« 宇多田ヒカル離婚 | トップページ | もう一度TENDERNESS »

淑女暴走

Mona

BUCK-TICKの新譜タイトルが


「モナリザ・オーヴァドライヴ」


だと聞いたときは震えた。2003年のことだ。


ウィリアムギブスンの小説と同じタイトルなのである。


僕の好きな作家だ。


大好きなバンドの新譜タイトルが、


大好きな作家の小説タイトルと同じ。


これ以上ファン冥利に尽きることがあるだろうか?


モナリザ~は、ギブスンの歴史に残る名著「ニューロマンサー」と


世界観を同じくする所謂「スプロール3部作」の


トリを努める作品である。


ニューロマンサーは、まだインターネットなど存在しない1984年


(いや、正確にはその元となるネットワークは


存在したが、インターネットとして世に広まり始めるのは


1986年辺りで、日本国内に至っては、90年代中頃に


やっと一般的になった)


に、既に世界中を繋ぐネットワーク内を自在に飛び回る


「カウボーイ」と呼ばれるクラッカー達の闘いを描いた


革命的小説だった。マトリクスも攻殻も、ここから生まれたのだ。


今井は直接的にこの小説を意識したわけではないようだが、


以前から「Living on the Net」や


「My Fuckin' Valentine」でサイバーパンク的なモノを


描いていた事もあるし、読んだことはあるはずだ。


俺の中ではBUCK-TICKはビジュアル系ではなく、


ナンバー1の「サイバーパンクバンド」なんだよ!(笑)


(ちなみに2番目はサイバーニュウニュウ)


発売されたアルバムは、


サイバーよりパンク要素の方が強かったが、


「Mona-Lisa」は日本ロックの歴史に残る名曲である。


ところで、ニューロマンサーって、文章がメチャ読みずらい


事でも有名ですよね。俺も3回位挫折してやっと読み終えたなあ。


そろそろまた読み返してみようかな。


モナリザの主人公「クミコ」は後藤久美子がモデルらしい。


そういえばギブスンの新作「あいどる」は、日本のバーチャル


アイドルを中心に据えた話らしいけど、まだ読んでないなあ。


この邦題は何とかして欲しかったぜ・・・


(まあ原題もidolなんだけどさ)

「イリーガル・パウダー・ニードル ピュア・ケミカル
乱れる・ピルス・ウイルス 万物の霊長 気取る
高級なサル くわえる射精 マテリアル」
                          今井寿

« 宇多田ヒカル離婚 | トップページ | もう一度TENDERNESS »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/14126194

この記事へのトラックバック一覧です: 淑女暴走:

« 宇多田ヒカル離婚 | トップページ | もう一度TENDERNESS »