« BUCK-TICK IN THE WORLD PART1 | トップページ | 祝「RENDEZVOUS」オリコンベスト10入り! »

BUCK-TICK IN THE WORLD PART2

最近コメント欄で、「中国の女の子」ことKIM様が
書き込んでくれてこのブログもちょっぴり国際派?(笑)


彼女の話では中国にも沢山のBTファンが居るようで、
嬉しい限りですね。韓国でライブをやったときも熱狂的に
迎えられていましたし、「聖地」今井商店には
韓国・台湾などから訪れる人も結構いると聞きました。


以前香港に行った時に、向こうのCDショップにも行ったんですが、
やはり日本のバンドの人気は高かったですよ。
香港は所謂歌謡曲全盛で、俳優さんが兼業で歌手をやっていて、
そういう人達が売り上げの上位をほとんど占めているようです。
香港オリジナルのバンドなども居ますが、数はかなり少ない。


そこで物足りない若者などが、海外の音楽に手を出すようですが、
同じアジアということで、日本はとっかかりが良いんでしょうね。
韓国や中国も同じような感じだと思います。
日本人が洋楽聞くのと同じ感覚ですかね。


ちなみに以前行ったときに、HMVのお兄さんが、数少ない
香港の本格派音楽雑誌「MCB」というのを教えてくれました。
ロック好きな少年が手作りで始めたこの雑誌は、
良質の音楽情報誌だったようですが、
現在は廃刊してしまった模様。


ただ、オフィシャルサイトはまだ残っているようで、ここで
バックナンバーの表紙などが見れます。244号・・・ニヤリ。


以前は日本のバンドのことが海外で紹介されることなどほとんど
無かったようですが、最近はインターネット、特に
YouTubeなどの影響で、簡単に情報が手に入り、
音源もアマゾンやiTMSなどを通じて世界中何処でも
手にはいるようになってきているので
今後ますますこういった傾向に拍車がかかるかもしれませんね。


YouTubeやニコニコは、著作権絡みでレコード会社なんかには
評判悪いようですが、上手く利用すればかなり効果的な
プロモーションになると思うんですよね。


例えば地上波でCM流すとなれば億単位の金が
かかるわけですが、YouTubeなら基本タダですしね。


「無料で見て満足しちゃって、それで終わっちゃうんじゃないの?」

って人もいるかもしれませんが、基本的にYouTubeは
画質・音質悪いですから。そこがポイントだ、という話を
日経のアナリストのレポートで読んだことがあります。


つまりどういう事かというと、YouTube見て気に入ったら、
ホントに欲しい人はCDなりダウンロードなりで
購入すると言うこと。


逆に例えば、スカパー!の音楽チャンネルなんかで流すと、
ある程度の画質・音質があるので、むしろそっちの方が
売り上げに繋がらないんじゃないか、という分析をしていました。


たしかに、スカパー!に加入して、更に
音楽チャンネルに加入しているようなヘビーユーザーは、
プロモしてもしなくても購入する人はするし、
しない人はしなさそうですよね。


逆にそれほど音楽に詳しくない人でも、無料の
YouTubeを利用している人はかなり多いわけで、
新規の顧客を開拓するには、そういうところでPRしたほうが
効果は上がるかもしれない。しばらく離れていたファンが、
YouTubeやニコニコで見たのを切っ掛けにファンに出戻った、
という話も良く聞きます。


ランデヴーも地上波や一般のメディアでは
ほとんどプロモされてませんし、タイアップもナシ。
少し前なら、埋もれていった可能性も大きいと思います。


でも今回は比較的好調のようです。それはやはりネットにおける
知名度アップが大きかったんじゃないでしょうか。
ここを見ている皆さんも、新曲の情報を雑誌・テレビではなく、
ネット経由で知った、という方が多いんじゃないでしょうか?
そして購入するかどうか迷っていたけど、動画サイトで
見かけたクリップで決心した!なんて人も多いはず。


海外では既にこういった動画サイトなどを利用したプロモは
効果が高いと判断し、積極的にコンテンツを提供するところも
増加しているようです。イギリスの大手ニュースネットワークが
YouTubeに番組を提供する、という話は
結構話題になりましたよね。


もちろん一概に全てが良い面ばかり、とは言えませんが、
そろそろテレビ・雑誌主体のプロモからシフトする
時代に来ているのかもしれませんね。


BUCK-TICKの「ロマンス」のPVは
海外のV系ファンにもかなり評価されているようです。
曲や映像としてのクオリティももちろんですが、
櫻井さんのルックスについても・・・


Oh Atsushi.. he is just so perfect.
Beautiful... Atsushi is my dream boy.
he has the sexiest voice ever :)
Atsushi is sooooo sexy^^


まさに全米震撼(笑) 中には


still a good band for 22 years ^^


なんてコメントも。向こうにも詳しいファンが居ますねー。
ちょっとブックマークするのを忘れたんですが、
けっこう本格的な日本のバンドを解説したサイトがあって、
そこには英語で


「L’Arc-en-Cielは既にベテランの域だが、
実はそれ以上のキャリアを誇るバンドがある。BUCK-TICKである。
このバンドはあのLUNA SEAより古く、なんとX JAPANより
前にメジャーデビューしているのだ!」


みたいなことが書いてあって、
あんたどんだけ詳しいんだよと嬉しくなったことがありましたよ(笑)


最後は韓国のフェスにでたときの映像を。
(サムネイル表示が上手く行かなかったので
リンクで飛ぶようにしました)


いやー、向こうのファンも熱狂的ですね!
しかし、質問の内容がハングル表記なので
分からないところがあるのが残念。
後半でメンバーの顔にマルが付いたりしてるのは・・・
「**なのは誰?」みたいな質問かな。


「メンバーの中で一番酒癖悪いのは」とか?(笑)


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

« BUCK-TICK IN THE WORLD PART1 | トップページ | 祝「RENDEZVOUS」オリコンベスト10入り! »

BUCK-TICK」カテゴリの記事

コメント

オリコンTOP10入りおめでとう!これからもみんなでBUCK-TICK応援し続けよう!

投稿: | 2007/06/12 19:36

すご~い。本日はかなりな長文ですねえ。

YouTubeが画質悪いのは、そういう意図があったのか。
「画質悪いくせに重くて止まりやがって・・」と思ってました。
ニコニコの方が高画質だもんなあ。
ニコニコはコメントが面白くてつい見てしまいます。
今度はNifty がニフニフという動画サイトをやるそうですね。

アメリカでそんなことになってるなんて、全く知りませんでした。
目にした瞬間のあっちゃんのインパクトは、そりゃ大きいわ。
外人の女性モデルっぽい顔立ちだと思うんですが
外人から見ても perfect な beauty なんですね。
しかし、40歳過ぎて「boy」って。。。

最近、コメントされる方も増えてきましたね。
しかも古株の先輩方!
私は「狂った太陽」でファンになった
(しかもリリース後かなり経ってから)
新参者なのですが、宜しくお願いします。
(でも歳はとってますよ。。。)

投稿: わにお | 2007/06/12 21:02

韓国フェスのインタビューに、見入ってました(笑)

>しばらく離れていたファンが、YouTubeやニコニコで見たのを切っ掛けにファンに出戻った・・・
まさに、私がその1人です。もちろん「デラシネの少年」に出会えたのも大きく影響してま~す♪
デビューから「狂った太陽」あたりまでで、ず~っと遠ざかっていました。。。

オリコンTOP10入りしたんですかぁ!?
すっごいうれし~ぃ☆

投稿: ちーちゃん | 2007/06/12 21:35

実は私も出戻りです・・汗
JUSTONEMOREKISSから、darker~くらいまでで、しかもDrops経由で戻っちゃいました!
聞いてなかった10数年分をamazonで大人買い?して、youtubeでPV見まくったら、また大好きになっちゃって♪
なのでデラシネさんのBlog見つけたときは夢中になって読んでました!
もちろん今もですよ~

投稿: latte | 2007/06/12 23:11

皆さんコメントありがとうございます。

>名無しさん
情報ありがとうございます。ネット上のランキングに
反映されるのは来週なんですよねー。
でも一足先にお祝いでもしちゃいましょうか。

>わにお様
こんばんは。YouTubeのが質が悪いのは容量を
減らす為なんですけどね。結果としてそれが
「大目に見てもらってる」事に繋がったようです。

僕も本格的にハマったのは狂った太陽からですよ!

>ちーちゃん様・latte様
姉さんらがオツトメしてる間、自分らがBT組
守っとりやした。安心して戻ってきてくだせぇ(笑)

投稿: デラシネ | 2007/06/12 23:50

最近の書き込みの増加は凄いですね。
海外の人や、古株の人、このサイトのお陰で、
色々な人と繋がりができるのって素敵ですね。
皆さんが、ファンになったきっかけや、B-Tに対する感想も
十人十色で、読んでて楽しいです。

一回離れても戻ってこさせてしまう、B-Tの皆さんの魅力って
なんなんでしょうね?
きっとこれも、人それぞれで説明できないものなんでしょうね。

B-T熱が高くなって来てるみたいで、
これからは、チケットが取りにくくなりそうですね。
ファンとしては嬉しい悲鳴?をあげそうです。

輪がどんどん大きくなっています。
デラシネさん、お忙しいでしょうが、
これからも更新がんばってくださいね。


投稿: trick_bluck | 2007/06/13 01:25

BLOGの中で言及されました。^ ^
中国の大多数FANは尾崎南様の「絶愛」の中からあっちゃんを知っているのです。聞くところによると、コジの原型はあっちゃんですね。(笑)
Trinity BloodがBUCK-TICKを知っていることがまだあります,Trinity BloodのEDはバクチクのドレスですね。
日本の動画と漫画は中国でとても人気がある、全世界もですね^^。
SIX/NINE初回版は初回限定即回収紫仕様、yahooというのはyahoo auctionです。
明日 私は日本語を勉強します。もっと多いバクチクの事を理解のために。(笑)
いつもここに来ることができなくて、残念ですね。

投稿: KIM | 2007/06/13 15:14

コメントありがとうございます。
>trick_bluck様
そうですね、やはりBTは自分たちの信念に基づいて
良い意味で「やりたいように」やってるからじゃ
ないですかね。売れ筋とか、流行廃りにとらわれず、
自分たちのスタイルを貫く・・・。
だからしばらく離れて戻ってきても、魅力は少しも
色褪せていない。故にまたファンになる、
という事じゃないでしょうか。

>KIM様
こんばんは!なんと切っ掛けは漫画だったのですね!「絶愛」・・・今度チェックしてみよう。
ドレスの他にも、月世界がアニメに使われていた
ようですね(残念ながら見たことはないのですが・・・)
ジャパニメーション+JROCKは最強の組み合わせ
なのかもしれませんね。
ヤフオク(yahoo aucyionのことを日本では
こう呼んでいます)も利用しているのですね。
凄い!S/Nは良いアルバムです。僕は
初回(紫)・再販(赤)・デジタルリマスターと3枚も
持っています(笑)
日本語の勉強頑張ってくださいね!

投稿: デラシネ | 2007/06/13 20:46

デラシネさん。
「絶愛」・・・チェックしない方が幸せですよ。
男性同士の壮絶な愛の物語です。だから「絶愛」。
これが普通の少女マンガ誌マーガレットで始まったのには
びっくりしました。

元々は同人誌です。「キャプテン翼」の。
いわゆる「やおい」漫画です。
KIMさんが書いている「コジ」は「翼」に出てくる
日向小次郎のことですが、小次郎ではなく
尾崎南が描く「若島津健」があっちゃんっぽいのです。

さすがに商業誌で、「翼」のキャラをそのままは使えないので
「泉拓人」というサッカー少年と「南條晃司」という
人気歌手の話になっています。
南條晃司のルックス・ファッションがあっちゃんっぽかったり
歌う歌の歌詞に「Bad Blood」なんて言葉が入ってたりしています。
で、晃司のモデルは櫻井敦司なのか。。。と言われているのです。
自分の同人誌の中で、尾崎南は否定してB-Tファンに
謝っていますが。

まさか、中国での人気の元がこれとわ。。。。びっくりです。
でも、B-Tメンバーそのままで描かれている
そういう本も見たことありますけどね。ちょっとひきますよ。

投稿: わにお | 2007/06/13 21:49

おお。今、KIMさんのコメントを読み返していて
気がつきました。
「コジ」は小次郎ではないですね。
「コウジ」=晃司のことだ!
晃司の原型があっちゃんか。
「絶愛」に小次郎は出てこないもんな。

早とちりでした。
KIMさん、ごめんなさい。あなたが正しかったです。

投稿: わにお | 2007/06/13 21:56

>デラシネ様
君は3枚のS/N持っていますね、本当にうらやましがります!
私も頑張ります。(バクチクの事は一番大切な事ですね^^)
私も日本語を頑張りたいものですね。^^

>わにお様
すみません。晃司はコウジですね,私のつづりの間違いです。(笑) 
君のコメントの書く良いよく知っている、ありがとうございます。

投稿: KIM | 2007/06/13 23:39

コメントありがとうございます。
>わにお様
そ、そんな漫画だったのですが・・・
ブログを始める前に、研究の為他のBTサイトを
廻ったんですが、確かにそれ系っぽいのも
いくつかあったような・・・(怖くて入り口で帰ってきたよ)

>KIM様
僕もBTは一番大切な物です!
S/Nは届きましたか?これからもよろしく!

投稿: デラシネ | 2007/06/14 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/15407977

この記事へのトラックバック一覧です: BUCK-TICK IN THE WORLD PART2:

« BUCK-TICK IN THE WORLD PART1 | トップページ | 祝「RENDEZVOUS」オリコンベスト10入り! »