« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

RENDEZVOUS発売間近!

いよいよ1週間切りましたね、
ニューシングル「ランデヴー」発売まで!


アマゾンの商品説明に、ジャケット画像がいつまで経っても
掲載されないので、まさかこのまま
dropzのように発売されて一ヶ月以上経っても

↑こんな状態なんじゃ・・・(涙)


と心配していましたが、ようやく昨日辺り更新されて、
画像も表示されるようになりましたね。


RENDEZVOUSのジャケット画像、これは海賊?
さすが、和製ジョニーデップこと櫻井敦司
だけのことはありますね(違います)


ニコニコに登録していなくてクリップ見れない方の為に、
今日はYouTubeで見つけた方のリンクを張っておきます。


何度聞いてもいいなあ・・・
ランデヴーでお腹いっぱい大満足なのに、
さらに加えてMY EYES&YOUR EYES
まで収録されているなんて・・・


例えるなら、1匹だと思ってたカニがもう一匹あったよ!
みたいな感動ですね。


え、何言ってるか意味がわからない?
そんな貴方はこの動画を見てください。
5分50秒辺りから。


僕の言いたいこと、判ってくれましたよね?(笑)


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (9) | トラックバック (0)

Have you ever seen the rainbow?

R_1

こんなに綺麗な形の
虹を見たのは何年ぶりだろう。
道行く人々もしばし足を止め見入っていました。


殺伐とした世の中ですが、
空を見上げる余裕くらいは持ち続けたい。


「私の心は踊る 空に虹がかかるのを見るとき
幼い頃もそうであり 大人になった今でもそうである
年老いてからもそうあり続けたい」   ワーズワース


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (2) | トラックバック (0)

6/6発売RENDEZVOUS~ランデヴー~ PV完全版

先日、ニコニコ動画で見つけたRENDEZVOUS(ランデヴー)
PVを紹介したんですが、なんとコメント欄に、
アップしてくれた方からのコメントを頂きました!
ままめ様、ありがとうございます。


そして今日はなんと、FULLバージョンが登場!


ネタバレが嫌な方はスルーしてください。
僕はというと・・・見ちゃいました!格好いい!イントロが!
俺CD10枚買うよ!だから貴方は20枚買うんだ!
見た人はアーティストに還元する為必ず音源買いましょうね。
デラシネのアニキとの約束だ!アニキって言うな!


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (10) | トラックバック (0)

ご冥福をお祈りします。

ZARDの坂井泉水さんが亡くなったそうで・・・
曲などについてはほとんど知らないし、
ファンというわけでもありませんが、
確かBUCK-TICKのメンバーと同世代
なんですよね・・・(調べたらユータと同じ歳)


早過ぎますよね。ファンに方はショックだろうと思います。
細かい点についてはまだ発表されていませんが、
癌で入院中だったようです。
ただ、死因は「転落死」、と発表されていました。
事故と自殺の両面で調査中とのこと。
色々悩んでいたのかもしれません。ご冥福をお祈りいたします。

| コメント (2) | トラックバック (0)

プラスマイナスゼロ

あっつー・・・


今日は暑かったッスねー・・・
午前中に用事済ませたあとは、部屋でDVD見てました。
我慢できずエアコンかけちゃったよ・・・


ドラッグストアで目薬買うついでに、飲み物も。
いつもはミネラルウォーターが多いんだけど、
こんな暑い日は清涼感を求めてコーラを。


でも、糖分取りすぎるのも・・・
ということで、ダイエットコークにしました。


冷蔵庫に入れようとしていると、ふと何かのクーポン券が
付いているのに気がつきました。

C_2

・・・ダイエットコークに、ハンバーガーのタダ券・・・
意味無いじゃん!バカにしてんのか!


いや、待てよ・・・
コレはきっと消費者の覚悟を試しているに違いない。
「この程度の誘惑に勝てないようじゃ、ダイエットなんて無理無理」
ってことですよ。


もちろん、意志の強い僕にそんな技は通用しな・・・

H_1

イヤャャャヤアアアアア!
いいんだよ!
ダイエットコークで減らした分のカロリーと
ハンバーガーでプラスマイナスゼロなんですぅ!


(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (2) | トラックバック (1)

SIX/NINE解説9 相変わらずの「アレ」のカタマリがのさばる反吐の底の吹き溜まり(前編)

さて、S/Nの曲解説シリーズの中でも、
一つの山場だと思っているのがこの曲です。


元々はこの曲だけを紹介するつもり
(=この曲について語りたかった)
のですが、どうせなら、と軽い気持ちで
アルバム全体の解説を始めてしまったのが運の尽き・・・


こんなに長くなるとは思わなかったです。
それほど濃密な作品なんですよ、S/Nは!


前の曲が櫻井ワールド前回なら、
この曲は作詞・作曲 今井寿、純度120%の
今井ワールドです。


歌詞は、そのままの字面で捉えれば
「魚の唄」?ですが、もちろんそんなわけ無いですよね。
これにはダブルミーニングがあるということは
すぐに気がつくと思います。


ただ、それはいったい何なのか、というのは
人によって随分意見の分かれるところだと思います。


もちろん今井からの正式なステートメントがでていない以上
正解はない、つまり誰の意見もある意味では正しいし、
ある意味では間違っていると言うことになるのですが。


敢えて持論を展開させていただきます。


この曲は、今井が自分たち=BUCK-TICKの立ち位置と、
その当時の音楽シーンに対する思い・腹立ちを
歌詞に込めたのだと、自分は思います。


「游ぐ魚、游がない魚、游げる魚、游げない魚」
魚=バンド、アーティストのことです。


游ぐ魚このシーンの中で泳ぐ=シーンに乗っていく者。
游がない魚 バンドブームを嫌い、それを避けている者
游げる魚 才能ある者・バンドブームさえ利用し、
のし上がろうとする者
游げない魚 シーンに飲み込まれ、流されていってしまう者


つまり、以前のバンドブーム論でも語ったように、
まるで濁流のように押し寄せたバンドブームという
波の中に飲み込まれたアーティスト達を「魚」と
表現しているのです。


「有象無象の魑魅魍魎が跋扈する海の中のあの世界」
これは、アーティストを食い物にしようとする、
レコード会社・プロデューサー・広告代理店・
そしてマスコミ達・そしてそれらを含めた腐った
日本の音楽シーンを暗喩していますね。


「俺は1人金魚ばかりのうるさい魚群から脱け出す雑魚」


「金魚ばかりのうるさい魚群(カタマリ)」 これは当時、
BUCK-TICKのブレイクを受けて雨後の竹の子のように
現れた多くのビジュアル系バンドを皮肉っているのでしょう。


プロデューサーやレコード会社に言われるままに
キラキラと着飾って、みんなの前で愛想を振りまく姿は、
まさしく「金魚」。しかし、見せ物以上の物ではない。


そして、俺=BUCK-TICKはそんなヤツラとは違う、
好きにやらせてもらうぜ、俺たちは異端=雑魚で良い。
そういう今井の思いが込められているのだと僕は思うのです。


欲望だけか~以降は、その下らないシーンの中で踊らされ
喜んでいる勘違い野郎達を皮肉っている歌詞でしょうか。


以前バンドブームについての考察を書いてみましたが、
やはりメンバー、そして今井もシーンやレーベルに
対する不満が募っていたんでしょうね。
そして、それらからの決別を決意していたのかもしれません。


事実、このアルバムはお世辞にも「売れ線」とは言えませんし、
これで離れていったファンも多く、以後、バクチクは
所謂表舞台、雑誌の表紙を飾り、音楽番組で積極的にブロモ、
なんていうことから離れていき、メディアへの露出も
減っていくことになります。
(最終的には次作COSMOSを最後に移籍することになる)


長くなってきたので今日はここまでにします。続きはまた。
ちょっと暴走しちゃったかな・・・

「Seaside is heaven/Neverside is go 
Suicide is heaven/Newblood is go
Somebody is heaven /Nobody is go 
Six side is heaven/Nine side is go」 今井寿

(BUCK-TICKの良さを知ってもらう為、ランキングに参加しました。面白かった!と思った日はクリックして頂けると明日も頑張れます)

| コメント (9) | トラックバック (0)

Be my baby  Be bop a baby  She's my baby love

このフレーズが耳から離れません
曲自体も、シンプルなんですが、
単調ということではなく、極限まで無駄な物を
剥ぎ取って、メロディで勝負というところでしょうか。


やはり今井さんのセンスは突出していますね。
アルバムも楽しみになってきました。
というわけで今日はニコニコ動画の方のリンクを。


他の方の感想を見るのも面白いモノです。
ユーザー登録していない方は、昨日
YouTube版の方でお楽しみ下さい。


ニコニコは無料サービスです。登録ユーザー制ですが、
登録する価値はあると思いますよ。


関係ないですけど、昨日の記事は今読んでみると
変にテンションが高くて恥ずかしいです。
昨日だけ別の人が書いたみたいだ・・・
PVを見た興奮そのまま書き殴ったものですから・・・


つい素が出・・・いや、違いますよ!
普段のこの冷静な口調がわたくしでございます。
雨が大好きで、夜が大好きです。


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (11) | トラックバック (1)

RENDEZVOUS~ランデヴー~ PV解禁!

RENDEZVOUS(ランデヴー)発売まであと僅か!

スカパー!や一部地上波でついにPVが流れ始めました!
ダイエースプレー無しで毛が逆立つほど
聞きたくて聞きたくてしょうがなかった
あなた&私!そんなに見たいのかい?
欲しがり屋さんだねえ!ほーら!(にしおかすみこの声で)


アップしてくれた方感謝!ネタバレが嫌な方は我慢・・・
とはいえPVというより、新曲の告知の入ったCMの様な感じなので
買うかどうか悩んでいる方はとりあえず聞いてみて!
もちろん自分は購入決定!2枚買うよ!
っていうかもう予約済みだけどね!


今井さんのコーラスサイコー!
Be my baby  Be bop a baby  She's my baby love♪


しかし、毎回毎回僕達の予想の斜め上を行ってくれますね。
そこに痺れる、憧れるぅ!


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (7) | トラックバック (0)

いよいよあと2週間

いよいよライブ初日&ニューシングル発売まで
2週間を切りましたね。


今回はチケットが手に入らなかった方も多かったようで、
特に東京・横浜会場は激戦区だったようです。


FTでも先行販売があったんですが、例年は
申し込めばほとんど当選だったのが、今回は
落選した方も多い様です。共演者がいるので、
そちらのファンの方の為に何割か取ってあるのかとも
思いましたが、そうでも無さそうですし・・・


十三階は月光で新規のファンが増えたという話もあるので、
それはそれで嬉しいことなんですが・・・
取れなかった人にとってはそれどころじゃないですよね。


アクセス解析でここに来ていただいた方が使った
検索ワードが見れるんですが、ここ数日


「BUCK-TICK チケット 取り方」とか
「BUCK-TICK チケット 当選(もしくは落選)

というのが目立ち始めました。


無事取れた方、おめでとうございます。今回自分は
フェスのみの参戦となりますので、レポートなんかを
書き込んでくれるのを楽しみにしております。


取れなかった方も諦めないで!
ヤフーオークションでゲットするという方法もありますし、
他にもちょっとした切っ掛けで手にはいるかもしれませんよ。


自分は以前、WWEというエンタテイメントスポーツの
日本公演に行きたかったのですが、チケットが取れず、
結局公演当日、家で1人寂しくファンサイトなどを
見ていたことがありました(スケジュールだけは開けてあった)


その掲示板に「チケットがあれば今すぐにでも行くのになあ」
なんて書き込んでいたんです。すると、


「俺一枚余ってるけど、もし本当に来るなら会場で渡すよ」
という書き込みが!


でも、インターネットは怖いところですよね。
本当に来るかどうかなんてわからないし、
そもそもその人が悪い人だったら・・・


悩んでいると、ケータイの番号や
メアドまで教えてくれました。


ここまでしていただいたら、信じてみようか。


そう思い、チケットが無いまま会場(日本武道館)に
行くことにしました。すると・・・


なんと本当にその方は来てくれ、チケットを譲ってくださいました!
僕よりもかなりWWEに詳しい方で、一緒に大盛り上がりで
観戦、そしてなんと2日目のチケットまで安価で譲っていただき、
夢のような2日を過ごすことが出来たんです。


その後もその方とは何度か一緒に観戦していただいたり、
メールのやり取りをして頂いたりしています。


それまでは「インターネット上は犯罪者ばかり」と思いこんで、
極力ネット上のコミュニケーションは避けていたんですが、
本当に親切な人もいるんだなあ、とそれ以来、
考え方が少し変わりました。


もしかしたらブログ始めようなんて思い立ったのも
それが切っ掛けだったかも。
山口さん本当にありがとうございました。ずっと感謝しています。


もちろんそんな良いことばかりではなく、ネット上には危険や
悪い人もいるとは思いますが、自己責任で上手く利用すれば、
思いもかけない出会い・展開があるかもしれませんよ。


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりにブリーチしたら

B_1
やっべヤリ過ぎた・・・


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (3) | トラックバック (0)

BUCK-TICKのど自慢

昨日のLDの記事を書く為に
カラオケのことを調べたついでに、
今BUCK-TICKの曲がどの程度
入っているのか調べてみました。


ジョイサウンド、DAM、UGAの
メジャーどころ3者が配信している曲を
ネット上で検索。実際の店舗で歌えるかどうかは
また別ですが、とりあえず以下のような結果に・・・


ジョイサウンド 152曲
DAM      151曲
UGA      173曲


一言、凄っ!


一般的には決してメジャーとは言えないBUCK-TICKですが、
結構入ってます!


古い機械しかない場末のカラオケだと
「JUST ONE MORE KISSと悪の華、以上、終わりっ!」


って感じだった気がするんですが、ブロードバンドの普及と共に
データ配信タイプのカラオケが主流になってからは、
一気に曲数が増えたみたいです。


唄本の最初の方にある「入れて欲しい曲があったら書いてね」
みたいな欄に、黙々とBTの曲を書いた甲斐があったぜ・・・


数だけでなく、リスト見ると随分マニアックな曲が入ってますよ。


例えばDAMだと、「ASYLUM GARDEN」 「My baby Japanese」・・・
こんなのファンでも知らない人いるかもしれないのに!


ASYLUMは大好きな曲ですが、
カラオケで歌ったら周りが引きそうだ・・・
「My baby~」に至っては、もうノーコメントです(笑)


他には「BUCK-TICKベストメドレー」なんてのも。B’zやあゆのは
よく歌う人いますけど、BUCK-TICKにもあるんだ・・・
あと感心したのは「 DOUBT'99」。hideの曲のカバーですが、
トリビュート盤にしか入ってない曲まで網羅してるとは・・・
今度早速歌ってこよう。


他にもUGAには「 ONE NIGHT BALLET」や
「TELEPHONE MURDER」といった初期の曲や
「チョコレート」なんて本家のライブでもなかなか聴けない曲まで。
そうそう、以前話題にした幻の名曲「君へ」も入ってましたよ。
「darker than darkness」 なんて、隠しトラックなのに入ってる・・・


キャリアが長いから、という理由だけではここまで入らないと
思うんですよね。やっぱり根強いファンがいるって事だと思います。
嬉しくなりますね。


でも、ファン同士ならまだしも、
そうではない集まりで行ったカラオケでは、
BUCK-TICKはなかなか歌いづらいですよね・・・


まあそこを敢えて歌い、
「え、ジュピター、平原綾香とか歌うんですか?」
「いいえヒデ作曲の方ですが、何か」とか、


「あー、B’zのゼロは名曲だよねー。B’z好きなの?」
「いいえDTDに入ってる方です」


などと自信満々に答えて、場を凍り付かせるのもたまには・・・


いや、やっぱり止めておいたほうがいいですね・・・


でも、ゼロはマジでやったことあるのは君と僕だけの秘密だよ。


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (5) | トラックバック (0)

お疲れ様でした

こんなニュースが・・・
ああ遂に来たか、というよりは、
「まだ作ってたのか」って感じです。


LD、レーザーディスクって知ってます?
ビデオからDVDへと移行する過渡期に現れた、
映像用の光学ディスクです。通信じゃないカラオケに
よく使われていたかなあ。大きな家だとたまに
レーザーカラオケセットがありましたよね。


一般的にはあまり普及しませんでしたが、
ビデオ全盛の時代、映画ファンや映像にこだわる
コレクターの間で人気がありました。


DVD全盛の今では当たり前ですが、
「好きなシーンにいつでも飛べる」「音が良い」
「ビデオテープと違って何度見ても劣化しない」
(厳密には経年劣化もあるらしいですが)
という、かなり先鋭的なディスクだったんです。


自分は映画好きな叔父がいて、子供の頃にスターウォーズを
LDで見せてもらってからすっかり虜になり、
デッキを購入してからはBUCK-TICKのライブのものは
ビデオではなくLDで揃えていました。


しかし、押し寄せる時代の波には勝てず・・・
ONE LIFE,ONE DEATH CUT UP以降は、DVDのみの発売になってしまい、遂にDVDに移行しました。


既にLDで持っていた初期のライブがDVDで
リニューアル発売されると知ったときは、複雑でした。
それまでは「LD(とビデオ)でしか出ていない」
というのが心の支えだったのに・・・


結局、全部DVDで買い直しましたよ!
今と違ってLDは高かったですからね。
数十万つぎ込んだ俺の立場は・・・
まあ映画ファンの中にはそれこそ、数百万単位で
つぎ込んでいた人も多いですから、
それに比べればまだマシ・・・なのか?

L

大きさ比較の為に写真を撮ってみましたが、
見てよこのデカさ!

H

ディスク自体もこんなに大きい・・・
(左下が普通のCDです)
BTのは押し入れの奥底に封印してしまった為、
写真は何故かプレーヤーに入れっぱなしだった
LUNA SEAのクリップ集です。


ちなみにこんなのも出てました。
S_1


LDシングル。クリップが1曲だけ入った
ディスク・・・・
かなりのボッタクリ価格でした。
こんなの今ならCDのオマケで付いてますよね。
これを持っている人はBUCK-TICKファンの中でも
かなり少ないと思います。そういう意味ではレアアイテムです。


まあ文句ばっかり言いましたが、DVDが出回る前には
自慢のコレクションでしたし、SABBATなんて
何百回見たかわからないから、元は充分に取りました!
今までおつかれっした!


さて、このLDの山どうしよう・・・
どなたか買い取ってくれませんか?(笑)


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (4) | トラックバック (0)

SIX/NINE解説8 Somewhere Nowhere

アルバム「SIX/NINE」の解説シリーズです。
順番で行くとSomewhere Nowhereの
解説なんですが、これは聞いた人はもうわかると思いますが、
ちょっと特殊・・・、完全に櫻井ワールド・・・


わざわざ解説するのも野暮かなあ、と思うんです。


アルバムの折り返し地点、
十三階は月光における「CLOWNS~」や「十三秒」的な
インターミッション的な曲ですね。
今井が即興で作ったSE的な物に、
これまた即興的に詩を付けたものだとか。


「完全に迷った・・・」というフレーズは、このアルバムにおける
テーマの一つ「カオス」を表してしているものでもあり、
また櫻井が陥っていた創作における
苦悩のことでもあるのかもしれません。
アルバム前半の混沌とした内容自体を
表している、とも取れます。


「わかったぞ・・・こっちだ!」
果たして櫻井は自分の苦悩に答えを、
出口を見つけることが出来たのでしょうか。
それは、この後に続くアルバムの後半で
語られていくことになります。


なんて無理矢理解説してみましたが、
この曲については是非、ご自分の耳で
聞いて確かめてみてください。


「何処だ・・何処なんだよ・・・どっちだ!?
・・・わからねぇ・・・完全に迷った、クソッ
ドッチダ・・・寒い・・・・ドッチダココハ・・・ココハドコダ
ドッチダ・・・何処だ・・・ダレカ・・・誰か・・・!」   櫻井敦司


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (2) | トラックバック (1)

39グラム

C_1

最近家の近くに、輸入食材や
業務用の調味料などを扱う店が出来、
たまに買い物しているのですが、
そこでアメリカバージョンの
コーラが売っているんです。


「コカコーラ・クラシック」という名前のようですが、
1缶60円位と安い上、味も独特の風味があって、
結構ハマっています。


なんというか、旨みが濃い、というか、コーラらしい・・・
上手く言えないですが、最近の日本のコーラって、
割とさっぱりした味で、後味スッキリって感じですよね。


やっぱり国ごとに調節してあるのかな、と思って調べてみたら、
凄いサイトを発見。


これはすごい!「フォーミュラ」なんて言葉、初めて知りました。
こういうサイトを見ると、インターネットの深さを感じます。
そしてこういうサイト作れる方を尊敬しますね。


このサイトによれば、1970年代から80年代にかけて、
コカコーラとペプシの間で激しい「コーラ戦争」が起こり、
ペプシが遂にコーラを抜いたそうです。


追い詰められたコカコーラ社はそれまでタブーとされていた
オリジナルのフレーバーの改変に着手、それは
「カンザス計画」と呼ばれた
社運をかけたプロジェクトだったそうです。


結果生まれたのが「ニューコカコーラ」と呼ばれた物。
大々的に売り出されたのですが、なんと消費者からは
「昔の味を返せ!」という不満が殺到。
結局ニューバージョンとともに、以前の味の物も併売。
それがこの「クラシック」というわけです。


確かにアメリカでは日本のお茶と同じような感覚で、
食事と共に呑まれていますからね。ちょっとした変化にも
みんな敏感なんだろうなあ。


以前ハワイに行ったとき、軽く昼食でも取ろうと
ピザショップに入り、ミートピザとコーラを頼んだら、
なんと出てきたコーラはピッチャー入り!
ピザも日本の「ハムが数枚乗ってはい、ミートピザ」
みたいなのではなく、
もうホントに「肉料理」といえるボリュームのハムやサラミ、
挽肉が乗った巨大な一品。


こんな食生活じゃ、アメリカ人太って当然だよ・・・
なんて思いながら、今クラシックを呑んでいます。
ふと、缶の表記に目をやると・・・・
39


きゃあああぁぁぁぁぁぁ!!!!


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (2) | トラックバック (0)

悪の華が主題歌に!?

ジャンプを読まなくなってもう随分経ちますが、
そんな自分でも夢中になった漫画・・・
それはデスノート


一時期社会現象にもなりましたよね。
実写の映画にもなったり・・・
自分は読み出したのがもう終盤だったので、
追いつく頃には連載がちょうど最終回。
あまり待たずに一気に楽しめましたが、
リアルタイムで読んでいた人達は毎週
待ち遠しかったようですね。ネット上にも
考察・予想サイトがたくさんあったようです。


ところでこれ、アニメを今やっているんですか?
何故そんなことを聞くかというと、面白い動画を
見つけたんです・・・これ。


「悪の華」が主題歌なのか!そんな話聞いてない!
と思って調べたら、どうも誰かが曲を
差し替えたバージョンのようです。


この悪の華バージョン、凄い合ってると思いませんか?
というか、オリジナルを知らない僕には
「これが本物」って言われても違和感ゼロです(笑)


「夢見たはずがブザマを見るのさ」
なんて、最終回を暗示していますし、


「狂い出せ Blind Blue Boy」
というところでは青い髪のキャラが!(Lかな?)


ミサミサが1人彷徨っているところの
「Lonely Night 凍える夜に叫び続ける」
なんてもう鳥肌モノです。


みんなのコメントを見ても「こっちの方があってる」とか
「いっそこれを本物にしろよ」なんてのがあって、
ファンとしてはニヤリ・・・


ちなみに夢魔バージョンもありましたが、こっちは普通かなあ。


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (3) | トラックバック (1)

君にaddictedかも

昨日はNTT東日本で大規模な
ネット障害があったそうですね。
影響を受けた方いらっしゃいますか?


最近ケータイ依存症という言葉があるそうですが、
自分はネット依存症かも・・・

今はルーターでLANを構築してありますが、
以前デスクトップとノートでデータのやりとりの為に、
クロスケーブルで繋いで転送したことがありました。


当然その間はネットに接続できなくなるわけです。
作業終了まで数時間程度。まあそのくらい
問題ないと思いつつ、作業を始めたわけですが・・・


30分位したところで。なんか落ち着かなくなってきました。
そして1時間ほどしたところで、堪らずケータイを出して
メールチェック。ついでにネットにも繋いでしまった・・・


これは完全にマズイですね。
ケータイ依存症の人のニュースを見て、
「あんな人もいるのか、信じられない」
なんて他人事のように思っていましたが、
ケータイがPCになっただけで、自分も変わらないです。


このことを自覚して以来、少し控えるようにしましたが、
それでもあまり改善されてないかなあ。


自分は音楽聞くのもPCだし、テレビ番組録画するのも
PCのキャプチャカード使うことが多いので、
PCが起動していることが多いんです。
するとついついあの「e」アイコンをクリックしてしまう・・・


最近はニュースもほとんどネットで知ることが多くなってきた。
本も読まなくなったかも。


でも、そういう方、決して少なくないのでは・・・
あなたはどうですか?


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)


| コメント (2) | トラックバック (0)

変わり続ける獣

ようやく「音楽と人」と「CDでーた」のインタビュー記事
読むことが出来ました。


CDでーたの方は1ページ(しかも上半分は写真)ですので、
それほどのことは書いてありませんでしたが、
音楽の人の方はなかなか面白かったです。
(とはいえ2ページでしたが・・・・)


今井さんへの単独インタビューだったのですが、
大きく分けると3つのことについて語っていました。


1つめ 新作のこと。

内容はポップでシンプル。インタビュアーが「原点回帰か?」
と聞いたところ「そうではあるけど、
結果的にそうなったのであって、
今回のコンセプトとして、なるべくエレクトロニカを排除して、
極端に言えばギター一本でも出来るような
シンプルなバンドサウンドにするということがあった。
その結果として初期のスタイルに近くなったということ」


うーん、これを聞いて安心しました。
なぜなら、常にアグレッシブで、どん欲に新しいことに
挑み続ける今井さんが今作はちょっと守りに入ったかな、
と心配していたからです。


昨今の再結成やリメイクブームを見ればわかるとおり、
懐かしさを売りにすることは比較的簡単に
ある程度の結果を出せます。ただ、僕はBUCK-TICKには
そういうことはやって欲しくなかったので。


ベストアルバムを出すにしても、敢えて全曲リアレンジ、新録、
歌詞すら一部変えてしまった「殺シノ調べ」のように、
常に進化し続けるモンスターバンド、
それがBUCK-TICKだと思うから。


2つめ MY EYES&YOUR EYESのセルフカバーのこと

ぶっちゃけた話、企画自体はレコード会社からの提案らしい(笑)
ただし、ファンの投票で常に人気が高く、また今井さん自身、
こういう事をやりたかった。ただ、やるとなったら凝りまくる男、
相当のエネルギーを使うので、今まで腰が重かったのだけれど、
いい切っ掛けになった。頭の中には、他にもやってみたい
曲があるらしい・・・


おお!
これは嬉しい発言ですね。そういえばデイインでも
CAPSULE TEARSを新アレンジで披露したことが
ありましたから、もしかしたら今後もこういった曲が
発表されるかも!ファンの間で常に噂となる
「殺シノ調べ2」も望みゼロではない!?


3つめ 新曲「ランデヴー」の櫻井さんの歌詞について

これはかなりストレートに愛・喜びを歌ったものらしく、
インタビュワーもかなり驚いていました。
これについて今井さんは
「やっぱり心境の変化があったんじゃないの。
確かに以前なら考えられなかったけど、今回のアルバムの
「シンプル」というコンセプトにはあっていたからちょうどいい」
と答えています。


また、櫻井さん自身はCDでーたの方で
「今までは綺麗な物を汚く唄ってしまったり、
少しひねくれたところがあった。でも今は、
思いをそのまま表現することに抵抗がなくなった」

と語っています。やはりこれはキャリアが生み出した自信と、
家族を持ったことが大きいんでしょうね。ニューシングルの歌詞は
愛娘への思いを唄ったもの、という噂もある位ですから・・・


最後に「結成20年について」今井さんに聞くと、案の定
「特に感慨はないよー」と、相変わらずのマイペース(笑)


でも、いつもと違うのは
「俺とユータだけは昔から全然変わらないんだよなー」
という発言。なんでもこの二人だけが、
自動車の免許を取らないまま上京したらしく、
当時から「俺たちってずっとこんなペースかなあ」
なんて話していたらしいです。つまり計画性が無くて
いつまでも子供っぽい、ってことを言いたかったのかな?(笑)


僕としては暗に「この二人だけまだ身を固めていない」ことを
指しているのかな、なんて深読みしてしまったり。


時間が無くてチラッと読んだだけだったので多少
違っているかもしれませんが、大体こんな内容
だったと思います。ますます新作が楽しみになりますね!


コメントの方でリクエストがあったので、バンドやろうぜの
有名アーティストが語るBUCK-TICKについてのインタビュー。
その答えを少し・・・

質問は
1BUCK-TICKとの出会いとその印象
2好きな曲とその理由
3自分にとってBUCK-TICKの最大の魅力とは?
です。


SUGIZO
1TABOO。ダークでポップでぶっとんでいた。。
2「太陽ニ殺サレタ」とにかく狂った太陽全体が最高。
3 ぶっ飛んだままずっと進化し続けているところ。
とにかくリスペクトしている。俺にとってのカリスマ。


菊池哲
1 パーソンズの打ち上げで。色々話を聞けた。
2 TABOOのなかの「TABOO」から
「JUSTONEMOREKISS」へ行く瞬間。
ロンドンレコーディングの話を聞かせてもらったので更に感動。
3「band of the band」。結束の堅さと、
何事も楽しむ姿勢はいつもお手本です。


スペースの関係で一部省略していますが、こんな感じです。

僕が面白かった答えは

大槻ケンヂ
1 埼玉大学の楽屋で櫻井さんに「どうやって髪立てるんですか」
と聞いたのが出会い。
「ダイエースプレーです」と教えてあげた櫻井さんに萌え(笑)

YUKKE(ムック)
3 母に見せてもらったライブビデオを見て、涙がでた。
お母様はかなりのBUCK-TICKファンらしいです(笑)


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (2) | トラックバック (0)

太陽と水と空気と、あなたに。

ブログを再開して3ヶ月、
今のところなんとか毎日更新出来ています。
アクセス数も順調に伸び、特にゴールデンウィークにやった
特別企画が好評だったのか、あれ以降アクセスが倍増しました。


こんな字ばっかりのサイト、見に来る人もそれほど
いないだろうと思いつつ、まあ自分向けの
資料庫だからいいか、と思いやってきたわけですが、
最近はコメントも付けていただけるようになり、
多少は外に向けて読みやすく・見やすくしていかなければ、
と思うようになりました。


いつも見ていただいている方には本当に感謝しています。


そういえば皆さんは何処でこのブログを見つけたんでしょうか。
グーグルやヤフーで検索しても上位には出てこないし・・・
一応2つほどトラックバック集?みたいなのには
登録したんですが、サイト名を知らなければなかなか
辿り着けない辺鄙なブログです。


ミクシィのコミュとかに参加したり、
他の人気サイトの掲示板に「よろしく!」と
アドレス書き込みまくれば
良いのかもしれませんが、そういうの苦手なんスよね・・・
まあボチボチと地道にやっていきます。
目指せグーグル検索トップ・・・は無理なので
30位以内!(弱気)


文章ももっと推敲してから載せたいんですが、
あんまり入れ込むと最初(2005年)の時のように数日で挫折、
ということになりそうなので(笑)
とりあえず書いた物は即出しの一発勝負でやってます。
(あんまり酷い誤字脱字はこっそり直してますけど)


BUCK-TICKと関係ないネタの日もありますけど、
「なんだよ来て損した!」なんて言わず、広い心で
見てくださいね・・・


サイトのデザインも、ようやくこれで固まったかな。
ココログの解説見ながらやっているんですが、
テンプレートの完成度が高い反面、融通が利かないので
なかなか思うように出来ない面があります。


本当はもっとシンプルにするのが良いとは思うんですが、
貧乏性の為サイドバーにスペースがあるとつい
パーツ貼りたくなっちゃうんですよね。

(最近のお気に入りパーツは右下にある
「SPECIAL」。テニスゲームとかインベーダー、
ただのアクセサリーに見えますが、
マウスでクリックするとちゃんとゲーム出来るんですよ!
上から落ちてくるライン避けるゲームは、
ちょっとハマってしまいました)


以前はケータイの方の為に画像などは控えていたんですが、
最近ケータイは専用のシンプルなページに飛ぶようなので、
PC版はせっかくだから派手目にしてみました。
どうでしょう、重いですか?


アクセス解析によると、半分位の方が光ファイバー接続
なので、このくらいは大丈夫・・・だとは思いますが・・・
(フォントサイズは中で最適化しています)


そんなわけで、今日からまた
気分一新して更新していこうと思います。
今後ともよろしく御願い致します。
面白かった日は、↓のランキングにも投票御願いします。
といっても、順位上がっても特に何もないんですが・・・
「BUCK-TICK」って単語が上の方にあると、
ちょっと嬉しくなるんです!


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (8) | トラックバック (0)

音楽と人と書店と俺

Y


今月の音楽と人に、
今井さんのインタビューが載っていて、
なかなか面白いという話だったので立ち読みに・・・
いや、面白かったら買おうと思い書店に行ったのですが・・・


無いッ!何処にも置いてないのだッ!
聞いてみたら「最近扱うの辞めた」とのこと・・・


文句の一つも言ってやろうと思いましたが、
確かに自分自身も最近ほとんど買わなかったし・・・


市川さんが編集長やってた頃は、毎号
楽しみで楽しみで仕方なかったんですけどねー。
まあ買わなくなったのは音楽と人に限らず雑誌全般なんですが。
以前も書きましたが、最近は本を買うときもほとんど
アマゾンばかりだし・・・


記事を読んだ方は、簡単に内容などコメント欄で教えて
頂けると嬉しいです。


雑誌といえば、バンヤロこと「BANDやろうぜ」
(最近はBAND YAROUZEって表記でしたっけ?)の
BUCK-TICK特集号の時も入手に苦労しましたよ。


扱っている店がどうのという前に、まず書店自体が
激減してますからね。更に音楽雑誌の品揃えの良い店というと・・・


4.5件廻ったものの見つからず、最後にダメ元で寄った
楽器屋の小さな書籍コーナーに置いてあるのを見つけたときは
嬉しかったです。


内容もかなりよくて、全194ページ中104ページが
BUCK-TICKというファンには堪らない号でした。


バンドの歴史からディスコグラフィー、ポスターに
人気曲のスコア&演奏のコツ、さらには初心者の為の
豆知識まで載ってます・・・(笑)

例:星野英彦 樋口豊がボーカルのつもりで誘ったが
本人はギターを選択。バンドをやる前は
サッカー少年だった←おい!そこ載せるほど重要か?(笑)


中でも一番面白かったのは、他のミュージシャンが語る
BUCK-TICKのカリスマ度、というコーナーで、SUGIZOや
大槻ケンヂ、TETSUなど、なかなか豪華な顔ぶれです。
流石に新品は手に入らないと思いますが、
古本屋さんなどで見つけたら是非ゲットしてください。


これと、「WORDS BY BUCK-TICK」に
「BT8992」、そして古いですがHYPのBUCK-TICK
特集号は、非常に資料性が高く、かつ読み応えがある名書だと
思ってます。いずれ時間があれば
この辺の本の紹介もしたいですね。


P.S.
音楽雑誌コーナーを回って気付いたこと・・・
バンヤロやロッキングオン、音楽と人は、
置いてあったりなかったり、
という感じだったのですが、何故かあのヘビメタ専門誌
「BURRN!」は全ての本屋に置いてあった!
なんか間違ってないかこれ?


と、ヘビメタ好きの知人に話したら「ヘビメタ舐めんな」と
最近のアメリカにおけるヘビメタの復権やクラウザーさん
素晴らしさ、やっぱ肉喰わなきゃダメだよな
等小一時間説教を喰らいました・・・
ごめんなさい・・・セイントアンガーは良い曲ですよね・・・


恐るべしヘビメタ&メタルファン!(笑)

(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (10) | トラックバック (1)

SUPER HIGUCHI BROTHERS

B0

オフィシャルページのアーティスト写真が
新しい物に変わりましたね。
今年はこれで行くんでしょうか。
13

十三階の時と比べると、随分ワイルドですねー。


アルバムのイメージに合わせてるのだとすると、
激しい感じの曲が多いのかな?
会報のアニィのインタビューによれば、
「ロックでノリノリな感じ」、
今井さんも「ロックンロールだよ、
一言で言ったら」と答えているし・・・


今井さんはLUCYでは良く髭面でいたけど、
ライブ以外のBUCK-TICKの写真で
ヒゲ有りで出るのは珍しいですねー。
そしてヒデも!今年はフェスの関係で、後輩達に
気合いを入れる為に「大御所風」にしたんだな、きっと・・・
(違うと思います)


まあヒゲといえば、「キャンディ」のPVにおける
「髭兄弟」にかなう物はありませんけどね(笑)


ハードディスク整理していたらこんな写真も・・・
個人的に気に入ってるのがこれ。
Ab


櫻井さんのオールバックは珍しい!
いい男はどんな髪型にしても似合うなあ・・・
羨ましいッス。これいつ頃なんですかね?
ご存じの方がいらっしゃいましたら、コメント欄で
情報御願い致します。ユータが髪立てていると言うことは、
SSLからコスモス辺りか・・・?

B2005

最後に、問題の2005年版アーティスト写真。
手、手が・・・足が・・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (5) | トラックバック (0)

ネコネコ詐欺

以前、家の周りに出没していた
人なつっこい野良猫の話をしましたが・・・


その後どうなったかと言いますと


なんと住み着いてしまいました!


雨の日などにニーニーと泣いている声が
あまりに不憫で、つい家の中に・・・


最初はエサを食べ終えると、
そそくさと出ていったのですが、
次第に家にいる時間が長くなり、
結局なし崩し的に飼うことに。


始めの頃はかなりおどおどしていていましたが、、
「ここは安全だ」ということがわかったのでしょうか。


ある日急に態度が・・・・


おとなしく従順だったのが、徐々につまみ食いを
したり、家の中を走り回るように・・・・
まさしく「猫をかぶっていた」とはこのことか!?


今ではすっかり我が物顔で、
以前から飼っていた老猫「モモ」を
2階の部屋に追いやってしまいました!
見てください、このふてぶてしい目つきを!


T_5


T2


最初はおとなしく、
可愛さを前面に押し出して家に
入り込み、飼って貰うと
急に態度が変わる。


これが噂の飼って飼って詐欺こと「ネコネコ詐欺」だったのか!(笑)

ちなみに名前はタロウです。もっとイイ名前付けろよ・・・
と思ったんですが、名付け親の母に聞くと
(以前から家にいる猫がモモだから)
「二人合わせてモモタロウでちょうど良いでしょ。
最初はモモのことモモタロウって名前にする予定だったんだし・・・」


そして、モモの名前の由来が、当時テレビで再放送してた
「桃太郎侍」だったことが判明!


エエエエ!俺ずっとミヒャエル・エンデの方だと思ってたのに、
高橋英樹だったのかよ!そっちの方がむしろショックだよ!


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (0) | トラックバック (0)

STRAWBERRY FIELDS

S

ゴールデンウィークに妹が帰ってきたのですが、
知人から頂いたという苺を持ってきました。


食べようかと思ったら、ジャムを作ると言うことで、
勿体ないなあと思いつつ、待っていると翌日完成。


早速食べようか・・・と思ってみたら、
凄いまずそうな色・・・(写真は自重しました)


なんつーか、カツオの塩辛みたいな、
赤って言うより鈍い肌色?みたいな感じ・・・


逃げようかと思いましたが、妹が怖い目で見ているので
恐る恐る口にすると・・・あれ?凄い美味しいんですけど!


ジャムはそんなに好きじゃないんですが、
新鮮な苺を使って造り、しかも出来たてを食べると
こんなにも美味しいんですね!

これはしばらく楽しめそうだ・・・
と思ったんですが、残念ながらあまり長くは持たないとのこと。


添加物や保存料ゼロの自然食品ですからね。
いわば生もの、仕方ないか。と思うと同時に、
コンビニなんかで販売されてる食品には、
いかに色んな物が入っているかとちょっと怖くなりました。


ジャムの色にしても、本来はこういう鈍い色なんでしょうね。
市販品のあのやたら派手な赤は・・・そして妙に長い賞味期限・・・


夏場なんかに自分で冷たいお茶を作ったりしますが、
あれも何日かすると味が明らかに変わりますからね。
冷蔵庫に入れておけばかなり持つ清涼飲料水なんかも、
やっぱ色々入っているのかなあ・・・


あまり深く考えると眠れなくなりそうなので
この辺でやめておきます(汗)

(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (2) | トラックバック (0)

SIX/NINE解説 特別編「君へ」

シリーズの続きです。
本来ならばSomewhereNowhereの解説なんですが、
ちょっとお休みして、今日は隠れた名曲「君へ」のことを・・・


この曲は、SIX/NINE(以下S/N)からの先行シングルである
「唄」のカップリング曲です。
アルバムには収録されていないのですが、
同時期の曲と言うことで、S/Nとともに紹介しようと思います。


何故「隠れた」名曲かというと、前述のように
アルバムに入っていない為、
存在を知らない方も多いというのが一つ。


ちょっと調べてみましたが、2005年に出たCATALOGUE 2005
にも入っていません。更に調べると・・・


ようやく見つけました。1999年に出た
BTというシングル曲メインのベスト版に
収録されていました。


聞いた方はわかると思いますが、うねりのあるリズムに、
非常にドラマティックな展開と、
物語を感じさせる歌詞が素晴らしい曲なんですよ。


さて、「幻の名曲」たるもう一つの所以。
それはこの曲、ライヴで滅多に聞けないんですよ。
いや、もしかしたらライブでまだやったことないかも!?


手元に正確な資料がないので、
当時のS/Nツアーでやっていたかどうかわかりませんが、
少なくとも映像として残っている、つまりDVD化されている
他のツアーでは演奏されていない。
(当時のこと詳しく覚えている方がいらっしゃいましたら、
是非コメント欄で教えて下さい)


僕もライヴで聞いた記憶がないですね・・・
S/Nツアーは1.2公演しか参加しませんでしたが、
少なくともそこではやらなかった・・・と思います。


BUCK-TICKはキャリアが長い為、
初期の曲などはやらなくなってしまった物も多いんですが、
「君へ」は時期で言うと中期以降なので、珍しいですね。


初期の曲にしても、年末のデイインのおかげで、
TO-SEARCHやFLYHIGH、MY EYES & YOUR EYES
なんて、もう諦めていた名曲を聞くことが出来たので、
ファンとしてはかなりの夢が達成されたと思うんですよ。


にもかかわらず、「君へ」はやらないんですよねー。
人気がないのかというとそうでもなく、
2006年末の会報アンケートでは
「やって欲しい曲ランキング」で4位に入っていましたから。


結構不遇なことの多いヒデ作曲の中の一つですが、
是非今年のフェス辺りでやってくれることを祈ります。


(2002年の東京ベイNKホールのライブは
ヒデの誕生日だった為、アンコールにおける櫻井さんの
「ヒデの良い曲を聴こう」というMCのあと、プチヒデ曲祭りが
あったんですが、そこでもやらなかったからなあ)


「誰かの遠吠えに 見覚えのある君の顔が浮かんでは 消えた
君の重さを感じたい 最後に月へと吠えた
目を閉じて さあ行こう 君の夢へ」       櫻井敦司


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)


| コメント (4) | トラックバック (0)

6億円当たったら・・・

T_4


自分主催でBUCK-TICKのライブをやります。
花輪も一杯送っちゃいます。
会場は近所の市民文化会館です!


コンビニでジュース買うついでに買ってしまいました・・・・
1枚300円、端末のボタン押すだけで良いんですね。


結果も予想はコンピューターがしてくれるので、
知識や情報力の入る余地のない、完全な「くじ引き」
だということを初めて知りましたよ。


まあ前にも書きましたけど、自分のクジ運の悪さは
世界ランカークラスなので、最初から諦めてますけどね。
ブログのネタにと買ってみた次第です。


ちなみに今まで何か当たった物というと、小学生の頃
リール買って引いた三角くじで当たった帽子(推定原価150円位)
が最高です!(涙)


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (5) | トラックバック (0)

新曲RENDEZVOUS解禁

R
気がつけば、新曲ランデヴー発売まで
一ヶ月を切りました。


そろそろプロモが始まったのか、
曲がラジオの番組で流れたそうです。
歌詞はこんな感じだそうで・・・


「たった一言 聞いてくれるかい
そう さよならが来るその日まで 心から

もう一度 ありがとう あなたを 愛している
あなたに あなたに」


これはまた前作とは全く路線が違いますね!
曲調もかなりポップだそうです。

MY EYES&YOUR EYESがカップリングに
なると聴いたときは、嬉しいと思う反面、


「今のBUCK-TICKと雰囲気があうのかな」


と思ったんですが、この歌詞を見る限り、割と
近い世界観を持った曲なのかもしれないですね。


僕はかなり物事に飽きっぽい性格なんですが、
そんな自分がもう10年以上もBUCK-TICKのファンなのは、
常に色んな事に挑戦し、変わり続けているからなんです。


あー、早く聴きたい!
ラジオで新曲聴けた人は、感想など
詳しい情報書き込んで下さい!


6月6日発売のニューシングル「RENDEZVOUS(ランデヴー)」、
まだ予約していない方は急ぎましょう!
今のところまだ初回生産限定盤も残っているみたいですよ!


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (5) | トラックバック (0)

GW特別企画 BUCK-TICKお宝コレクション おまけ

ゴールデンウィークも終わりですねえ。
色々やろうと思っていたんですが、結局
ゴロゴロして終わってしまったような・・・
ペルソナ3も終わらなかったなあ。


さて、GW特別企画最終回です。
ホントは昨日で終わりだったんですけど、
前々回の企画でCDを並び替えてたときに
歌詞カードの隙間からこんな物がパラリと・・・

T_3

これです。
BUCK-TICKが西武球場で行った伝説のライブ、
「A Midsummer Night’s dream」
を記念して1日だけ販売された、
池袋から西武球場までの記念乗車券です。
実は自分が初めて参加したライブでもあるので、
とても思い出深いんですよね。


埼玉行ったのも初めてだし、
1人でで電車乗るのも初めてだったから、
凄い緊張したなあ・・・


迷うかと思ったけど、池袋に着いたら、
真夏なのに黒ずくめのお姉さん達が沢山居て
後に付いていったら辿り着けました(笑)


肝心のライブは、外野席だったのでメンバーの姿は
米粒位の大きさにしか見えず。


でも、月明かりが照らす会場で、
伝説の「MOONLIGHT」を聞けたので大満足でした。
(当時はもうほとんどライブでやらなくなっていた)


会場買った初めてのBTグッズであるTシャツもまだ
大切に取ってあります。流石にもう着れないけどね・・・


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)


| コメント (2) | トラックバック (0)

GW特別企画 BUCK-TICKお宝コレクション3

一昨日から続くシリーズ第3弾です。
今日のアイテムはこれ!
M_1


フェルナンデス今井寿モデルギター!


・・・まあぶっちゃけ、市販されてる物なんでお宝・・・
ではないですよね。
でも、バンドブーム世代のチビッコ?
には憧れのアイテムだったんです!


当時始めて雑誌でこのギター見たときは衝撃的だったなあ。
バイオリンをモチーフにした独特のデザインと、深紅のボディ。


ギターといえば音楽室においてある、木製の
茶色いアコギしか知らないガキにとっては、まさに
「ロックスター」の象徴だったんです。


ただ、これ結構高かったんですよ。
ちょっと調べてみたんですが・・・
今はこれしか生産していないのかな。
当時見たのは25万位したような・・・上位モデルとかかなあ。


ともかく当時そんなお金はなく、
「いつか大人になったら・・・」


と決意を胸に秘め、ギターの勉強を・・・
していれば今頃は、
コピーバンドとかやっていたのかもしれませんが、
当時の俺がやったことといえば・・・


「とりあえず髪を染めた」


その後、金銭的な問題はなくなったものの、
そもそも何処で売ってるのかも知らず、
月日は過ぎて、やがて忘れていきました。


ところが数年前、ふと立ち寄った中古楽器店で、まさかの邂逅!
気がつくと、部屋には真っ赤なコイツが・・・というわけです。


けれど買った後、大事なことを気付きました。
アンプとかエフェクターも揃えなきゃ・・
いや、もっと大事なこと忘れてたよ!


俺ギター弾けねぇじゃん!


高価なインテリアが誕生した瞬間でした(笑)


撮影の為久しぶりに持ってみましたが、こんな重かったっけ?
っていうか、俺の腕力が衰えたのか・・・


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (14) | トラックバック (0)

GW特別企画 BUCK-TICKお宝コレクション2

昨日から始まった特別企画の第2弾です。
早くもネタ切いやなんでもありません!


T_2

今回はこれ!


2002年に活動15周年を記念して、
過去のアルバムがデジタルリマスター版として
新たに販売されたんですが、
初回版にはアルバム1枚に付き1枚、
スクラッチカードが入っていました。


当たりが出ると、何とインディーズ時代のデビューシングル
「TO-SEARCH」復刻版が貰える!!
というキャンペーンの、当選した賞品がこれです!


・・・でも実は、これってそんなに貴重じゃない気が
するんですよね・・・


というのもこのキャンペーン、かなりの高確率で
当たりが出ているような印象を受けるからです。
周りの話やネットでの書き込みから類推すると、
2枚に1枚くらい当たりが入っていたような・・・


もちろん地域や店によって偏りがあるとは思いますが、
大体2.3枚買えば1枚は当たっていたようです。


僕の場合はどうだったかというと、
何と10枚買って、ウチ6枚当たり!スゲエ!
ドカベンの打率かよ!


最初1枚目で当たりが出たときは、プラトーンのジャケばりに
天を仰ぎ喜んだわけですが、続いて2枚目当たり、
3枚目も当たり・・・と続くにつれて、


「・・・これ、全部当たりじゃねぇの?」


と一抹の不信感が・・・

何せ自分はクジ運の悪さには定評があって、
以前「BUCK-TICKカルトクイズ募集」
とか言うオフィシャルの企画で、問題採用された人の中から
5人に色紙が当たる!というのをやっていたんです。
が。
問題が採用されたにもかかわらず
色紙に外れたくらいですから!


確か問題採用された人は10人くらいだったので、
当選確率2分の1、50%ですよ!それで外れるってどんだけ
運が悪いんだよ!


そんな僕ですら当たりが出るくらいですから。このキャンペーンは
リマスター買ってくれた人へのご褒美的キャンペーン
だったんじゃないかなあ。


ですからむしろレアなのはこちら・・・
A_1


ハズレ10枚で貰える専用CD収納BOX!
これ意外に持ってる人少ないのでは?


自分は当たり券をはずれ券と交換してもらうという
荒技で(笑)何とか応募できました。


CD入れるとこんな感じで満足満足。
C


せっかくだから撮影ついでに、
BUCK-TICKコーナー作ってみたよ!
Bt


どうかな?もちろんシェイプレスも持ってるけど
ここには入らないんだ!あれ置き場所困るよね!


シンフォニックBTはもう10年くらい聴いてないのは
内緒だ!ファンなら旧版とデジタルリマスター版、
両方持ってて当然だよな?(笑)


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

| コメント (5) | トラックバック (0)

GW特別企画 BUCK-TICKお宝コレクション1

連休も後半にさしかかりましたが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
ブログを始めて初のゴールデンウィーク、いつも通りに
更新しても良いんですが、たまには変わったことを・・・


そこで今回は、自慢の?BUCK-TICKコレクションを
写真付きでご紹介!


・・・・といいたいところなんですが、
あんまり大したもの無いんですよね・・・


っていうか、連休中に物置の中整理しようと
中に入ってる物を全部引っ張り出したら、
懐かしいモノが色々手出来たので、ネタにしてみました。


B

←第一回はこれ!
2002年、東京ベイNKホールで行われた
TOUR 2002 WARP DAYSで、ラストの
COSMOSの時に空から舞い降りた
バルーンです。アレはサプライズでしたね。
そういうことをもっともしそうにないのがBUCK-TICKですから。


気付いていないみんなに「あれあれ」と
指を上にチョイチョイと向ける櫻井さんは素敵でした(笑)


ちょうど運良く自分の真上に落ちてきたので、特に
バトルもなくゲットできたんですが、本当の地獄は
帰り道に待っていました。


NKホールから駅までシャトルバスが出ていて、
ライヴ帰りの人はみんなそれを利用したんですが、
たまたま自分の乗ったバスでは、
バルーン取れたのは自分だけだったようで・・・


これ、普通の風船と違い、空気抜くのにストロー
みたいなのがいるんですよね。
だから膨らんだまま抱えてバスに乗っていたんですが、
周りの視線が痛い・・・・


「ナンデアンタダケトッテルノヨ」
「ジマンシテンノカ」
「ッテイウカヨコセ」

ああ・・・!聞こえる!みんなの心の声が!!(涙)


時間にして5分程度でしたが、1時間以上乗っていたような
気がしましたよ・・・


そういえば、NKホールってもう無くなっちゃったんですよね。
あの入り口の欧風な、バブリーな造りは
結構好きでした。もう5年も経つのかー。

(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します

| コメント (2) | トラックバック (0)

BUCK-TICK・ニコニコ・お宝動画

ニコニコ動画って知ってますか?
今やPCに詳しくない人まで知っている
「YouTube」の日本版・・・・
といったら判りやすいかな。


大きな違いは、流れている動画にコメントを書き込める
ということ。つまり、感想やツッコミをダイレクトに書き込め、
それがテロップのように流れるんです。


ちょっと独特のノリがあって、抵抗のある人もいるかと思いますが、
結構面白いですよ。


YouTubeと違い国内メインの為、日本人向けの動画が
多いのも特長。BUCK-TICK関係も多いんです!


一番人気なのがロマンスのPV。
コメント数が凄いんですが、これでBUCK-TICKを
始めて知る人も多い様です。


そして皆が口を揃えて(筆を揃えてか?)


「ボーカルの格好良さハンパねぇ」
「この人ホントに人間?美しすぎ」
「イケメンってレベル越えてる」


と驚いています。「何を今更・・・」なんて思いつつ
心の中で(そうだろうそうだろう?)
と嬉しくなっちゃうのがファン心理。
これで40過ぎなんだぜ!なんて声を大にして言いたい!


そんなときはどうするか?


思ったことを書き込めば良いんですよ。
そうすればそれがテロップとして流れ、見ている人、
これから見る人に伝わる。これは流行るのも当然ですね。


4月の時点で

月間累計訪問者数 2770万人
月間PV数 5億9100万回

という、凄まじい数字を叩きだしているのも宜なるかな。
未体験の方は是非・・・


といいたいんですが、現在サーバーのキャパの関係で、
登録ユーザー制なんですよね。お金なんかはかからないし、
登録も簡単なんですが、登録した時期によって、
夜の混み合う時間は視聴が制限されることがあるんですよ。


ただ、昼間はほとんどのユーザーが見れるようですので、
GWを利用して試してみては?


僕が見つけたお宝動画は↓



幻の曲「VACUUM DREAM」が聞けますよ。
ボーカルはデビルマーン!(動画を見れば意味がわかります)

追記
開発者からのお知らせによると、IDが77777番までの方は
24時間アクセスできるようになるそうですよ!


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します

| コメント (3) | トラックバック (0)

お帰りなさい岡村ちゃん

少し前の話ですが、岡村靖幸が
復活していたんですね。


知っている方も多いと思いますが、
色々あって、もはやミュージシャンとしての復帰は
絶望視されていたんですが、奇跡です。


とはいえイベントに出ただけで、
おそらくは何処のレーベルとも契約していない
(今後もしてくれない?)ようなので、
厳しい道のりなのは変わらないですが・・・


やってしまったことは事実だし、取り返しはつきませんが、
社会的な勤めを果たした以上、また応援したいです。


作品が店頭から姿を消して久しいですが、
今後はどうなるんですかね。
ダウンロード販売は続けられているようですが、
CDはアマゾンなんかでは軒並み品切れ中になってます。


名盤「家庭教師」や「禁じられた生きがい」など、
良い曲が多いので、少しでも多くの人に聞いて欲しいです。
とりあえずは櫻井さんのソロアルバムに収録されている
「SMELL」(作曲 岡村靖幸)を聞いて、
彼の新曲がいつか聴ける用になるのを
楽しみに待っていようと思います。
(ストック曲は500曲以上!あるらしいので、
このまま埋もらせるのはもったいなさ過ぎですよ)

(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »