« 華麗なる一族 | トップページ | CRIME&PUNISHMENT »

バンドブームとBUCK-TICK5

前回から続いています。


80年代末に起こったバンドブームは、


1990年から92年辺りにピークを迎えました。


しかし、数え切れないほどデビューしたバンドも


次々と解散し、このブームを生き残ったのは、


極僅かなものでした。。


(XJAPANやLUNA SEAなどの、


「エクスタシー系」と呼ばれる一派は


なおも人気を集めていましたが・・・)


リスナーにも飽きられ、バンドキッズや所謂バンギャ、


一部のコアな層を残し、一般層はB’zに代表される


ビーイング系アーティストや、小室哲哉プロデュースの


ダンス系ミュージックに流れていきました。


95年の時点での、バンドブームの中心にいたバンドの


状態を調べてみると・・・


ユニコーン 解散ブルーハーツ 解散
UP-BEAT 解散
デランジェ 解散 ついでにBODYも速攻解散(涙)
SOFT BALLET 解散(活動休止)


・・・パッと思いついたバンドだけでも、ほぼ


全滅状態・・・


ブームの終焉は明らかでした。


そしてBUCK-TICKは・・


解散こそしませんでしたが、メンバーの、特に櫻井の


ストレスは最高潮に達していました。


前作DTDでは


あちこちに死を匂わせる歌詞があり、


また前年、カートコバーンの自殺等もあり、


ファンの中にも「櫻井は大丈夫なのか」


「自殺するんじゃないか」


という悲痛な憶測も飛びました。


そんな中で、全てに決着を付けるかのような


超大作が発表されました。


「SIX/NINE」です。


全16曲、70分を超えるこの作品は、


DTDをも越える重さ・暗さに、難解な歌詞。


楽曲的にも、ハードロックをベースに、


当時ブームであったグランジ・オルタナ


今井ならではのポップ・エレクトロニカ・


そしてノイズ。あらゆる事が試されていました。


BUCK-TICKのもてる全てがつぎ込まれた、まさに


「90年代最高のロックアルバム」それが


SIX/NINEです。


しかし、「唄」などキャッチーな曲もあったものの、


やはり全体としてはヘビイな曲調で、


ファンの評価は様々でした。DTDでかなりのファンが


他のバンド(特にルナシーに流れた人が多い印象)に


流れましたが、この作品で、BOOWY時代からのファンは


完全に離れたと言っても過言ではありません。


(それでもこのアルバムはオリコンチャートで

1位を獲得しましたが・・・)


前年に出たLUNA SEAの「MOTHER」と比べると、


どちらが一般ウケするかは火を見るよりも明らかですよね。


もちろん自分はLUNA SEAも評価していますし、


MOTHERは日本のロック史に残る名盤だと思っています。


SIX/NINEの内容ですが・・・


語るにはスペースが足りないです。


と言うか、簡単に括れるような作品ではないです。


次回からはSIX/NINEの曲解説に行きたいと思います。


バンドブームとBUCK-TICK編はここでひとまず終わります。


« 華麗なる一族 | トップページ | CRIME&PUNISHMENT »

BUCK-TICK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78811/14334209

この記事へのトラックバック一覧です: バンドブームとBUCK-TICK5:

« 華麗なる一族 | トップページ | CRIME&PUNISHMENT »