« Be my baby  Be bop a baby  She's my baby love | トップページ | プラスマイナスゼロ »

SIX/NINE解説9 相変わらずの「アレ」のカタマリがのさばる反吐の底の吹き溜まり(前編)

さて、S/Nの曲解説シリーズの中でも、
一つの山場だと思っているのがこの曲です。


元々はこの曲だけを紹介するつもり
(=この曲について語りたかった)
のですが、どうせなら、と軽い気持ちで
アルバム全体の解説を始めてしまったのが運の尽き・・・


こんなに長くなるとは思わなかったです。
それほど濃密な作品なんですよ、S/Nは!


前の曲が櫻井ワールド前回なら、
この曲は作詞・作曲 今井寿、純度120%の
今井ワールドです。


歌詞は、そのままの字面で捉えれば
「魚の唄」?ですが、もちろんそんなわけ無いですよね。
これにはダブルミーニングがあるということは
すぐに気がつくと思います。


ただ、それはいったい何なのか、というのは
人によって随分意見の分かれるところだと思います。


もちろん今井からの正式なステートメントがでていない以上
正解はない、つまり誰の意見もある意味では正しいし、
ある意味では間違っていると言うことになるのですが。


敢えて持論を展開させていただきます。


この曲は、今井が自分たち=BUCK-TICKの立ち位置と、
その当時の音楽シーンに対する思い・腹立ちを
歌詞に込めたのだと、自分は思います。


「游ぐ魚、游がない魚、游げる魚、游げない魚」
魚=バンド、アーティストのことです。


游ぐ魚このシーンの中で泳ぐ=シーンに乗っていく者。
游がない魚 バンドブームを嫌い、それを避けている者
游げる魚 才能ある者・バンドブームさえ利用し、
のし上がろうとする者
游げない魚 シーンに飲み込まれ、流されていってしまう者


つまり、以前のバンドブーム論でも語ったように、
まるで濁流のように押し寄せたバンドブームという
波の中に飲み込まれたアーティスト達を「魚」と
表現しているのです。


「有象無象の魑魅魍魎が跋扈する海の中のあの世界」
これは、アーティストを食い物にしようとする、
レコード会社・プロデューサー・広告代理店・
そしてマスコミ達・そしてそれらを含めた腐った
日本の音楽シーンを暗喩していますね。


「俺は1人金魚ばかりのうるさい魚群から脱け出す雑魚」


「金魚ばかりのうるさい魚群(カタマリ)」 これは当時、
BUCK-TICKのブレイクを受けて雨後の竹の子のように
現れた多くのビジュアル系バンドを皮肉っているのでしょう。


プロデューサーやレコード会社に言われるままに
キラキラと着飾って、みんなの前で愛想を振りまく姿は、
まさしく「金魚」。しかし、見せ物以上の物ではない。


そして、俺=BUCK-TICKはそんなヤツラとは違う、
好きにやらせてもらうぜ、俺たちは異端=雑魚で良い。
そういう今井の思いが込められているのだと僕は思うのです。


欲望だけか~以降は、その下らないシーンの中で踊らされ
喜んでいる勘違い野郎達を皮肉っている歌詞でしょうか。


以前バンドブームについての考察を書いてみましたが、
やはりメンバー、そして今井もシーンやレーベルに
対する不満が募っていたんでしょうね。
そして、それらからの決別を決意していたのかもしれません。


事実、このアルバムはお世辞にも「売れ線」とは言えませんし、
これで離れていったファンも多く、以後、バクチクは
所謂表舞台、雑誌の表紙を飾り、音楽番組で積極的にブロモ、
なんていうことから離れていき、メディアへの露出も
減っていくことになります。
(最終的には次作COSMOSを最後に移籍することになる)


長くなってきたので今日はここまでにします。続きはまた。
ちょっと暴走しちゃったかな・・・

「Seaside is heaven/Neverside is go 
Suicide is heaven/Newblood is go
Somebody is heaven /Nobody is go 
Six side is heaven/Nine side is go」 今井寿

(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

« Be my baby  Be bop a baby  She's my baby love | トップページ | プラスマイナスゼロ »

SIX/NINE」カテゴリの記事

コメント

何も解らずにただこの曲を聴くと・・・でしたが、解説を読んでから、PV見たら「なるほど~~!」と、しっかり聴く事が出来ました。さすがだね♪もっともっと暴走してください(笑)

投稿: ちーちゃん | 2007/05/26 22:26

こんばんは。期待を裏切るようで大変申し訳ないのですが、私は女性なんです~~。
誤解を招いてすみませんね。可愛くコメントしたつもりだったんですが。。。
S/Nも考えてみると、もう10年以上前の作品なんだなぁ。しみじみ。
CDの尺の長さに挑戦したアルバムでしたね。DTDはトラック数の限界に挑戦したアルバムだったし。え、どっちも違う?
でもこの頃のライブは本当に演るだけ演って終わり!って感じでした。

そうそう、本日「PARADE」のチケが届きました。デザインはB-Tの写真とかではなく、イラストが入っていました。
太鼓叩いたりラッパ吹いたりしている人たちの行列(PARADE)の影絵風のイラストです。メルヘンチックです。一見するとB-Tのチケとはとても思えませんよ。

投稿: わにお | 2007/05/26 22:54

皆さんコメントありがとうございます。
>ちーちゃん様
空くまで僕なりの解釈なので、「そういう見方もある」
程度の参考にしておいてくださいねー。

>わにお様
大変失礼いたしました。もちろん女性も大歓迎
です!DTDは古いCDプレーヤーで聞くと、
カウント数がおかしくなる、なんて話もあったみたい
ですね。
チケットはいつものアーティスト写真タイプではなく、
イラストタイプなんですね。「PARADE」っていう
のが、キーコンセプトになっているんですかね。
なんか今になって、フェス以外もチケット取れば
良かったかなあと後悔し始めてます・・・

投稿: デラシネ | 2007/05/26 23:13

ぴあHPで見る限り、福岡と沖縄はまだチケット取れるみたいですよ。
遠すぎ。。。ますね。沖縄は◎「余裕あり」だった。ガガ~ン。
大阪の1F立見も「残りわずか」だって。残ってるの?ガガガ~ン。

投稿: わにお | 2007/05/27 00:22

わざわざ調べていただいたんですね!
ありがとうございます。
流石に九州・沖縄は遠いですねー。
自分は関東周辺、というか東京・埼玉・神奈川しか
行ったこと無いんですよねー。わにお様は大阪
が地元なんですか?一度は関西方面にも
行ってみたいなあ。

投稿: デラシネ | 2007/05/27 01:05

私は生まれも育ちも大阪です。今は引っ越したので兵庫県ですが。。。ほとんど大阪との境目あたり。大阪から離れては住まれへんわ。
関西方面のライブにもお越し下さい。神戸や京都あたりに。だって大阪はなぜかいつも激戦なんだもん。
ライブに関しては東京の方がうらやましいですけどね。DVDになるのも東京のライブだし。ツアー以外のイベントも東京方面だし。くっすん。
でも、フェスタには行くぜ。

投稿: わにお | 2007/05/27 12:17

修学旅行で京都・奈良行った以外では
西の方に入ったこと無いんですよね。
大阪もいつもチケット争奪激しいですよね。
このブログも大阪からのアクセスが多いです。
ビジュアル系バンドは東京より大阪の方が
人気が高い、なんて話を雑誌で見たことも
ありますが、どうなんでしょう。
一度食い倒れの街(道頓堀?でしたっけ)
で食べ歩きしたいなー。

投稿: デラシネ | 2007/05/27 19:58

こんばんは~!
さっきニコニコ見てて発見したんだけど、BOOWYの高崎福祉会館のライブに「バクチク今井」ってコメント入ってて見たら、ソックリだったけど、本物かなぁ・・・?まぁ高崎だし、ありえるけどね。なんだか衝撃的な映像でしたよ(笑)

投稿: ちーちゃん | 2007/05/28 21:10

こんばんは!あれ、やっぱり今井さんですかね?
結構有名な動画で、もうちょっと綺麗なヤツも
見たことあるんですけど、確かに今井さんと
言われればそうだし、別人といえばそうだし・・・
って感じでした。本人だとすると18歳の時か・・・
当時のあだ名が「アナーキー君」だったというのも
納得できるかも(笑)

投稿: デラシネ | 2007/05/28 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/15209920

この記事へのトラックバック一覧です: SIX/NINE解説9 相変わらずの「アレ」のカタマリがのさばる反吐の底の吹き溜まり(前編):

« Be my baby  Be bop a baby  She's my baby love | トップページ | プラスマイナスゼロ »