« 太陽と水と空気と、あなたに。 | トップページ | 君にaddictedかも »

変わり続ける獣

ようやく「音楽と人」と「CDでーた」のインタビュー記事
読むことが出来ました。


CDでーたの方は1ページ(しかも上半分は写真)ですので、
それほどのことは書いてありませんでしたが、
音楽の人の方はなかなか面白かったです。
(とはいえ2ページでしたが・・・・)


今井さんへの単独インタビューだったのですが、
大きく分けると3つのことについて語っていました。


1つめ 新作のこと。

内容はポップでシンプル。インタビュアーが「原点回帰か?」
と聞いたところ「そうではあるけど、
結果的にそうなったのであって、
今回のコンセプトとして、なるべくエレクトロニカを排除して、
極端に言えばギター一本でも出来るような
シンプルなバンドサウンドにするということがあった。
その結果として初期のスタイルに近くなったということ」


うーん、これを聞いて安心しました。
なぜなら、常にアグレッシブで、どん欲に新しいことに
挑み続ける今井さんが今作はちょっと守りに入ったかな、
と心配していたからです。


昨今の再結成やリメイクブームを見ればわかるとおり、
懐かしさを売りにすることは比較的簡単に
ある程度の結果を出せます。ただ、僕はBUCK-TICKには
そういうことはやって欲しくなかったので。


ベストアルバムを出すにしても、敢えて全曲リアレンジ、新録、
歌詞すら一部変えてしまった「殺シノ調べ」のように、
常に進化し続けるモンスターバンド、
それがBUCK-TICKだと思うから。


2つめ MY EYES&YOUR EYESのセルフカバーのこと

ぶっちゃけた話、企画自体はレコード会社からの提案らしい(笑)
ただし、ファンの投票で常に人気が高く、また今井さん自身、
こういう事をやりたかった。ただ、やるとなったら凝りまくる男、
相当のエネルギーを使うので、今まで腰が重かったのだけれど、
いい切っ掛けになった。頭の中には、他にもやってみたい
曲があるらしい・・・


おお!
これは嬉しい発言ですね。そういえばデイインでも
CAPSULE TEARSを新アレンジで披露したことが
ありましたから、もしかしたら今後もこういった曲が
発表されるかも!ファンの間で常に噂となる
「殺シノ調べ2」も望みゼロではない!?


3つめ 新曲「ランデヴー」の櫻井さんの歌詞について

これはかなりストレートに愛・喜びを歌ったものらしく、
インタビュワーもかなり驚いていました。
これについて今井さんは
「やっぱり心境の変化があったんじゃないの。
確かに以前なら考えられなかったけど、今回のアルバムの
「シンプル」というコンセプトにはあっていたからちょうどいい」
と答えています。


また、櫻井さん自身はCDでーたの方で
「今までは綺麗な物を汚く唄ってしまったり、
少しひねくれたところがあった。でも今は、
思いをそのまま表現することに抵抗がなくなった」

と語っています。やはりこれはキャリアが生み出した自信と、
家族を持ったことが大きいんでしょうね。ニューシングルの歌詞は
愛娘への思いを唄ったもの、という噂もある位ですから・・・


最後に「結成20年について」今井さんに聞くと、案の定
「特に感慨はないよー」と、相変わらずのマイペース(笑)


でも、いつもと違うのは
「俺とユータだけは昔から全然変わらないんだよなー」
という発言。なんでもこの二人だけが、
自動車の免許を取らないまま上京したらしく、
当時から「俺たちってずっとこんなペースかなあ」
なんて話していたらしいです。つまり計画性が無くて
いつまでも子供っぽい、ってことを言いたかったのかな?(笑)


僕としては暗に「この二人だけまだ身を固めていない」ことを
指しているのかな、なんて深読みしてしまったり。


時間が無くてチラッと読んだだけだったので多少
違っているかもしれませんが、大体こんな内容
だったと思います。ますます新作が楽しみになりますね!


コメントの方でリクエストがあったので、バンドやろうぜの
有名アーティストが語るBUCK-TICKについてのインタビュー。
その答えを少し・・・

質問は
1BUCK-TICKとの出会いとその印象
2好きな曲とその理由
3自分にとってBUCK-TICKの最大の魅力とは?
です。


SUGIZO
1TABOO。ダークでポップでぶっとんでいた。。
2「太陽ニ殺サレタ」とにかく狂った太陽全体が最高。
3 ぶっ飛んだままずっと進化し続けているところ。
とにかくリスペクトしている。俺にとってのカリスマ。


菊池哲
1 パーソンズの打ち上げで。色々話を聞けた。
2 TABOOのなかの「TABOO」から
「JUSTONEMOREKISS」へ行く瞬間。
ロンドンレコーディングの話を聞かせてもらったので更に感動。
3「band of the band」。結束の堅さと、
何事も楽しむ姿勢はいつもお手本です。


スペースの関係で一部省略していますが、こんな感じです。

僕が面白かった答えは

大槻ケンヂ
1 埼玉大学の楽屋で櫻井さんに「どうやって髪立てるんですか」
と聞いたのが出会い。
「ダイエースプレーです」と教えてあげた櫻井さんに萌え(笑)

YUKKE(ムック)
3 母に見せてもらったライブビデオを見て、涙がでた。
お母様はかなりのBUCK-TICKファンらしいです(笑)


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

« 太陽と水と空気と、あなたに。 | トップページ | 君にaddictedかも »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

すごーいリアルタイム「音楽と人」さっき読んで来ました!
今井さんの写真、いまひとつな感じでした。
内容は、面白かったですよね!

あっちゃんって娘さんがいるんですね・・・ショックだなぁ~(涙)あんなかっこいいお父さん、ありえない。。。

うちの娘は、今ムックファンです(笑)

投稿: ちーちゃん | 2007/05/15 19:49

まあ噂ですけどねー。結婚してるんで
いてもおかしくはないですが。あんなお父さんが
父兄参観とかに来たら教室が大変なことに!(笑)
猫マニアの櫻井さんのことだから、実は歌詞は
猫に向けてのものだったりして。
ムックは名前は知ってるんですけど、曲は聞いたこと
無いんですよね。最近は木村カエラとか聞いてます・・・軟弱な俺!

投稿: デラシネ | 2007/05/15 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/15082350

この記事へのトラックバック一覧です: 変わり続ける獣:

« 太陽と水と空気と、あなたに。 | トップページ | 君にaddictedかも »