« 超・リアル | トップページ | 来ンズアンドローゼス »

櫻井敦司のMCについて

ここに2005年の年末武道館の記事がありました。


当日の感動が蘇るなかなかなレポなんですが、


ふと思ったのが櫻井さんのMCのこと。


基本的に、喋りらしい喋りはなく、


一言二言、ぼそぼそと(笑)呟くだけなんですよね。


それでも2005年のデイインでは、トリビュートアルバムが


出たと言うことで、参加したアーティスト達に対する謝辞も含め、


いつもよりは長めに話してました。


そしてその後、バンドのメンバーの方を振り向いて、


「20年!このメンバーでやってきました。また明日からもよろしく」


ってところで、かなりウルッと来ましたよ。


簡単に言うけど、20年間同じメンバーで


活動続けることが、どれだけ大変なことでしょうか?


それをサラッといってしまう、櫻井さんには、確かにそれだけの


実力と風格がありました。


ああ、素晴らしき、現在進行形のカリスマ。


他のバンドはどうなんですかね。


先日BSで放送された筋肉少女帯の復活ライブでは、


大槻ケンヂはなかなか面白いMCしてました。


あと、自分が行ったジッタリンジンのライブでは、


会場が小さかった所為もあり、ほとんど観客との掛け合い漫才


というか、かなりアットホームな感じでした。


ああいうのも良いけど、自分はやっぱり、ボーカリストにはあまり


饒舌になって欲しくないなあ。


TMレボリューションの西川さんなんかは、


トークは非常に上手いけど、


何か安っぽくなっちゃう気がする。まあ最近の音楽番組は


ほぼトーク番組なので、みんな喋りが上手くないと


出して貰えないらしいですから仕方のないことかもしれませんが。


BUCK-TICKを地上波で見ることは、当分無さそうだなあ。


櫻井さんのMCで印象に残っているのは、メンバー紹介ですかね。


ここ最近は滅多にやらないので、たまーにやると


観客からどよめきが(笑)


一番最近だと横アリの悪魔とフロイトかな?


ちょっと記憶が曖昧です。


自分的ベストは、もうかなり前に地元での公演で、


ヒデを紹介するとき、「ギター、江口洋介!」っていったのが


かなりツボでした。櫻井さんもギャグ飛ばすのか・・・と。


当時のヒデは確かに江口っぽい髪型でしたからねー。


9月のフェスでは、また久しぶりに聞けると良いな、メンバー紹介。


(BUCK-TICKの良さを少しでも多くの方に知ってもらう為、
ランキングに参加しています。ご協力御願い致します)

« 超・リアル | トップページ | 来ンズアンドローゼス »

BUCK-TICK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/14645014

この記事へのトラックバック一覧です: 櫻井敦司のMCについて:

« 超・リアル | トップページ | 来ンズアンドローゼス »