結論からいうと・・・これは売れるのが分かりますねー。


なんというか、きついんですけど、テンポがいいので
結構続けられるんですよね。内容も、
エアロビにヨガやストレッチ、ボクササイズなど、
色んな運動のいいとこ取りって感じかなあ。
7日間のメニューなんですが、1日辺り1時間弱だし・・・


でも何よりみんながハマってる理由は、ビリーの
トークじゃないですかねー。時に厳しく、時に優しく、
運動しながらリズミカルに的確なアドバイスを
してくれます。


ブートキャンプというのは元々アメリか軍が
新兵を短期間で兵士にする為のカリキュラムの名称なんですが、
それだけにビリーも鬼軍曹的な、怖いキャラ思っていたんですが、
そうではないんですよね。


厳しいだけかと思っていたんですが、そうではなく、
初心者やあんまり体力無い人(例:俺)への配慮も忘れてない。

例えば腕立ての時なんかも
「キツイかい?辛かったら膝を付けてやってもいいんだ」
とか・・・

「喉が渇いたら水を飲んでいいんだ」

「無理だと思ったらやめても良いんだ。でも、約束してくれ。
またここに戻ってきてくれるな?」

Bl

苦しい訓練の最中に時折見せるビリーの優しさが、
みんなを虜にしているんですよ!(笑)


内容はかなりキツイです。今までの通販モノにありがちな、
「付けてスイッチ入れるだけで・・・」とか「飲むだけで・・」
みたいなヤツとは全く違います。


有酸素運動で脂肪を燃焼させ、さらに筋肉を付けて
脂肪が燃えやすい体を作る、という一番シンプルで王道ですが、
一番キツイトレーニングです。

でもそれだけに、やり遂げればかなり効果はあると思います。
事実その女性も、かなり引き締まった体になっていました。


もちろん僕も早速やってみたよ!!
Blb


(ビリーの優しさと厳しさを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (6) | トラックバック (0)

ダーイ!ダーイ!

先日のZepp仙台のライブで
Jさんのある曲の時に、ファンの方が
ライターを灯す、という話がありましたね。


気になって色々調べたんですが、どうもこの曲
のようです。1分40秒辺りからその様子が見れます。
(カウンター表示は逆算した残り秒数なので、2分30秒の辺り)


Blast List-the best of-
↑このアルバムに収録されている「PYROMANIA 」という曲です

格好いいですねー。いつの間にか準備して
点灯、そしてスッとしまう。みんなも手際がいいぜ(笑)


こういったアーティストごと、曲ごとに特有のパフォーマンス
というのは、やっぱり各アーティストごとにあるんですかね。
BUCK-TICKで言えば、アイコノの時の手振りが
有名・・・(といってもファンの間だけかも)かな?


そういえば一つ驚いたことがあったんです。
以前、BUCK-TICKのライブDVDを、
洋楽好きでBUCK-TICKはもちろん
日本のバンドもほとんど聞かない知人に見せたんですよ。
すると、彼がこんな事を言ったんです。


「なんでみんな同じ所で手を前に出すンスか?」


サビの時なんかに、合わせて右手を斜め前に挙げるような
そんな仕草、みんなしますよね?


こんな感じに→( ・∀)/( ・∀)/ ♪アーイキャンドゥー( ・∀)/


彼にはアレが不思議だったそうです。
「え、でもライブ見に行ったらみんなやってるでしょ?」
と聞くと


「イヤ、初めて見ました」との答えが。


ええええええええええええー!


彼は洋楽のライブによく行っているので、
「日本と海外の違いじゃない?」
と聞いたところ
「いや、日本のバンドでもやってなかったッスよ」


またまたエエエエエエエエエエエエエー!


し、知らなかった・・・っていうかみんなやってるよね?
俺だけじゃないよね?
でも確かに、ジッタとかじゃやってなかったような・・・
Xは・・・アレはまたノリが違ったしなあ。


「ビジュアル系バンド特有の動きじゃないっすかね」
とは彼の意見。うーん、そうなのかなあ。
ってBUCK-TICKはビジュアル系とか
もうそんなモノを超越した存在なんだよ!と軽く説教(笑)


他のバンドのライブに行ったことのある方、どうでしたか?
参考の為、ヘビメタ好きの友人にも聞いてみたところ


「振りは特にないけど、
みんなでステージに向かってダーイって叫ぶよ」
あ、ダーイはdieのダイね。ダーイダーイ、ほら君も一緒に」


ほら、じゃねーよ!(笑)
死ね死ねって失敬だな君は!(竹中直人風に)


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (6) | トラックバック (0)

横浜BLITZ&Zepp仙台ライブリポートをまとめました。

先日の横浜ブリッツでのライブレポートを
コメント欄に頂きましたが、「LIVE」という
カテゴリーを新設したのに合わせて、
再掲させていただきます。


非常に良いレポートなのでコメント欄だけでは勿体ない!
アクセスも多いので、Zepp仙台の
レポートも一緒にまとめさせていただきました。
trick_bluck様、latte様、本当にありがとうございました。


●6月6日 横浜BLITZ セットリストはこちら


ライブは15分押しくらいでスタートしました。
前半は、COALTERS OF DEEPERSのライブ。
私は、一曲も知りません。すいません。
演奏はしっかりと重厚な感じかなぁ。
が、如何せんアウェイ。あまりに、みんな冷静で
ちょっと気の毒になってしまいました。


このまま終わるのか?というラストの曲で、kyoさん登場。
場の雰囲気が一気に変わり、MONSTERへ。
kyoさんの生歌を初めて聴きましたが、これが実に良い!!
みんなも盛り上がり、B-Tへバトンタッチ。
ボーカリストって大切だし、大変だなぁと再確認。


30分くらいかかって、セットチェンジ。
バタバタしてるように見えて大丈夫かなぁと思ってたら、
これが後で的中してしまうことに。


『THEME OF B-T』の流れる中、B-Tの5人登場。定位置へ。
『ANGELIC CONVERSATION』でライブスタート。
そして、デラシネさんのテーマソング『Baby,I want you』
曲が終わり、Baby,I want youを繰り返すところで、
数回で終了すると、「勝手にやめない!(笑)」と
櫻井さんからの突っ込み!!笑いが巻き起こる。


今日の櫻井さんは機嫌が良さそう!!『BUSTER』の後 MC。
久しぶり、楽しんで云々。「笑って良いともみたいだからやめよう」
再び大爆笑。『MY FUCKIN' VALENTINE」』へ。
rise above yourselfで、U-TAさんにマイクを向ける櫻井さん。
DIANAツアーのZEPP TOKYOで、疾風のブレードランナーの
コーラスで大失敗したU-TAさん再びを期待しましたが、拒否。


『GIRL』『ノクターン』へと続いてMC。
RENDEZVOUSの発売日云々から『RENDEZVOUS』へと
行くところで、星野さん不在。
この辺りからギタートラブルっぽいのが顕著に。
コーラスは炸裂!!ライブだと更に映える曲だと再確認。
次新曲!!というところで、また星野さんが居ません。


「まだ完成してませんでした!」
と櫻井さんも笑いを取ってましたが、あまりに長い中断のため、
櫻井さんは、ステージから消えてしまいました。


不謹慎にも、SSLのときのアカペラ版コスモスに期待しましたが、
実現せず。今井さんが、必殺の飛び道具(音)で
場を繋ぎましたが、限界。一時中断。
全員一時退散。メンバー上機嫌だったから、
これで不機嫌になったらどうしようと不安になりつつも、復旧し、
中断前とテンションが変わることもなく、
新曲『Spider』で再開。スピード感のあるカッコイイ曲でした。
歌詞ははっきりと聴き取れませんでしたが、
蜘蛛をベースにHな感じだったような気がします。
後日違ってたらすいません。


『ROMANCE』『DIABOLO』『夢魔』で本編終了。
DIABOLOは好きな曲なので、嬉しかった!!。
夢魔は更に迫力をました感じ。この曲は、会場との一体感といい、
ライブでどんどん成長している感じがします。
セッションとか期待しましたが、普通にアンコール。
新曲『Montage』テンポは若干遅めなのですが、
これが実に良い!!櫻井さんのボーカルを味わうには、
凄く良い感じでした。
歌詞は、太陽という言葉が印象的。
今井さんと星野さんのコーラスもカッコイイ曲でした。


で、『MY EYES & YOUR EYES』違和感全くなし。
メロディの良さは引き立ってたし、ボーカルも説得力たっぷり。
このバージョンが当たり前になっていくことでしょう!!
『ICONOCLASM』『スピード』で終了。
大満足のライブだったと思います。


新曲を聴いた感じでは、
次回のアルバムは間口が広く受け容れられ易そうです。
ツアーとフェス次第でしょうが、新しいファンも着きそうですし、
離れていた人も戻ってきそうな感触です。
旧曲との愛称も良さそうなので、アルバムのツアーは、
懐かしい曲も聴けるかも?『Misty zone』も?
今後に期待して損はなさそうです。


●6月16日Zepp仙台 セットリストはこちら


まずJさん☆
最初からすんごい盛り上がりでした!!
Jさんのライブか!?みたいな。いくぜ!おー!
みたいのあるじゃないですか?何回かやったんですが、
満足できなかったみたいで、
『ドレスルームにいるB-Tに聞こえるように言え~!
そんなもんか、B-Tさんのファンは! 笑』なんて。。


MCがすごい楽しかった~♪曲は8曲くらいやったかな?
曲名はわかりません泣 ごめんなさい・・。
でも今日はHIDEの誕生日だからと
ICONOCLASMやりましたよ!かっこよかった!!
あとはB-Tの20周年の話(リスペクトって言ってました笑)、
FESの話と、あとライブ前に今井さんに
『かまして来い!っていわれた』って


続きはB-Tです♪
セットリストは横浜と曲目はおんなじですが、
曲順が途中から違いました!でも正確には覚えてないので、
私以外のルートからのほうがいいかも・・ごめんなさい
(注:こちらに載せました!)


ということで覚えてることかきますね!
アンコール前にハッピーバースディを歌っていたら、メンバー登場。
今井さんもギターで弾いてくれました♪
そしたらHIDEの似顔絵ケーキがでてきて、一瞬暗くなり、
HIDEがろうそくを消してました!そのあとあっちゃんが、
前のファンの子にほら~ってケーキ見せてました!


その後あっちゃんの『HIDEおめでとう!』の言葉で
DIABOLOがはじまりました。ランデヴーのときはあっちゃんが
『皆さんは今井さんのパートを歌ってください!笑』
とかいってたかな☆


新曲2曲もすごいかっこいいです!!ノレます♪


それと・・HIDE最後の最後にまたステージから落ちました・・
瞬間はあっちゃんを見ててみのがしたんだけど、
スタッフがステージをが~っと走ったからなに!?
って思ったら、HIDE落ちてた・・


前もZEPP仙台なんですよね!
なんか因縁とか言われてたけど 笑
なかなか見えないから心配でした。
あっちゃんもすごい気にしてた

--------------------------

以上です。23日の福岡も楽しみになってきましたね。
行かれる予定のある方は、またコメント欄で
感想など書き込んでくださいね!

(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思ったらクリックしてtrick_bluck様に感謝しましょう)

| コメント (6) | トラックバック (0)

祝「RENDEZVOUS」オリコンベスト10入り!!(デジャヴ)

先週も同じような記事を書いた様な気が・・・
ようやくネットの方のランキングにも反映されました!


カウントダウンTVでもランクインしてPV流れましたし、
いやー良かった良かった。
R_2


この調子で次のシングル・アルバムも
そこそこ売れてくれるといいですねー。


チャートや売り上げが全てではないですが、たまに
花火を打ち上げるのは良いことだと思います。
新規の方や、離れていた方が戻ってくる切っ掛けになりますし。


しかしこうしてランク入りしている曲を見ると、やっぱり
タイアップモノが多いですね。ちょっと調べてみましたけど・・・


1 KAT-TUN 喜びの歌 ドラマ「特急田中3号」主題歌
Ch

2 湘南乃風 睡蓮花
3 ナイトメア レゾンデートル アニメ「CLAYMORE」オープニング
4 GReeeeN 愛唄
5 桑田佳祐 明日晴れるかな ドラマ「プロポーズ大作戦」主題歌
6 トリオザシャキーン 愛しのナポリタンドラマ「喰いタン2」主題歌
7 L'Arc~en~Ciel SEVENTH HEAVEN「スポーツうるぐす」
8 BONNIE PINK Water Me 「わたしたちの教科書」主題歌
9 BUCK-TICK ランデヴー
10 高杉さと美 旅人CX「魁!音楽番付VEGAS」オープニング


7曲が何らかの主題歌とかCMに使われているわけですね。
それを考えると、BTは大健闘だと思いますよ。


そういえばBUCK-TICKもたまにタイアップというか、
番組のオープニングなんかに使われることがありましたけど、
結構微妙なヤツが多かったような・・・(笑)


幻想の花は凄いいい曲なのに、なんか「行方不明者を捜せ」
みたいな番組に使われてたなあ。イメージとあってない気が・・・


「極東より愛を込めて」はWOWOWのサッカー番組のエンディングに
使われていて、加入している人に土下座して録画してもらったのも
いい思い出です。


あと、自分は見たことがないんですけど、月世界は何かのアニメに
使われていたようですね。海外ではそれを切っ掛けに
BUCK-TICKを知る人が多かったそうです。


蜉蝣が使われたヤツは・・・これは一体どんなアニメなんだ。
音楽モノ・・・じゃないですよねえ。


誰ですか、今井さんよりちゃんと
弾いてるじゃんとかいってる人は!(笑)
あのペンギンみたいな生き物はアニイ担当?


(栗山千明さんの良さを知ってもらう為ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (13) | トラックバック (0)

BUCK-TICKライブ@Zepp仙台 セットリスト&最速レポート!!

仙台のライブ、前回の横浜以上に盛り上がったようです!
今回は共演のJさんのステージも大盛り上がり
だったようで、一安心&羨ましい!!


以下に、latte様による詳細なレポートを載せちゃいます!!

------------------------

まずJさん☆
最初からすんごい盛り上がりでした!!
Jさんのライブか!?みたいな。いくぜ!おー!
みたいのあるじゃないですか?何回かやったんですが、
満足できなかったみたいで、
『ドレスルームにいるB-Tに聞こえるように言え~!
そんなもんか、B-Tさんのファンは! 笑』なんて。。


MCがすごい楽しかった~♪曲は8曲くらいやったかな?
曲名はわかりません泣 ごめんなさい・・。
でも今日はHIDEの誕生日だからと
ICONOCLASMやりましたよ!かっこよかった!!
あとはB-Tの20周年の話(リスペクトって言ってました笑)、
FESの話と、あとライブ前に今井さんに
『かまして来い!っていわれた』って】

------------------------


うおー!!たまんねー!J最高だぜ!!
MC聞きたかったなー。
そして今井さんに言葉かけられていざ出撃する
J・・・ううー、想像するだけで熱くなりますね!


--------------------------


続きはB-Tです♪
セットリストは横浜と曲目はおんなじですが、
曲順が途中から違いました!でも正確には覚えてないので、
私以外のルートからのほうがいいかも・・ごめんなさい
(注:こちらに載せました!)


ということで覚えてることかきますね!
アンコール前にハッピーバースディを歌っていたら、メンバー登場。
今井さんもギターで弾いてくれました♪
そしたらHIDEの似顔絵ケーキがでてきて、一瞬暗くなり、
HIDEがろうそくを消してました!そのあとあっちゃんが、
前のファンの子にほら~ってケーキ見せてました!


その後あっちゃんの『HIDEおめでとう!』の言葉で
DIABOLOがはじまりました。ランデヴーのときはあっちゃんが
『皆さんは今井さんのパートを歌ってください!笑』
とかいってたかな☆


新曲2曲もすごいかっこいいです!!ノレます♪


それと・・HIDE最後の最後にまたステージから落ちました・・
瞬間はあっちゃんを見ててみのがしたんだけど、
スタッフがステージをが~っと走ったからなに!?
って思ったら、HIDE落ちてた・・


前もZEPP仙台なんですよね!
なんか因縁とか言われてたけど 笑
なかなか見えないから心配でした。
あっちゃんもすごい気にしてた

---------------------------


ヒデ、転落再び(笑)
いや、笑っちゃいけませんね。大丈夫だったのでしょうか。
Zepp仙台はステージが狭いとかなんかあるんですかねー?


しかし、ケーキとは・・・NKホールの時も良かったですが、
今回はそれ以上ですね。


latte様お忙しい中、本当にありがとうございました!
他に見に行った方も、何かありましたらコメント欄でガシガシ
書き込んじゃってください!!


ちなみに、MCでニューアルバムは9月発売!という
発表もあったそうです!

重ね重ね、行けた人が羨ましいなー!!


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックしてlatte様に感謝しましょう)

| コメント (27) | トラックバック (0)

BUCK-TICKライブ@Zepp仙台当日!

なんですが・・・お留守番部隊の僕は、
「今頃入場始まったころかなあ」と
駅すぱあとで仙台まで地図旅行をしたり(暗っ!)
オフィシャルサイトをボンヤリと眺めたり・・・


ここで唐突に間違い探しクイズ!

M_2

この画像、何処かおかしな所があります。
分かった方はオフィシャルサイトに行って、比較してみましょう!


っていうか、間違い多すぎ!
ランデヴー発売に合わせて、突貫で作ったのかもしれませんが、
すぐ気がつくような誤字脱字が結構あって、
6/6のリニューアルから10日くらい経つのに、
未だに直ってない・・・


未完成のコーナーも多く、
BTBのバックナンバーいつ見れるんだよ!
とヤキモキしているファンの方も多いはず。


フェスのサイトにも結構ミスがあって
「エリアマップ」アップしました!って言うべきところが

「エリアアップ」アップしました!になってて、

いやいや、アップアップしているのは貴方でしょう?
などと冷静に突っ込んでしまいましたよ・・・


新規のファンや、海外のBTファンが、最初にネット上で
行く所って、オフィシャルサイトだと思うんですよね。


そこがいい加減だと、なんだか幻滅してしまうモノです。
お忙しいのは分かりますが、しっかりといいモノを
作って頂きたいと思います。


各コーナー左側の動く背景が、
テトリスに見えて仕方がないデラシネでした。


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (17) | トラックバック (0)

BUCK-TICKライブ@Zepp仙台前夜

うう・・・まだ昨日のキュウリのダメージが
消えていません・・・


明日はいよいよZepp仙台でのライブですね!
競演はJ!


横浜公演では、共演者との絡みは特にありませんでしたが、
今回は「今井ラブ」のJ・・・何か期待しちゃいますね。


さらに6/16といえばヒデの誕生日!
WARP DAYSのNKホールの時のように、
ハッピーバースデー&ヒデ曲祭りはあるんでしょうか!?
行ける人は羨ましいなあ。


ライブに限らず、旅行でも東北は行ったこと無いんですよね。
彼の地のBUCK-TICKファンはどんな感じなんでしょう。


仙台といえば牛タン・笹かま・・・位しか知らない自分です。
あ、あとは荒木飛呂彦さんの故郷でしたよね?


行く方は感想や情報お待ちしてますね!
ガンガン書き込んじゃってください。


そういえばFESのページも色々と更新されてますね。
出演者が出そろったのを始めとして、
こんなページも出来てましたよ。
アーティストごとのカラーが出ていて面白い。
Jは暴れてくれそうだ(笑)


あと、大体こういうコメントはいつも適当なことを
書いている今井さんが、結構まともな事書いてて驚いたよ!


それでは皆さん気をつけて行ってきてください。


・・・Zeppのライヴで使う電力は全て
風力発電で賄っているって話、本当なんですかね?

(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (14) | トラックバック (0)

祝杯

祝杯用の飲み物を買いにコンビニに来ました♪
ビールにしたいけどぉー美少女女子高生の
デラシネにはまだ無理だしぃー(いい加減にしろ)


と、やたら目に付く派手なペットボトルを発見・・・
こ、これは・・・噂のペプシアイスキューカンバー
C_3


ペプシにキュカンバー・・・つまり「キュウリ」の
フレーバーを付けるという、サントリーさん大丈夫ッスか、
という衝撃の限定ペプシ。


とはいえ、大体この手のヤツって、
大した事無いんですよね。
無難なところに落ち着かせているというか。


大体常識的に考えて、キュウリの味なんて
ホントに付けるわけ無いじゃないですか。
天下のサントリー商品開発チームですよ。
テストにテストを重ねて販売に漕ぎ着けたわけですから。

C1_1

果汁だって入ってないし・・・
見た目はドリンクバーの常連、「メロンソーダ」みたい。


メロンソーダだってそもそもメロン果汁なんてゼロ%だし、
それでも結構美味しいし。実は大好きなんですよね、メロンソーダ。


だからこのペプシもそんな味なんでしょう。速攻購入。
どうです奥さん、この美しい色合い。

C3_1

それでは・・・ランデヴーオリコンベスト10入り、カンパーイ!!




















Bu_1


キ・・・キュウリ・・・・ま・・・マジでキュウリ・・・

・・・リ・・・ン・・・ネ・・・

(キュウリペプシの怖さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はキュリックして頂いても明日は飲めません)

| コメント (7) | トラックバック (0)

祝「RENDEZVOUS」オリコンベスト10入り!

やりましたよ!ランデヴーが、最新のオリコン
週間チャートで9位に入ったそうです!


おめでとう!


ネット上のランキングに反映されてからに
しようかと思いましたが、コメント欄で
教えていただいた方もいるようですし、
もう待ちきれない!!


前夜祭だー!!


このタイアップ全盛のご時世に、
これといった宣伝もなく、ドラマの主題歌なんかに
使われているわけでもない。
(ちょっと調べてみましたが、ベスト10のうち8曲は
ドラマやCMに使われている曲です)


それでこの順位・・・まさに実力と、
そして熱いファンのおかげですね!


色々分析とか書こうと思いましたが、
もう今日は素直に喜んじゃいましょう!


おまけ
9

このブログもランキングに参加してるんですが、
昨日見てみたら・・・なんとこちらも!
(その後一瞬で落ちましたが笑)


これこそシンクロニシティ!?
いやーん(*´д`*)
やっぱり私とあっちゃんはぁ~
運命のぉ~赤い糸で結ばれていたのね!キャッキャッヽ(´▽`)ノ


無理矢理乙女チックに顔文字とか使ってみましたが、
予想以上にキモかったのでもう止めますね♪


皆さん本当にありがとうございました!
さあ、祝杯だ、飲むモノ買って来なきゃ!(←伏線)


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (8) | トラックバック (0)

BUCK-TICK IN THE WORLD PART2

最近コメント欄で、「中国の女の子」ことKIM様が
書き込んでくれてこのブログもちょっぴり国際派?(笑)


彼女の話では中国にも沢山のBTファンが居るようで、
嬉しい限りですね。韓国でライブをやったときも熱狂的に
迎えられていましたし、「聖地」今井商店には
韓国・台湾などから訪れる人も結構いると聞きました。


以前香港に行った時に、向こうのCDショップにも行ったんですが、
やはり日本のバンドの人気は高かったですよ。
香港は所謂歌謡曲全盛で、俳優さんが兼業で歌手をやっていて、
そういう人達が売り上げの上位をほとんど占めているようです。
香港オリジナルのバンドなども居ますが、数はかなり少ない。


そこで物足りない若者などが、海外の音楽に手を出すようですが、
同じアジアということで、日本はとっかかりが良いんでしょうね。
韓国や中国も同じような感じだと思います。
日本人が洋楽聞くのと同じ感覚ですかね。


ちなみに以前行ったときに、HMVのお兄さんが、数少ない
香港の本格派音楽雑誌「MCB」というのを教えてくれました。
ロック好きな少年が手作りで始めたこの雑誌は、
良質の音楽情報誌だったようですが、
現在は廃刊してしまった模様。


ただ、オフィシャルサイトはまだ残っているようで、ここで
バックナンバーの表紙などが見れます。244号・・・ニヤリ。


以前は日本のバンドのことが海外で紹介されることなどほとんど
無かったようですが、最近はインターネット、特に
YouTubeなどの影響で、簡単に情報が手に入り、
音源もアマゾンやiTMSなどを通じて世界中何処でも
手にはいるようになってきているので
今後ますますこういった傾向に拍車がかかるかもしれませんね。


YouTubeやニコニコは、著作権絡みでレコード会社なんかには
評判悪いようですが、上手く利用すればかなり効果的な
プロモーションになると思うんですよね。


例えば地上波でCM流すとなれば億単位の金が
かかるわけですが、YouTubeなら基本タダですしね。


「無料で見て満足しちゃって、それで終わっちゃうんじゃないの?」

って人もいるかもしれませんが、基本的にYouTubeは
画質・音質悪いですから。そこがポイントだ、という話を
日経のアナリストのレポートで読んだことがあります。


つまりどういう事かというと、YouTube見て気に入ったら、
ホントに欲しい人はCDなりダウンロードなりで
購入すると言うこと。


逆に例えば、スカパー!の音楽チャンネルなんかで流すと、
ある程度の画質・音質があるので、むしろそっちの方が
売り上げに繋がらないんじゃないか、という分析をしていました。


たしかに、スカパー!に加入して、更に
音楽チャンネルに加入しているようなヘビーユーザーは、
プロモしてもしなくても購入する人はするし、
しない人はしなさそうですよね。


逆にそれほど音楽に詳しくない人でも、無料の
YouTubeを利用している人はかなり多いわけで、
新規の顧客を開拓するには、そういうところでPRしたほうが
効果は上がるかもしれない。しばらく離れていたファンが、
YouTubeやニコニコで見たのを切っ掛けにファンに出戻った、
という話も良く聞きます。


ランデヴーも地上波や一般のメディアでは
ほとんどプロモされてませんし、タイアップもナシ。
少し前なら、埋もれていった可能性も大きいと思います。


でも今回は比較的好調のようです。それはやはりネットにおける
知名度アップが大きかったんじゃないでしょうか。
ここを見ている皆さんも、新曲の情報を雑誌・テレビではなく、
ネット経由で知った、という方が多いんじゃないでしょうか?
そして購入するかどうか迷っていたけど、動画サイトで
見かけたクリップで決心した!なんて人も多いはず。


海外では既にこういった動画サイトなどを利用したプロモは
効果が高いと判断し、積極的にコンテンツを提供するところも
増加しているようです。イギリスの大手ニュースネットワークが
YouTubeに番組を提供する、という話は
結構話題になりましたよね。


もちろん一概に全てが良い面ばかり、とは言えませんが、
そろそろテレビ・雑誌主体のプロモからシフトする
時代に来ているのかもしれませんね。


BUCK-TICKの「ロマンス」のPVは
海外のV系ファンにもかなり評価されているようです。
曲や映像としてのクオリティももちろんですが、
櫻井さんのルックスについても・・・


Oh Atsushi.. he is just so perfect.
Beautiful... Atsushi is my dream boy.
he has the sexiest voice ever :)
Atsushi is sooooo sexy^^


まさに全米震撼(笑) 中には


still a good band for 22 years ^^


なんてコメントも。向こうにも詳しいファンが居ますねー。
ちょっとブックマークするのを忘れたんですが、
けっこう本格的な日本のバンドを解説したサイトがあって、
そこには英語で


「L’Arc-en-Cielは既にベテランの域だが、
実はそれ以上のキャリアを誇るバンドがある。BUCK-TICKである。
このバンドはあのLUNA SEAより古く、なんとX JAPANより
前にメジャーデビューしているのだ!」


みたいなことが書いてあって、
あんたどんだけ詳しいんだよと嬉しくなったことがありましたよ(笑)


最後は韓国のフェスにでたときの映像を。
(サムネイル表示が上手く行かなかったので
リンクで飛ぶようにしました)


いやー、向こうのファンも熱狂的ですね!
しかし、質問の内容がハングル表記なので
分からないところがあるのが残念。
後半でメンバーの顔にマルが付いたりしてるのは・・・
「**なのは誰?」みたいな質問かな。


「メンバーの中で一番酒癖悪いのは」とか?(笑)


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (12) | トラックバック (0)

BUCK-TICK IN THE WORLD PART1

先日こんなニュースを見かけました。
Dir en grey がアメリカで人気がある、
という話は聞いたことがあったんですが、
この記事を見る限り、色々なバンドのことが知られていて、
ちょっとしたブームのようになってるみたいですね。


日本のアニメ、所謂「ジャパニメーション」が
世界を席巻しているらしいですが、
この影響もあるかもしれませんね。


ちょっと感心したのは、ファッションやメイクなど、
見た目だけではなく、音楽的にも
興味が持たれていると言うことです。


僕は以前から、ビジュアル系こそ、海外で通用しそうな
音楽なんじゃないかな、と思っていたのでちょっと嬉しいですね。


もうずっと以前から、日本のアーティストが世界へ
挑戦して、その夢かなわず敗れていきました。


近いところでは、宇多田ヒカルさんが思うような
結果が出せなかった、という記事を見たことがあります。


これは決して、宇多田さんの音楽が悪い、
ということではありません。むしろ彼女の歌唱力は
かなりレベルが高いと思いますし、アメリカでの嗜好にも
近いモノがあると思う・・・


でもだからこそ厳しいんだと思います。
つまり、正当派・王道で挑戦しても、向こうには
もう既に「本物」「本家」があるわけですよね。


あまり上手い例えじゃないですが、
例えば日本で作った本格的なハンバーガーを
アメリカに持っていっても、向こうの人は毎日それを食べていて、
舌も肥えているし、何処でも同じくらい美味しいモノが手に入る。
だからそんなに話題にもならないし、成功は難しいと思います。


ところが、日本独自の寿司や、ラーメンなら、
それほど本格的でなくとも、
意外にあっさり受け入れられることもある。


つまり大事なのは独自性・オリジナリティなんですよ。
少し前にパフィーがアメリカでブレイクしていましたが、
これも、変に本格派ぶらずに、彼女たちにしかない魅力を出して
行ったのが成功の秘訣だと思うんです。


日本では、曰く「見た目先行」とか「イロモノ」的な目で見られる
事もあるV系ですが、変にアメリカのロックやヘビメタを真似た
バンドより、向こうではよほど魅力的に見えるんじゃないですかね。


しかし、この記事に出てきているアメリカのファンも
気合いが入っていますね。
「新宿の百貨店のビジュアル系ファッション売り場を訪れ、
日本のファンとも交流した」って・・・
新宿には「ビジュアル系ファッション売り場」なんてあるんスか(笑)


あと、TOKIO HOTEL(トキオ・ホテル)ってバンド名は
いいとしても、、Pink Jisatsu(ピンク自殺)はヤバイ!?


まあ我らがBUCK-TICKは、既にビジュアル系にカテゴライズは
されていない(というか自分たちで名乗ったこともないし、
マスコミが勝手に決めつけているだけですけどね)
と思いますが、このジャンルを語るときにルーツとして
外せないバンドであることは確かだと思います。


というか、BTがやり始めた当時は「ビジュアル系」
なんて言葉はなかったわけで、つまり先駆者・創始者。
そういった意味では全てのビジュアル系バンドは、
BUCK-TICKに直接的・間接的に影響を受けている、
といっても過言ではないと思います。


実際、海外のV系バンドのファンサイトでも、
ちゃんと研究をしているところでは、
BUCK-TICKが果たした歴史的意義について
コメントしているところもありましたし。


ちょっと長くなったので今日はここまで。
最後にYouTubeで見つけたこんなものを・・・
ブラジルが世界に誇る、あの超ビッグバンドの登場です!(嘘)


結構頑張ってる(笑)デイヴ・グロール似の
ギターの人が俺のお気に入りです。
っていうかCDなんかは良いとして、スコアなんか
どうしてるんだろう。耳コピか?サビではちゃんと大合唱!
あんたらどんだけ~?(笑)ギターソロは今井さんより
ちゃんと弾いていやなんでもありません!


でも、心から楽しんでる感じが出ていてなんだか
見ているこちらまで幸せになってきます。
9月のフェスにゲストで是非!

(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (13) | トラックバック (0)

迷わず喰えよ、 喰えば分かるさっ!

期限切れが近い株主優待券があったので、
使い切ってしまう為に友人と食事に行ってきました。


最近流行の、お酒もあるけど
食事に重きを置いた所謂「居食屋」系の店。


とりあえず最初に野菜を食べたいと言うことで、
サラダと、他何品かを頼んで待つと、
程なく店員さんがやってきて、

「サラダはハーフサイズの方が良いと思います」
との提案が。


ちょっとー、何よ、私達が幾ら小食そうなアイドルだからって(妄想)
バカにしないでよね!ドンと持ってきなさいよ!

と言おうとすると(言うのかよ)友人(人格者)に、
「まあ足りなかったら追加すれば良いじゃないスか」
と窘められ、変更することに。


程なく「お待たせしました、サラダです」
届いたのは・・・
S_3

うわああああ!
なんじゃこりゃ!


ケータイとの比較で大きさが伝わりますかね?
上に乗ってる堅焼きそばはそれだけで1人前くらい・・・
これで480円ですよ。コストパフォーマンス良すぎ!?


店員さんに聞くと、フルサイズは洗面器くらいの大きさの皿に
乗って出てくるらしい・・・すいません僕が悪かったです。
親切に教えてくれてありがとうお姉さん!


さて、サラダを食べ進めていると友人が
「何か出てきましたけど・・・」
見ると・・・・きゃああああああ!
S3_1


な、中から
ワラジのようなコロッケが!!


これ、お酒メインの人だったら、サラダ1品頼めば
最後まで持ちそうなボリュームですよ・・・


も、もうダメだ、諦めて残そう・・・そう思ったとき、ふと
目の前にあるコースターに何か書いてあるのに気付きました・・・
A_2
そうだ、食べ進めれば、
その一口が道となるんだ!
っていうか何故こんなコースター?(笑)
そして遂に・・・
S4


完食です!(写真汚くてスイマセン)


まあ、結構美味しかったんで、
実はそんなに苦労しなかったんですけどね。
他にも色々と・・・
T_6

串盛りセット・ハーフサラダ・海老マヨ
マグロのカルパッチョ・豚角煮

シメにマグロの中トロの乗ったお茶漬けを頼んで・・・


突き出し+ドリンク代も合わせて、5000円くらいでした。
やっぱりお酒飲まないと、かなり安く上がりますねー。
満腹でございます・・・


あ!デザート食べるの忘れてた!


(今日はBUCK-TICKネタじゃなくてすいません・・・)


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (7) | トラックバック (0)

一座建立・一期一会

先日の横浜ブリッツのライヴ、かなり楽しかったみたいで、
行けた方は羨ましいです。


ネット上のライヴレポをいくつか読みましたが、
まだ未発表のニューアルバムからの曲をやったり、
いつになく饒舌なあっちゃんが見られたりと、
満足度は高かったようです。


ただ、気になったことが一つだけ・・・それは、
共演者に対するBUCK-TICKファンの態度です。


ここを御覧になっている方々にはもちろんそんな人はいない
でしょうし、ファン全体で見ても本当に
ごく1部の人達だと思いますが、Coaltar Of The Deepers の
演奏中に「BUCK-TICKはまだなの?もう我慢できない」
「早く終われよ」的なことを言っていた人達が居たそうです。


「金払ってるんだから何しようと勝手」
という考えの人もいるかもしれません。
でも、それはちょっと残念な気がします。


BUCK-TICKのトリビュートに参加したアーティストです。
BTに対してリスペクトを表してくれている人達なわけですよね。
ならばBTファンである我々も、彼らに対し
敬意を評すべきではないでしょうかね。


もちろん無理にノれとか、そういう事じゃないです。
曲知らない人も多いだろうし。


それでも例えば演奏が終わったら拍手するなり、
そのくらいの礼儀は必要じゃないでしょうか。


BUCK-TICKがサマソニなんかに出たとき、
ヤジを飛ばしたり、露骨に退屈そうな態度をする人達を見て、
哀しい気持ち・嫌な気分になっりたしませんでしたか?
自分が嫌だったことは、
他人にもしないように心がけたいモノです。


それに知らないバンドや曲でも、もしかしたら琴線に触れる
部分があるかもしれないですし、
そもそもバンドの生演奏聞く機会なんて
そんなに無いわけですから、どうせなら楽しんじゃいましょうよ。


「BUCK-TICKのチケット買ったら、無料で
他のバンドのライブも見れたよ、ラッキー」
位の気持ちでも構わない。楽しまなきゃ損でしょ~。


なんて偉そうな事書いてますけど、自分も以前
ジッタリンジンのライブを見に行ったとき
前座のバンドがあると聞いて、
「俺はジッタだけ見たいんだけどなあ」
と、ネガティヴな気持ちで会場に向かいました。


場所取りの関係上、仕方なく前座の演奏も聴くことにしましたが、
結果としてとても楽しめました。


ジャンルもルックスも全く僕の好みとは違うバンドでしたが、
逆にそれが新鮮で。
自分の好きなモノだけを追いかけるのも良いですけど、
やっぱりそれだと見識が狭くなっちゃう。


他のモノを聞くことによって、改めて自分の好きなモノの良さを
再認識することにもなるわけですしね。


「我々は人生という大きな芝居の共演者だ。
     人生とは出会いであり、その招待は
      二度と繰り返されることはない」  ハンス・カロッサ


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (14) | トラックバック (0)

オフィシャルサイトリニューアル!

BUCK-TICKの公式サイトがリニューアルされていました。
以前の白を基調にしたものとは打って変わって、
今回は黒がベースになっています。色相的にはこのブログに
近くなって、ちょっと嬉しいかも。


コンテンツはあんまり変わっていませんね。
メールっていうより、ほぼ年賀状だろ!
っていうくらい更新されなかったユータズメールの
コーナーが無くなっていましたが・・・(笑)


インフォメーションのコーナーに、8月8日発売の新曲、
「Alice in Wonder underground」の情報が載っていました。


タイトルから今井さんの作詞っぽいと思ったんですが、
やはり作詞・作曲今井寿!
カップリング曲の選定も今井さんっぽい感じがするので、
8月のシングルはまさに今井ワールド炸裂になりそうです。


さて、その注目のカップリング曲ですが・・・やはりリメイク!
COSMOSに収録されていた「Tight Rope」!


ちょっと残念・・・いや、タイトロープも好きな曲なんですが、
個人的には初期のヤツで、
色々やって欲しいのがあったんですよねー。
COSMOS辺りの曲は、特にリメイクしなくても
完成度高いと思うんだけどなあ。


とはいえ、アルバム出たのは1996年なので、既に10年以上
前の作品なんですよね。敢えてこの曲を選んだと言うことは、
きっと今井さんに素晴らしいアイデアが
あるんでしょう。期待して待つことにしましょうか。


・・・COSMOSだったら「idol」にして欲しかったなー
あの曲、凄い好きなんです。


「怖がらず、君は神になるだろう」

っていうところで、
なぜだかいつも涙が出ます。哀しいという訳じゃないんですが、、
なんというか物語が、映像が浮かぶんです。


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (18) | トラックバック (0)

BUCK-TICK TOUR「PARADE」遂にスタート!6月6日横浜BLITZセットリスト!!!

遂にスタートしたツアー「PARADE」、初日の横浜BLITZは
大盛況のうちに終了したよたようです。


チケットもソールドアウト。ライヴもメンバーの
機嫌が良かったようで、見に行った方は大満足。


途中ヒデのギタートラブルで、メンバーが皆楽屋に引っ込むという
アクシデントがあったそうですが、すぐに再開。
盛り上がりはそのままにラストまで突っ走ったそうです。


セットリスト載せようかと思ったが、やっぱりネタバレは
嫌な人もいますよね・・・?どうしよう。


と考えた末に古い記事の空いているコメント欄
載せておくことにしました。
見たい方はそちらでどうぞ。ネタバレがイヤ!
という方は気をつけてください。


また、6/6のコメント欄でtrick_bluck 様が詳細な
レポートを書いてくださっています。ありがとうございました!


しかし、ランデヴーとは別に、ニューアルバムから
2曲もやってくれるなんて・・・羨ましすぎます。
デイインの2002で「残骸」と「BUSTER」が
初お披露目されたときの興奮が蘇るなあ。


そうそう。もう一つ凄い事が!
これ見てくださいよ!オリコンのデイリーランキング!
O

KAT-TUNや桑田佳祐に混じって、
BUCK-TICKの名が・・
ファン冥利に尽きますね!
ここを見ている皆さんのおかげですよ!


ランキングはあくまで目安だし、
売れている曲がいい曲では決してない。
むしろこんなデータ気にせずに我が道を行くのが良いのさ!


なんていつもは言ってはいますが・・・それでも・・・やっぱり・・・
嬉しく思っちゃうのが、ファン心理ですよね。
しかしタイアップ無し・大規模なプロモもナシで、
ここまでいくとは、バンドの底力と、それを支えるファンの熱さを
改めて知りました。


このブログも、1000分の1・・・いや、10000分の1くらいは
貢献できているといいのですが・・・


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (11) | トラックバック (0)

次のシングルは「Alice in Wonder underground」

今日はライブ初日なんですよねー
いいないいなーチケット取れた人はー
僕達お留守番組はおとなしくおうちで
ランデヴー聴いてるからいいもーん(ちょっとスネ夫)


いや、それは冗談として、羨ましいのはマジッス!
レポート待ってます!
ところで!ニューシングルいいですねー。

ここを見ている方で、まだ買ってない、なんて人は
いないですよね、まさか・・・?
買わないと櫻井さんが夜な夜な
あの怖い顔で枕元に立ちますよ・・・
いや、それなら買わない方がいいわ、立って欲しいし俺(笑)


1時間ほど前のアマゾン音楽ランキングでは、
数十万のアイテムの中で30位でしたよ!
結構頑張ってますね!全国にそれだけ
同志がいるのかと思うと嬉しくなっちゃいます。


特に新生「MY EYES&YOUR EYES」が
もう堪らなく気に入ってます。
最初に聞いたときは、オリジナルと比較してしまって
違和感があったんですが、今はもうこちらの方が
お気に入り!


セルフカヴァーといいつつも、これは今現在のバンドの
テクニック、そして櫻井さんの表現力無くしては
生まれなかった、2007年の今だからこそなし得た
紛れもない「今の」BUCK-TICKの曲になっているんです。
流石だと思いました。


ところで自分は最初気付かなかったんですが、
中に8月8日に更なるニューシングルが出る、
というお知らせの紙が挟まってましたね!


今年は随分働き者なメンバーの皆さんです!
ちなみに極秘に得た情報によると(笑)
8月のシングルは

「Alice in Wonder underground」

というタイトルらしいですよ!
何となく今井作詞っぽい雰囲気がするなあ・・・
この流れで行くと、ニューアルバムは10月10日だったりして?


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (16) | トラックバック (0)

日本最速!?RENDEZVOUS(ランデヴー)レビュー!

R1

早速ゲットしましたよランデヴー!
PV見た方も多いと思うので
曲調などは知っている方も
多いと思いますが、かなりポップな曲です。
打ち込みの音が少なくて、シンプルにバンドの音で勝負!
といった感じ。
R2


結果として
初期の曲調に似た感じにはなっていますが、
演奏・ボーカルの技術は比べものにならない位向上してる訳です。
全体的にか細い感のあった初期と違い、ずしっと太い
芯の通ったサウンドになっていますよ。


あのコーラス部分は一度聴いたら耳から離れませんね。
今井さんの声もいい感じです。今日からヘビーローテになりそう!


初回限定版の方を買ったんですが、特典の写真集はこんな感じ。
R3


さて、もう一つのお楽しみ
MY EYES&YOUR EYES
ですが・・・これは評価が分かれそうだなあ。


演奏・ボーカル共に厚みを増し、素晴らしい仕上がりですが、
オリジナル版と比べスローなテンポになっています。
あの「甘酸っぱさ」が好きな人は、イメージが崩れたと
不満に思うかも。全体的に壮大な感じに・・・
HYPER LOVEのオリジナル→殺シバージョンの
変化を想像してもらえばイメージが伝わるかな?


時間がないのでとりあえずこの辺りにしておきます。
また夜に更新できたらしまーす。

(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (11) | トラックバック (0)

あっちゃんがドラムを叩くレア動画

コメント欄で情報を頂いたのですが、
(わにお様ありがとうございます)
ニコニコ動画に恐ろしいモノがアップされていましたよ・・・


伝説のバンド、「非難GOGO」のライブ!


ここにいらっしゃってくださっている方々には、
もはや必要ないかもしれませんが、念のため
説明しますと、BUCK-TICKは、現在の
バンド名・メンバーになる以前、
「非難GOGO」という名前のバンドで、
インディーズで活動していました。


といっても、活動期間はそれほど長くはなく、
1984年の春に結成し、夏頃には「BUCK-TICK」
にバンド名を変更しているので、実質数ヶ月、
といったところでしょうか。
(この動画も厳密には非難GOGOではなく、
非難GOGOからBUCK-TICKに改名した
最初のライブですが、メンバーや演奏曲は
非難GOGOと変わらないですね)


非難GOGOとBUCK-TICKとの違いはなんといっても、
ボーカルがアラキ氏という今のBUCK-TICKとは全く関係ない
人がやっていたということ、
そしてドラム担当が何とあっちゃんだということ!!


動画を見ると・・・・いやー、こりゃ酷いや(笑)
詳細はわからないですが、手元の資料とMCから判断すると、
これは1984年のポプコンの高崎地区大会の時の映像かなあ。


ちなみにこの大会ではなんと「特別賞」を授賞したそうです!
マジかよ!審査員大丈夫か?と
ファンの僕ですら思ってしまいますが(笑)


その時の評価がテクニック「1」、しかし将来性「5」という
モノだったそうです。ある意味審査員の目は正しかったのか?


その後1985年の11月にボーカルが脱退し、櫻井さんが
ボーカルへ、そしてアニイがドラマーとして参加。
ここから、現在に至るまで一度もメンバーチェンジなしの
いわば本当の「BUCK-TICK」としての
活動がスタートしたわけです。


今年は20周年といわれていますが、これは
1987年のメジャーデビューから数えているわけで、
インディーズの活動期間を入れれば22年になるんです!
22年ですよ!本当に凄いと思います。まさに
リヴィング・レジェンド。


しかし、今回初めてアラキさんのパフォーマンス見ましたが、
なんつーか・・・もっと元気出せよ!って感じですよね。
そういう路線のバンドなのかとも思いましたが、
一応パンクバンドだったらしいので、技術ない分、せめて
勢いだけは・・・ねぇ。皆さんはどう思いました?


僕はクラッカー鳴らした客に注意する姿と、
やたら後ろを振り返る動き。
そして、何とも言えない哀しそうな顔でステージで座り込む
のを見て、「あー、この人、向いてないなあ・・・」
とか思っちゃいました。


これならまだしも恥ずかしいMCをがなり立てる超初期の
あっちゃんの方が・・・

いや、これも結構厳しいぜ(笑)


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (3) | トラックバック (0)

SIX/NINE解説9 相変わらずの「アレ」のカタマリがのさばる反吐の底の吹き溜まり(後編)

しまった、前編のあとすぐ続きを書くつもりが、
今週はPV祭りですっかり間があいてしまった・・・


歌詞について書きたいことは前編でほぼ言い尽くしました。。
後半も、前半の解釈と同じようにバンドや音楽シーン
等に対する皮肉と取れば裏に隠された意味がわかりますね。

「向こう側で上手くやるのさ 突き抜けさあ希望の都で会おう」


「希望の都」と書いて「地獄の果て」とルビを振るセンスが、
さすが今井という感じです。


さて、もう一つこの曲の特長、それは今井が半分くらい
ボーカルを取っているということですね。
前作DTDの「Madman Blues 」も、
櫻井とのツインボーカルっぽかったですが、
この「相変わらずの・・」では担当する部分が
より多くなっていますね。


また、それまではエフェクトがかかっていたり、
調子っぱずれの声でシャウト(笑)していたりしたのですが、
この曲ではとても格好いい声を聞かせてくれています。
初めて聞いたときは、「え、これ今井さんの声!?」
と驚いた人も多いはず。クールで良い感じですよね。


「WARDS BY BUCK-TICK」という本の中に、
藤井麻輝と今井寿、そしてhideの対談という
超豪華な記事が収録されているのですが、
その中で今井の声について

S_2


藤井「声良いッスもんね」
hide「凄い好き」

と絶賛しています。
スーパーシャフト、実現して欲しかったなあ・・・


ここで自信を付けたのか、もしかしたらコレが
後の今井フルボーカル曲、
「Sid Vicious ON THE BEACH」を生み出したのかもしれません。
また、いよいよ発売される新曲「ランデヴー」でも、
かなり重要なコーラス部分を担当しているのは、
ここを見てくださっている方ならもうご存じですよね!


以上、前後編にわたって解説したこの曲。
超大作SIX/NINEの中でも、かなり異色の、
そして最高にイカス名曲です。
久しぶりにライブでやって欲しいなあ。


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (2) | トラックバック (0)

毒が出るから出トックスなの?(違います)

D1

このところジャンクな食生活が続いていたので、
カラダの中をキレイにするべく、
話題のデトックス料理を
食べに行ってきました。
D2


バイキングスタイルなんですが、
メニューを見てわかるとおり、
普通のバイキングとは内容が全然違いますねー。


通常のバイキングといえば、揚げ物や焼き肉、
ハンバーグなど肉料理中心で、
かなりこってりしたメニューが多いんですが、ここのは
野菜や豆料理からおひたしや酢の物など、およそバイキングでは
目にしない物が沢山揃っていました。


ご飯も通常の白米に加えて五穀米などかあり、
好みに合わせて色々選べます。
お茶碗もなかなか味のある陶器製。
D3_1


どれも美味しかったですが、一押しメニューだった
「デトックスカレー」というのがなかなか!


僕と友人はバイキングという名の戦場を
数多く渡り歩いてきた歴戦の勇士なんですが(笑)
そこで培われた経験則上、「バイキングではカレーに手を出すな」
というのが基本的な戦術でした。


ご飯が進むカレーは多くの場合、敵側(バイキング店)が
戦士達(客ね)のお腹を膨らませる為に用意した罠なのです。
多くの場合はレトルトのをそのまま出したような味で、
原価的にもたいしたことないという、向こうにとっては
最強の兵器。逆に言えばこちらは一つの得もないまさに
「トラップ」なのです。


でも、ここのカレーは野菜メインで、味もなかなか。
まあお腹には堪りますけど、食べても
決して後悔することはない一品でした。


一通り食事を堪能したあとは・・・お待ちかねデザートタイム!
ちょっと取りすぎたかな・・・?
S1

と思いましたが、同行したマイハニー(嘘)の
トレイを見たら
S2


やはり、バイキングでは女性の方が一枚上手(笑)


ここはお茶もティーパックではなく色んな種類の葉が
置いてあって、ドリンクバーといえど侮れない味でしたよ。
ハーブティーの「リラックス」ってヤツが美味しかったなあ・・・


当然、デザートは2セット目も行っちゃいましたが、何か?(笑)
S3


たっぷりと楽しんだあとは、
サウナに行って汗を出し、
温泉でゆっくり過ごしました。


さて、6月も頑張っていきましょうか。

(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (2) | トラックバック (0)

殺シノ調べ2は実現するのか!?

コメント欄で、フールズメイトにバクチクの
インタビューが載っていると教えてくれた方が
いらっしゃいましたので、早速読んできました。
(trick_bluck様ありがとうございます)


時間がなかったので斜め読みですが、
やっぱり一番印象に残ったのは今井さんの
(MY EYES&~以外のリメイクについても)
「期待して良い」というコメントですね!


昔の曲の中で、今のままではやりたくないけど、
ここをこうすれば良いんだけどなあ、と思っている曲が
いくつかあって、それも機会があれば・・・


というような話でしたが、数年前は
ファンの間での妄想に過ぎなかった
「殺シノ調べ2」が、もしかしたら
実現するかも・・・そんな期待を抱かせてくれる
のに充分なコメントでしたよ。皆さんも
機会があったら読んでみてください。


あと笑ったのが、櫻井さんの
「自分たち主催のフェスをやる事にした動機は?」
という質問に対する答え。


「みんなが夏のフェスに呼んでくれないから」


・・・っておい!
みんなそういうの出ないバンドだと
思ってるからですよ!もっとアピールアピール!


今度からライブはB’zの稲葉さんばりのぴちぴちパンツに
タンクトップでやりなさい!そして夏大好き!
太陽最高!と満面の笑顔で・・・


いや、やっぱりいいです・・・


櫻井さんにはずっと

「日焼けする位なら死にますよ」

(市川哲史の酒飲み日記より)っていう
スタンスで行って欲しいです!(笑)


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (7) | トラックバック (3)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »